カテゴリー「救命病棟24時」の12件の投稿

2005/04/06

救命病棟24時のFic(二次創作)

 救命病棟24時のFic(二次創作)を書いてみました。小説とはいえない、とっても短いお話です。

 主人公は、もちろん大好きな日比谷先生(^^)

 題名は『空のむこうがわ』

 もしよろしかったら読んでやってくださいませm(_ _)m

続きを読む "救命病棟24時のFic(二次創作)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2005/03/27

救命病棟24時 第11話「命と希望が蘇る街へ!」

 いよいよシリーズ最終話。最初のテロップで、地震発生から63日ってなってましたが、あれって『43日』のまちがいなんじゃないでしょうか?前回が『42日』だったので、次の日だから『43日』。『63日』だったら食中毒治っちゃってるよ~(^_^;

 スタッフの3分の2が食中毒でダウンしてしまい、残った人々は22時間勤務するはめに。それが5日間以上続くというすごい状況。「研修医の頃は、3日間貫徹って時もあったしな」と日比谷先生。研修医時代の日比谷先生を想像しただけで楽しくなってくる(^^)かわいげのかけらもない研修医。Fic書きたくなってきました(笑)(何でも書くのかオマエはというつっこみはなしにしてください(^_^;)

 応援医療スタッフの派遣を頼まれた寺泉は、官僚の三上につめより催促しますが、『震災の経済的損失は、直接被害額は、官民合わせて65兆円。間接被害は、50兆円を超え、日本の国家予算の、1.5倍になる。国の政治中枢がやられて、日本を代表する企業の本社がほとんど機能停止に陥った。もはや地方都市に、東京を援助し続けるだけの体力はない。すでに、支援物資の30%は海外からだ。日本は、経済援助をする立場から、される立場に変わった。この国は今、存亡の危機にさらされている。たった20秒揺れただけで国が滅びるなんて、そんなバカな話がありますか』って言われます。

 東京が震災にあうとどうなるのかってことを数字で示されて、愕然としました。『たった20秒揺れただけで国が滅びる』っていうのは、インパクトあります。

 議員の『根回し』とか『俺の顔を立てろ』が復興の邪魔をしていると言っていた三上。寺泉は官邸での会議で救命センターの窮状を訴えますが、無視されます。キレちゃった寺泉は、政治家の体質を批判するのですが、これも見事に無視されてしまいます。自分の議員生命を省みずに言いたいことを言った寺泉、自分の気持ちを代弁してくれた寺泉に、三上は感動したみたいで、これがスタッフ派遣(人数が増えてた)につながったんでしょう。

 みんながボロボロになってるなか、進藤が震災直後と復興後の写真を神戸からとりよせ、そのおかげでみんなが元気を取り戻します。

 私はひねくれもののせいか、どうも進藤先生のパーフェクトさにはついていけません(^_^;パニックになっておたおたしたり、泣いたり、八つ当たりしたりしてる黒木医局長の方がずっとらしくて好きです。ゴッドハンドってのは、人格も神様みたいになっちゃうんでしょうか。弟子の楓もなんだか違和感あるなあ。子どもの生命力を信じてるってのに文句はつけませんが、あまりに優等生過ぎるような(^_^;。あと、彼女が婚約者を失ったことって、後半のストーリーには、あまりいかされてなかった気がします。

 寺泉のことも、もっと描いてほしかったな~。

 2年後の話になったので、もしやと思っていたら、和也が研修医に。日比谷先生はあいかわらずナイスです(^^)

 『希望』をキーワードにした最終回らしい最終回。

 いろんなことに気付かせてくれたドラマでしたが、『大規模災害時の救急医療』は描ききれなかったんじゃないかなあ。途中から、『震災という特殊状況における医療ドラマ』になってた気が。もちろん、それでいいんでしょうけれど。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

