« NHK木曜時代劇 | トップページ | 補陀落幻影 »

2008/02/25

篤姫 第8話「お姫様教育」

 菊本の遺書に、思い切り不意打ちをくらいました。

 ずるいよNHK~うるうる(T_T)

 投げやりな於一というのを初めて見ました。似合いませんね~。

 菊本の遺書で心を決めて復活した於一に、口あんぐりの広川って図はおもしろかったです(^^)

 みんなすっかり於一のペースに巻き込まれ、でもなぜかそれに嬉々として従っているのがなんとも(笑)

 さすがは母上(^^)父上は寂しがるばっかり~(笑)

 尚五郎も大久保も西郷も『しけた面』ってやつで、どうも男性陣は不甲斐ないというか前向きじゃないというか(^_^;)

 幾島との対面に、辺りが暗くなって雷が鳴ったのには爆笑。これはちょっとやりすぎでしょう(^^)

|
|

« NHK木曜時代劇 | トップページ | 補陀落幻影 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/40390386

この記事へのトラックバック一覧です: 篤姫 第8話「お姫様教育」:

« NHK木曜時代劇 | トップページ | 補陀落幻影 »