« コード・ブルー 2nd season 第7話「あやまち」 | トップページ | コード・ブルー 2nd season 第8話「理由」 »

2010/03/04

「龍馬伝」第9話

 兄上の馬鹿っ!
 ネタバレしてますm(__)m

 2年と4ヶ月ぶり(指折り数えて待ってたのがありあり)の再会に、うれし恥ずかし、わけわかんなくなってる佐那であります。

 ようやく「えらいことになっちゅ~」のに気付いた龍馬ですが、ほんと遅すぎ~(^_^;)

 これからどうすんだ?

 一方、他藩の攘夷派との会合で、上士・下士の身分差別に阻まれている土佐の攘夷運動の遅れに焦りを覚える半平太。

 この焦りが元となって、琢磨に切腹を命じたものと思われ。

 龍馬の説得で佐州屋が訴えを取り下げたと聞いて、半平太は内心ほっとした。切腹を取り消そうと思ったのに、収二郎はじめ弟子たちの言葉で、それはかなわなくなった。

 幼なじみの半平太には、龍馬がどういう行動を取るかわかっていたはず。琢磨が逃げることを、半平太は願っていたのではと思います。

 琢磨逃亡の責めは、土佐への帰郷。その事実を龍馬には知らせなかった半平太。自分が逃亡を見逃したとの自覚があるからでしょう。

 一輪の花を斬り捨て、歩むは修羅の道……。

 獄中の弥太郎は、天啓にうたれたか?

|
|

« コード・ブルー 2nd season 第7話「あやまち」 | トップページ | コード・ブルー 2nd season 第8話「理由」 »

コメント

こんにちは
琢磨の逃亡についての半平太の思いについての史里さんの考えはなかなかいいですね。
私は観ていてぜんぜん気がつきませんでした (^^;)
しかしそれにしても毎回いい話ですよね。
あと権平兄さんいい味でてますしね。

投稿: すごいもやし | 2010/03/04 22:14

ふみさとさん、こんにちは。

坂本龍馬は私にとって、関心はあるけどあとひとつ好きになれないキャラクターです。多分、「良い人」神話が嘘くさいと感じているのだと思います。

でも、今回の琢磨のエピソードは、事実であればとても感動的です。龍馬の人の命を大切にする心が本物だということですものね。

投稿: KAY | 2010/03/06 11:39

私は昔高知に短期間ですが住んでいたので、高知弁が懐かしいです。みなさん結構上手なんですよね。久々見ている連続ドラマです。またふみさと様の感想を読んでからフィードバックする楽しみができて、楽しさ倍増です♪

投稿: 記者A | 2010/03/06 12:02

 皆様、レスが大変遅くなり、申し訳ございませんm(__)m
 確定申告に少々手を取られておりましたm(__)m

>すごいもやしさま
 
>琢磨の逃亡についての半平太の思いについての史里さんの考えはなかなかいいですね。

 どうもありがとうございますm(__)mくせで、いつもつい色々考えてしまいます(^^)

 ほんといい話が続きますね! 権平さんには私、ひそかにエールを送っています(^^)


>KAYさま

 琢磨は、半平太の妻のいとこであると同時に、龍馬にとってもいとこになるそうです。どうやら、龍馬と共に半平太も琢磨の逃亡に手を貸したようです。

 私も、龍馬が命を助けた琢磨が、波乱の生涯を送りながらも天寿を全うしたことにとても心を打たれました(^^)

>Aさま

 高知に住んでいらしたのですか! 
 高知は隣県ですが、私は1度しか行ったことがなくて(^_^;)高知弁って面白いなあと思いながら見ています。「ありがとう」を「おおきに」って言っていましたが、愛媛が舞台の『坂の上の雲』は「だんだん」と言っていたので、興味深かったです。

>またふみさと様の感想を読んでからフィードバックする楽しみができて、楽しさ倍増です♪
 
 どうもありがとうございますm(__)m拙い感想ですが、どうぞこれからも読んでやってくださいませm(__)m

投稿: ふみさと | 2010/03/12 04:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/47723173

この記事へのトラックバック一覧です: 「龍馬伝」第9話:

« コード・ブルー 2nd season 第7話「あやまち」 | トップページ | コード・ブルー 2nd season 第8話「理由」 »