2005/03/21

救命病棟24時 第10話「命の終わりを看取るとき」

 九州地方の地震、お見舞い申し上げますm(_ _)m


 今回は前回の続き。河野兄はあいかわらず虚脱状態でしたが、近所の老人に、父親が助教授のイスを蹴って町医者になった。というのを聞かされて、ふっきれます。みんながすごくて自分がかなわないのはあたりまえ。俺、研修医ですもんって。この立ち直り方は意外だったけど、とってもさわやか(^^)でも、あのおじいちゃん上半身裸で寒そうだった(笑)勝手にひとりで盛り上がってる河野兄のこと、『やっぱりまだまだだね~、早く先生帰って来ないかな』って思ってそうでした。

 「えらそうなこと言ってみろよ」兄貴に対する心情を吐露した和也、よかったです(^^)

 城丸父子のストーリーで、好きだったのは、克男が子どもたちにやさしかったとこ。被災者に安い値段で商品を売るために、仕入れに走り回っていたところ。そして克典が克男が亡くなったとき、ありがとう親父って言ったあとで、ありがとうございましたって頭を深々とさげたところ。最初のは純粋にお父さんに、次のは、『城丸商店の社長』に対してのありがとうだったんでしょうね。

 寺泉が克男の死を子どもたちに見せたくないって言ってましたけど、人が亡くなるところは、もうすでにいっぱい見ちゃってる気が(^_^;

 え~とあいかわらずかっこよすぎる進藤先生はおいておいて(笑)

 ボランティアが帰っちゃいました(^_^;よく考えてみれば(考えてみなくても)そうですよね。ボランティアだもん。

 やっぱり好き嫌い多い日比谷先生(笑)わがままでとっても大好き(^^)

 あの~、1週間前に賞味期限切れてるおにぎりって、ひと口食べたらわかる気がするけど(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/03/13

救命病棟24時 第9話「あなたが涙をぬぐうとき」

 震災発生から40日。今回のテーマは『救う側の心のケアについて』ということでしょうか。

 消防士と研修医の河野。ふたりとも救えなかった人たちへの罪悪感で、心がこわれそうになっています。病院関係者では医師、看護師の中で河野だけなんですが、なぜでしょう。新人は河野だけだからかな。腕が未熟だから助けられなかったって自分を責めるレベルにいたのは、河野だけだったからかもしれないなあ。何がきっかけで立ち直るのか、楽しみです。

 前回一番似合わないのにお花をもらっちゃった日比谷先生。処置室で『進藤先生ごっこ』をしている和也に、とってもcuteな笑顔をみせてました(^^)和也をけっこうかわいがってる日比谷先生。昔の自分に似てるところがあるのかも。河野兄のこともさりげなく気づかってて、帰宅するのに和也を付き添わせてる。でもだめだよ日比谷先生、いい人になっちゃ。カレーも嫌いなのか。好き嫌い多いなあ。

 今回はやっぱりなんといっても寺泉先生の記者会見でしょう。思わず泣きそうになりました。でも、この会見を決心させたのは、進藤先生の言葉だったりするわけで、ど~しても進藤先生をすごい人にしたいんだな(^_^;いや、別にいいんだけど。

 でもちっちやい声で言うと、このシーン、第3話で救助のヘリコプターが来たときと似てる気がする。あそこまでやられたら、感動するしかないでしょうって。私的には、佐倉のコマネチの方が好きだな。でも、あのシーン見て思ったけど、大泉洋って演技うまいですよね。

 さあ、あと2回。どういうふうに終わるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/03/08

救命病棟24時 第8話「神の手はあきらめない!」

 今回のお話、感動エピなんでしょうが、私は……でした。

 医療物で『神の手』とかでてくると、嫌になっちゃうんです。だってリアルじゃないんだもの。ドラマだからリアルじゃなくてもいいんだろうけど(^_^;でも、せっかく震災時の医療ってテーマでいろいろ描いてるのに、『神の手』出現で、なんか違ってしまった感じがします。

 震災後25日の医療スタッフの怠慢とか無気力とかそういうものを描くのなら、何も『神の手』を使わなくてもいいんじゃないのかな。神の手はあきらめずに奇跡を起こしました。そしてみんなは深く反省しました。めでたしめでたしってちょっとなあ(^_^;

