« 主水死す | トップページ | コード・ブルー 2nd season 第7話「あやまち」 »

2010/02/26

「龍馬伝」第8話

 弥太郎の涙!

 龍馬と弥太郎の心が通い合う(というか、弥太郎が龍馬に深く心を動かされた)、感動のストーリー。

 やっと弥太郎が斜に構えないで、きちんとストレートに龍馬の気持ちを受け取った。すると、思いがけなくそれは心の思いっきり奥深くまでぐいぐいと入り込んできて、ゆさゆさと揺さぶられた弥太郎の感動が涙になっちゃったというところでしょうか。

 いや~、いい話でした(^^)

 がんばれ、新米家長権平さん(笑)強いのは、乙女姉さんだけではなかったことが判明。

 あと、吉田東洋。「天才だからじゃ」に、一瞬危ない人かと思ってしまった(笑)東洋ほどの人でも下士に対する差別を愚かだとも何とも思っていなかったんだから、土佐というか、あの時代の身分制度は筋金入りだったのだなあと。このあたり(プラス半平太とのいきさつ)が、後の暗殺事件の遠因になるのかな。

 あと、「迎えに来る」と加尾に言った龍馬には、あちゃ~でございました(^_^;)

 やっぱり佐那との指切りは、『単なる約束』に過ぎなかったのね。

 この調子だと、佐那に、「土佐に許婚を残して来とりますきに」とか言いそうだ。

 知らんぞ、斬られても(^_^;)

 にぶちんはほんと困る(笑)

|
|

« 主水死す | トップページ | コード・ブルー 2nd season 第7話「あやまち」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/47665136

この記事へのトラックバック一覧です: 「龍馬伝」第8話:

« 主水死す | トップページ | コード・ブルー 2nd season 第7話「あやまち」 »