« 「龍馬伝」第2話 | トップページ | 訃報 柴野拓美先生 »

2010/01/13

コード・ブルー 2nd season 第1話「聖夜の奇跡」

 1st seasonからはまっているので、続編がスタートしてとてもうれしい(^^)
 ネタバレしてますm(__)m

 月9ときましたか! 初回の視聴率もなかなかよかったそうで、なにより(^^)

 1st seasonから1年3ヶ月後、フェロー終了まであと3ヶ月という設定。

 4人のフライト・ドクター候補生たちはかなり成長していました。一番手技がへたっぴだった藤川でさえ、頼もしく見える。フライト回数も藍沢や白石と並んでるし。

 無我夢中で必死だった前シーズンでは、己の未熟さにうちひしがれたり、涙することの多かった彼ら。今シーズンは、救命の(というか医学の)限界に、ぼう然と立ち尽くすことになるのかな? あきらめることや割り切ることを学べって橘が言ってたけど、そのあたりはどうなるんだろう。

 キャラ別に……

 藍沢:前より人間っぽくなってる(笑)「救命に奇跡は起こらないけど、奇跡を願わない医者はいない」なんてせりふを、彼の口から聞くとは思わなかった。
 おばあちゃんがらみでいろいろありそう。あと、謎の男(リリー・フランキー)は、ひょっとして藍沢の父親? だとしたら父子の相剋とか描かれるのかも。

 白石:頭でっかち(知識が技術より先行)がなおってる。こうなると鬼に金棒状態だけれど、黒田の外科医生命を奪ってしまったトラウマに苦しんだりとかがあるかも。

 緋山:心破裂の後遺症(不整脈っぽい)で何かありそう。怪我のせいで他のフェローより2ヶ月遅れたことに焦りがある模様(だから不整脈の検査とか治療に踏み切れないんだろうな。また遅れるから。病気の程度によっては、フライト・ドクターになれないケースもあるだろうし)。

 藤川:手技の向上に伴い、でかい態度とビッグマウスが加速中。彼は元々小心者なので、虚勢を張って自分を鼓舞してるってのもある気がする。何かどど~んとつまづきそうな、嫌な予感が……。冴島関係ではすでにコケている(笑)

 冴島:ソフトになってる。フェローたちと仲間意識が芽生えてるっぽい。恋人関連でなにかありそう(彼が死んじゃったりしたらやだな(^_^;))

 橘:黒田(フェローたちが、見事に黒田チルドレンになっていたのには、おお~)とはまったく異なるキャラクター。ちゃらちゃらしてるけど、それは仮の姿か? フェローたちと接することにより、彼自身もまた変わっていくのかも。三井の元夫のようだけど、そのあたりも興味深い。

 いろいろ楽しみです(^^)

|
|

« 「龍馬伝」第2話 | トップページ | 訃報 柴野拓美先生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/47280052

この記事へのトラックバック一覧です: コード・ブルー 2nd season 第1話「聖夜の奇跡」:

« 「龍馬伝」第2話 | トップページ | 訃報 柴野拓美先生 »