 それに神の手っていったって、最初のおばあちゃん。搬入されたらバイタルサインチェックでしょう(『ER』ではおなじみのシーン)。体温28度だったら、低体温症に普通気付くよね。それに素人考えだけど、さわったら冷たいってのでもわかりそうだけど。それとも28度って聞いても、低体温症って気付かないほど、ヤブなのか?日比谷先生。

 それにあのおばあちゃんは、気分が悪くなったとか、何かの発作で倒れて、そのまま誰も気付かなかったから低体温症になったみたいで、冬とはいえ、東京だから、体温28度まで下がってたってことは、相当長時間倒れてたってことですよね。そしたら蘇生なんてできっこないような気が。もし蘇生しても、お年寄りだし、脳に長時間酸素が供給されなかったんだから、重い障害が残ると思う。あんなに目を開けてはっきり物を言ったり、1週間で退院できないんじゃないかな。あと、倒れる原因になった病気はいつの間になおっちゃったんだよ~。肺炎っていってたあれ?それもこれもみんな進藤先生の『神の手』のおかげなのかな。

 あともうひとつの腹部大動脈瘤の破裂。投薬って、看護師さんだけでできるの?お医者さんの指示がないとダメなんじゃないのかな(『ER』では、いつもドクターが指示を出してる)。それを自分たちだけで投薬したのなら、法律違反?普通そういうことするかなあ。それと素朴な疑問なんですが、4時間の間、血圧って測らないの?血圧とか測ったら、なんかわかりそうな気がするけど。

 『ER』には『神の手』を持ってる人はいないです。マークだって7-1で心膜穿刺に失敗してもうちょっとで患者を死なせちゃうところだったし、他のドクターだってそう。ロマノも腕のいい外科医だけど、万能じゃない。でも、だからこそ感動できるってところがあると思う。

 進藤先生は立派すぎる。ご飯も食べなさそうだし、トイレも行かなさそう。ヒーローだけど、リアルじゃない。『神の手』が登場しちゃうと、努力とか挫折とか、いざこざとか、小さな喜びとか、しょうもないけれどいとおしいものが、全部消し飛んじゃう気がします。水戸黄門の印籠みたい。問答無用でみんながひれ伏す。

 あ~あ~、こういうふうに見ちゃう私って、やっぱり目が曲がってるんだ(^_^;え?心も曲がってるぞって?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/02/27

救命病棟24時 第7話「朝はまた来る!」

 わあお!せっかく最後まで書いてたのに、ミスって消しちゃいました。すげ~ショックだ(T_T)

 気を取り直して

 日比谷先生ファンとしては、今回はたくさん登場してうれしかったです(^^)

 日比谷先生ママとふたり暮しなんだ。なんて呼ばれてるのかな。ひょっとして『まあちゃん』?(爆)

 佐倉さんってば、師長にこき使われてる間に、おうちが燃えちゃってたんだね~(^_^;

 進藤と楓との電話(進藤が奥さんを亡くしたことを初めて知ったみたいです)や佐倉に影響されたのか、おそば屋さんをなぐさめようとした日比谷ですが、お母さんへの愛があふれてましたね。日比谷的には、なぐさめるというか、同じ被災者として話した。またはひょっとすると話を聞いてほしかったのかもしれません。
 「話して何になるんだ」ってつぶやいて去っていったのが、らしくてとてもよかったです。でも気持はしっかり届いてたみたいで、ラストの「お袋さん連れて来い。うまいそば食わしてやる」って言葉は、胸に響きました。

 和也をかばって「弟を責めるな」って言ったり。でもファンとしては、いい人にならないで、ゴーマンなままでいてほしい(笑)

 楓が立ち直ったきっかけが、裕樹の「僕の妻は救急医です」っていう言葉だったのは予想通りでしたが、寺泉の言葉もきっかけになったのは意外でした。前回転機を迎えた寺泉が、内閣に入ってどういう行動をとるのか楽しみです。

 震災発生から8日目ということで、初期医療は終了、長丁場へ突入ってとこでしょうか。今回のテーマは『患者の心のケア』と『ボランティアの自己責任』かな?

