« 「龍馬伝」第9話 | トップページ | 「龍馬伝」第10話 »

2010/03/08

コード・ブルー 2nd season 第8話「理由」

 「何のために医者をやるのか。世の中に医者を必要とされている充足感。人を救うという使命感。いや、本当の理由は、大切な人の笑顔の為だったり、患者からの「ありがとう」の言葉だったり。たったそれだけの事で、医者は全てを犠牲にして頑張れたりする。でも、それすらも信じられなくなった者はどうすれば良いのだろう……」

 「あなたは、本当に頭を下げなくてはいけないようなことをしたのですか?カルテには医療的な処置は書いてあっても、患者や患者の家族との心のやり取りは書いてない。それが最も大切なことなのに。医者が謝るべき時はただひとつ。患者の為にならない事をした時だけです」
 田所部長のこのせりふは、とてもかっこよかった(^^)

 緋山が同意書を取らなかった理由。サインをするということは、母親自らが、最愛の子どもの死に手をくだすことになってしまうから。非常に緋山らしい考えであります。

 白石と父親のやりとりもせつない。「1日でも長く生きて」

 「こんな俺でも、ゴールを決めたら皆が喜んでくれるんだ」サッカー部所属の高校生の言葉を聞いて、藍沢は気付いた。ば~ちゃんが喜んでくれてうれしかったってことに。それが「これからは、俺にも半分背負わせてくれ、その荷物。もう持てるよ」につながったのでしょう。

 へりのパイロット梶の結婚にも、悲しくもあたたかくて優しい秘話があったのだなあと。

 「君を守れなくて後悔してる」と三井に言った橘。患者がこわくなってしまった緋山。田所部長の容体……。

 ラストに向けてますます目が離せません。

|
|

« 「龍馬伝」第9話 | トップページ | 「龍馬伝」第10話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/47757276

この記事へのトラックバック一覧です: コード・ブルー 2nd season 第8話「理由」:

« 「龍馬伝」第9話 | トップページ | 「龍馬伝」第10話 »