« 地震お見舞い | トップページ | Viva La Vida  Coldplay »

2008/06/19

少女には向かない職業 桜庭一樹

少女には向かない職業 (創元推理文庫 M さ 5-1)
少女には向かない職業 (創元推理文庫 M さ 5-1)桜庭 一樹

東京創元社 2007-12
売り上げランキング : 12095

おすすめ平均 star
star傑作!
starサクリファイスとしての少女
star少女の魂は殺人には向かない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 桜庭作品を読むのは、これが初めてです。  ネタバレしてます。

 『中学二年生の一年間で、あたし、大西葵十三歳は、人をふたり殺した。
 夏休みにひとり、それと、冬休みにもうひとり』

 という書き出しで始まるこのお話。一気に読み上げましたが、とても痛かった……心が。

 昔、何年間か少女だったことがあるおかげで、葵や静香の気持ちは細かいところコミで一応わかる。それプラス、ほんとに思いがけない場面で自分の古傷を爪ですうっとなぞられたり、かりっと引っかかれたり。いたたた……。

 『不幸をウリにするなんて下品だ。不幸は口に出したら自分の魂を汚してしまう気がする』

 これが最初のほうに書かれていたおかげで、葵を嫌いにならずにすんだし、彼女の行動についていくことができた気がします。

 学校帰りにかまった犬が車に轢かれて死んでて、父親に埋めてもらった友だちが、葵が犬の死体を見たのに何もしなかったし悲しんでないってなじるのを、つい眉ひそめちゃったり。はい、そこのあなた。『かわいそうな犬のために悲しんでるあたし』にうっとりしてませんか? とか。
 犬の死より、ゲームカードを酔っ払い親父につぶされてデータが消え、ドラゴンが死んじゃったほうがずっとずっとショックだった葵に、らしいよなあとつぶやいてみたり。
 な~んか肩持っちゃうんだよね、葵の。

 静香だって、(頭が)切れてそうで全然切れてないし。あの変てこな殺人計画は、いったいなんなんだ。
 自分が共感を覚えた『原始人の悲しみ』を読んでこっそり泣いてた葵が、特別な子になったって……ああ、魂の双子ってやつかー。やれやれ。タメイキ。
 とどめに
 「あたしの友だちは、葵は、本物の殺人者なんだよ。すごいでしょ」
 だなんて、自分をまさに殺そうとしてる大人に自慢しないでくれ。

 でもって、友だちの期待に応えなきゃって、バトルアックスを他人(ひと)の頭に振り下ろすんじゃない。

 泣きそうになるだろ。

 ふたりが愛しくてたまらない。これはまさに、もはや少女ではないという確かな証でしょう。

 さてさて、この物語をリアル少女のときに読むことができなかった私は、はたして不幸なのかそれとも……。

|
|

« 地震お見舞い | トップページ | Viva La Vida  Coldplay »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/41575967

この記事へのトラックバック一覧です: 少女には向かない職業 桜庭一樹:

« 地震お見舞い | トップページ | Viva La Vida  Coldplay »