 子どもが「小嶋先生はいつ帰ってくるの?」って聞いたとき、進藤が気休めではなく、「帰ってこなければ、君が会いに行けばいい。早く元気になろうな」って言ったのは、いいせりふだなって思いました。


 NHKの『ER 緊急救命室』は8-19『緊急事態』。サードウォッチとのクロスオーバーエピ。前に見たときはサードウォッチを見てなかったのですが、今回はちゃんと楽しめました。

 今日は「なんでもするぞ」「祈って」のロマノとエリザベスのとってもいいシーンがあったのですが、見ていて以前Ficのネタ考えてたのを思い出しました。当時はFicをまだ書いてなかったので、脳内小説だったんですが。すごく書きたくなってきたので、もしかしたら書くかもです。

 次回はいよいよ『手紙』(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/02/20

救命病棟24時 第6話「愛する人を失うという事」

 裕樹がとうとう亡くなってしまいました。予想してたことではあるけれど、実際に亡くなると……。それもPCPSが使えなくってていうのがなんとも(^_^;使えさえすれば、進藤と日比谷で助けたんだろうけど。PCPSの修理業者の作業を無念そうに見ている黒木の表情が、とても印象深かったです。

 悔やむ黒木にかけられた「自分たちの無力を認めて、死を受け入れるしかないときもあると思います」この進藤の言葉は重い。楓の場合はプラス『愛する人の死』ということなので、難しいだろうな。

 気丈にふるまう楓だけど、初歩的なミスをおかし、自分で自分の状態を悟ったみたいです。救急車の中でそっと指輪をはめる楓。悲しいけれどいいシーンでした。岡山までの長い時間を裕樹と過ごしながら、ゆっくりと彼の死を現実のものとして受け入れていくのでしょうか。

 来週は岡山編になるみたいですが、もしかして裕樹の故郷は島なのかな?楓が裕樹の故郷で医者をやるという展開もあるかもですね。

 裕樹の死で転機を迎えた人がもうひとり。寺泉が今後どう変わっていくのか、興味あるなあ。

 日比谷のせりふ「何で?こんなのが医者になったって、いいじゃないか。上ができがいいからって、卑屈になるな、弟」この人に言われると、値千金って気がする。嫌われキャラって得ねえ(笑)あ、私は日比谷好きですよ(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/02/15

救命病棟24時 第5話「初めて分かった父の思い」

 1週間遅れの視聴です(^_^;今回は地震から6日目という設定。いろいろな問題はあるけれど、ちょっとほっとしたのんびりムード。

 タイトルどおり(ほんとまんまのサブタイトル(^_^;)ふた組の父と子のドラマが描かれます。

 河野兄弟は弟の方に軍配が上がったかな。最近おに~ちゃんは男を下げてばっかりのような気がします。でもどっちかというと磯辺親子の方が感動が大きかった。直接会話を交わすんじゃなくって、伝言ダイヤルを望が聞くシーンがすごくよかったです。

 裕樹は危機を脱して楓と会話ができるように。シアトルについていく、ずっと側にいると話す楓に、彼女の仕事振りを初めて見た裕樹は、救命医をやめてくれと言ったことをあやまります。一番いい方法を考えようと……。

 ラストで裕樹が急変。PCPS(経皮的人工心肺装置)がまだ使えないから、手の施しようがない気がするけど、どうするんだろう。そのまま亡くなっちゃうのかな(T_T)

 感動エピソードでしたが、『大規模災害時における緊急医療』からは、少しはずれてるような気がします。最初の3話はインパクトがすごく強かったのに……。やっぱりこういうテーマって、ひっぱる(展開させる)のが難しいのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/02/05

