« ERのFic(二次創作)UPしました | トップページ | 風林火山 第1話「隻眼の男」 »

2007/01/01

新年のごあいさつ

 あけましておめでとうございますm(__)m

 昨年はいろいろお世話になり、ありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

 よい年でありますように(^^)

 今年は、がんばって書きます!

|
|

« ERのFic(二次創作)UPしました | トップページ | 風林火山 第1話「隻眼の男」 »

コメント

明けましておめでとうございます。
実家で「暴れん坊将軍SP」を見ながら年越し、
年明けて「夜桜お染」を愉しんでいます。

今年は一層のご活躍、期待してま~す(^^)/

投稿: KAY | 2007/01/02 21:49

あけましておめでとうございます。
昨日のテレビ東京、「瑤泉院の陰謀」を見てからレスしようと思っていました。
思ったよりもよかったです。
稲森は、「義経」の常盤午前がよかったので、時代劇のいい作品にめぐり合えたらと思っていましたが、今回は贅沢な配役のせいもあって、引き立っていました。
ちょっと行動的過ぎるので、耐える、しのぶの部分、もう少し出してほしかったかな。
倉田てつをがすごいよかったです。台詞回しがほとんどないので、演技はよくわかりませんが、立ち回りは1級ですね。
林大学頭で、栗塚旭が出ていました。荻生徂徠の五木ひろしは品もないし、組むには役不足もいいところ。この部分だけ、興ざめでしたが、まあまあ、楽しめました。

今年もよろしくお願いいたします!

投稿: くーみん | 2007/01/03 10:27

「瑤泉院の陰謀」は忠臣蔵大好きの私としては興味がありましたが、どうにも乗れなくて、実際は「夜桜お染」のCM時間に見ただけです。

二役で妹が出たり、内蔵助と同衾してるみたいのがあって、ありゃなんだ?って感じでした。

栗塚旭は最近あちこちで悪役づいているのですが、今回は素直なメーキャップでしたね。声だけでも貫禄があって、五木ひろしのあの程度の台詞では、助命になっちゃいそうでしたね。

結局、ほとんど見ていないのと同じですね。そのうち書店で原作を立ち読みしてみましょう(^^;)

投稿: KAY | 2007/01/03 13:20

 KAYさま くーみんさま

 あけましておめでとうございますm(__)m
 今年もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

>「瑤泉院の陰謀」
 私も忠臣蔵大好きなので、録画しました。
 DVDに焼きながら、ちら見しただけの感想ですが、自分的にはKAYさんと同じで、あんまり乗れなさそうな気がしました(^_^;)

 夕べから「赤ひげ」を見ています(^^)

投稿: ふみさと | 2007/01/03 14:53

あれは、「歌舞伎」と思えばいいのですよ!(笑)
歌舞伎って、とんでもない飛躍があるじゃないですか。奇をてらっているようで、実は伝統的な、日本人的物語の作り方、と思いました。
でも、あの二役は余計でしたね~(まさに、歌舞伎ではありがちですが・笑)。

討ち入りのシーンに、陣太鼓がなかったのも残念でした。あの装束が火消しからきているって言うのは、初めて知りました。あの羽織姿を、新撰組がぱくったというのは聞いていましたが。
討ち入りのシーンがドキュメントっぽくて、面白かったです。寺田農があんな老け役って、少しショックでしたが、さすがに芸達者でした。

さて、大河はどうでしょう。楽しみですね!

投稿: くーみん | 2007/01/03 18:00

 なるほど!歌舞伎ですか~(^^)

 寺田農は好きな俳優さんなので、出てたのがうれしかったです(^^)

 大河、楽しみです(^^)

投稿: ふみさと | 2007/01/04 13:56

あけましておめでとうございます(^○^)
今年も、ERにWATにいろんなお話ができるのを
楽しみにしています
今年もよろしくお願いいたします♪

投稿: まめ | 2007/01/08 20:00

 あけましておめでとうございますm(__)m
 今年もよろしくお願いいたします(^^)

 また盛り上がりましょう!(^^)WATの春が待ち遠しいですね!

投稿: ふみさと | 2007/01/09 00:54

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/13296979

この記事へのトラックバック一覧です: 新年のごあいさつ:

« ERのFic(二次創作)UPしました | トップページ | 風林火山 第1話「隻眼の男」 »