« コード・ブルー 2nd season 第9話「心の傷」 | トップページ | コード・ブルー 2nd season 第10話「岐路」 »

2010/03/21

「龍馬伝」第11話

 「おんし、何かを捨てたろ?」
 ネタバレしてますm(__)m

 『桜田門外の変』の扱いが小さいのも『龍馬伝』だから? ということは、『安政の大獄』はもう終わってしまっているわけで。
 龍馬が一瞬で「ついて行きます!」と叫んでしまった吉田松陰は、もうあれっきりなんですね……(T_T)

 弥太郎が「いつの間に」と驚くほど、急に『太か男』になった龍馬です。

 どうも、加尾を失ったせいらしい(^_^;)

 それと、先週あたりからちょっとそんな気がしていたんですが、どうやら『龍馬伝』では、半平太を下げることによって、相対的に龍馬を上げるという方針のようで(^_^;)

 今回だって結局、半平太が下士たちをあおってしまったため刃傷沙汰が起こり、上士対下士の大きな争いになりそうになったのを、龍馬が捨て身で乗り込んで阻止。だけど半平太は事件の当事者である下士を救えず。一方龍馬は東洋に認められ……。
 な~んか半平太という人物が、故意におとしめられているような気がしてなりません。ほんとはもっと立派な人だっただろうに、すっかり龍馬の引き立て役(^_^;)

 龍馬はなんでもかんでも立派でしたっていうために、他の人を犠牲にするのは、あんま好きじゃないなあ。

 あんなに皆と考えが違っていて、どうやって龍馬は土佐勤皇党に入るんだろうと思っていたので、「あちゃ~、こうきたか~」って感じでした。

 良くも悪くも、龍馬が主役だからね~(^_^;)

|
|

« コード・ブルー 2nd season 第9話「心の傷」 | トップページ | コード・ブルー 2nd season 第10話「岐路」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/47868697

この記事へのトラックバック一覧です: 「龍馬伝」第11話:

« コード・ブルー 2nd season 第9話「心の傷」 | トップページ | コード・ブルー 2nd season 第10話「岐路」 »