« 救命病棟24時Ⅳ 第5話:こころを救う救命医 | トップページ | 救命病棟24時Ⅳ 第7話(最終回) »

2009/09/20

救命病棟24時Ⅳ 第6話:狙われた救命センター

 今回はサスペンス劇場!

 この第4シリーズ、なんだか違和感があるなあとずっと思っていたのですが、やっとわかりました。

 どうやら緊迫感に欠けていた模様。

 サスペンス劇場っぽい第6話の展開を見ていて、あ~これが普通だよねえと……。

 前回のシリーズは、災害時〈大地震)の救急医療がテーマで緊迫感ありまくり。また、私の大好きなER(ロマノLOVEなので最近は見てないけど(^_^;))は、ジェットコースター的な展開がデフォだし。去年の夏はまったコードブルーも、そのあたりなかなかがんばってましたが。

 今回は医療崩壊がテーマということで、カラーを変えたのかな? な~んかヒューマニズムとか感動とかを前面に押し出しすぎて、『今そこにある危機』度が薄れてる気がする。

 あと、澤井先生ファンとしては、進藤に「精神論はやめてください」だなんて、ありきたりなせりふは言ってほしくない。子どものけんかみたいだ(^_^;)
 
 国会議員の救命シーンも、澤井が心臓マッサージを野口にやらせて、自分が手技を代わればいいのでは? あせってた澤井は、らしくなかったです。

 来週が最終回ということで、澤井がやろうとしていることも判明しました。

 澤井も進藤も、患者のことを一番に考えているんだけれど、手法がまったく違う。

 ひとりの医者として目の前の患者を助けていく進藤と、国を動かして日本の救命医療のしくみの根本を変えていこうとする澤井。

 よくある構図っちゃあ構図ですが。次回でどう料理されるのか、とても楽しみです。

 個人的には、澤井がどのあたりまで歩み寄るのかが興味津々(^^)

|
|

« 救命病棟24時Ⅳ 第5話:こころを救う救命医 | トップページ | 救命病棟24時Ⅳ 第7話(最終回) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/46257016

この記事へのトラックバック一覧です: 救命病棟24時Ⅳ 第6話:狙われた救命センター:

« 救命病棟24時Ⅳ 第5話:こころを救う救命医 | トップページ | 救命病棟24時Ⅳ 第7話(最終回) »