救命病棟24時 第4話「あなたを探しにいきたい」

 え~と、進藤の「小島は、ちゃんとやってるじゃないか!」ってシーン。ここは一番の感動シーンなんだけど……。な~んか、進藤と楓の師弟コンビがあんまりいい子ちゃんなんで、ちょっと(^_^;ふたりだけ浮いてるっていうか違和感ある。あと、「小島は、ちゃんとやってるじゃないか!」から一気にスタッフの不協和音が解消されてくの、なんかわざとらしい気がして、感情移入できませんでした。

 災害現場と、初期医療の修羅場では、進藤の冷静さが頼もしかったけど、今回病院内のシーンばっかりだったからかな。なんかあまりに立派過ぎて、うそだよ、こんなやついないよとか思っちゃう。

 寺泉はなんかコメディ担当になったみたいで、これも変だ。もっとぎらぎら悪者でいてほしいんだけど、ただのおまぬけさんになっちゃってるよ(^_^;初回の切れ者冷徹寺泉はどうしたんだろ。

 黒木医長好きだなあ(^^)それをちゃんと見てる和也もよかった。おに~ちゃんよりよい医者になるかも。あと、日比谷もおもしろいキャラ。

 裕樹はやっぱり楓が救ったんだ。これからふたりはどうなっていくのかな?

 松嶋菜々子のキャラのせいか、医療シーンがとっても優雅。進藤も落ち着いてるし、あんまり緊迫感がない気がします。スタッフがパニクってるときもあんまりそれっぽくなかったし。やっぱりERは偉大なのかな……。

 自分的には、ちょっとトーンダウンしちゃったかもです(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/01/29

救命病棟24時 第3話「ヘリが運んだ夫婦の愛!」

 今回の最大の感動シーンは、ヘリコプターがやってくる場面でしょう。バラバラという音にみんながはっとなる。屋上へあがると青空をバックにりりしいヘリの姿がば~ん!さっそうとおりてくる寺泉。かけよる子ども。「国会議員の娘でなくてもお前と結婚した!」ヘリは患者を乗せて、ぐうっと大空へ。
 ああ、ローターにだけは気をつけて、特に後ろのに。と思いながら見てしまいました(T_T)
 あまりにも絵に書いたようなシーンで、あそこまでやられちゃうと、もう感動するしかしょうがないです。

 次の感動シーンは、楓がパニクってるところへ進藤登場!やった!やっと会えた!よかった!自分がほっとしてどうする。あっという間に師弟コンビに戻ってます。ちょっと意外だったのが、楓がシアトルに行く決心をしたこと。どんなに裕樹が大切かわかったとか言ってたな。来週はどうやら裕樹と楓の再会。裕樹は楓を心配して、重傷を負ってるのに病院を抜け出す。もしかしたら行き倒れて病院に担ぎ込まれた彼を、楓が助けるのかも。裕樹は楓の働きぶりを見て、救急医を続けるべきだと悟るとか……。違うかな?

 河野院長は地域の人のために救護所へ。かっこいい~。

 黒木医局長の助けられる人を助けるっていう姿勢に、研修医の河野は猛反発。
 黒木が娘と携帯で泣きながら話すシーン。すごくよかったな。「パパは平気だよ。大変なことなんて全然ないよ。まだ帰れないんだ。ごめんな、なつみ。そうだよ、パパはお医者さんだから」
 まだまだ青いな河野くん。患者を助けられないつらさはベテランの方が強いと思うよ。身も心もぎりぎり極限状態なのに、医局長ってことで踏ん張ってる黒木が思わず見せた涙には感動。自分的には、今回一番の感動シーンはこれだな。

 来週は、身勝手スタッフに非難ごうごうとか、元看護師の保健の先生とか、またまた政治家に戻っちゃった寺泉とかちょっと新しい展開かな。最初の混乱が収まって、長期戦スタートってところでしょうか。でも、これからどういうふううに展開させるんだろう。最初がすごいインパクトだから、なんだかむずかしそう。

 第1話と第2話、タイトルがかっこよかったのに、「ヘリが運んだ夫婦の愛!」ってなんだかちょっと(^_^;

 先週から見ていて思ったんですが、Satinsky鉗子とか、ペンローズドレーンとか、日本でも言い方は同じなんですね(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|