« コーラス | トップページ | 功名が辻 第46話「土佐二十万石」 »

2006/11/19

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

 原作より先に、ドラマを見ちゃいました。

 ネタバレしてます。

 原作がすごく話題になっていて、いつか読もうと思っているうちに、ドラマ化の話を聞きました。

 例の事件のせいでお蔵入りになるかもと言われていたときに、久世光彦氏が演出するはずだったのに果たせずに亡くなったということを知りました。

 キャストが久世氏ゆかりの人が多いのは、そのせいかな。

 大泉洋は、『救命病棟24時』で初めて見ましたけど、うまい役者さんだなあと再認識。

 このドラマにはやられちゃうにきまってる。だってオカンとボクだもん。母と息子の愛だもん。オトンなんて、ほんと時々でいいんですって気になっちゃう(笑)

 いやいや、蟹江敬三は大好きな俳優さんです(^^)じこちゅーだけどかわいげがあるオトン、私は好き。

 また、田中裕子のオカンが優しくてかわいくてもう最高。「全財産はこれ」のシーンとかね、指輪あげるシーンとか、じわーっときます。

 広末涼子もよかったです。やっぱうまいなあ。

 ラスト近く「オカン、待って!今食べるけん!」はもう、たまりませんでした。

 これを見て、親孝行しなきゃと思った人は多いでしょう。

 原作も、いつか読んでみたいと思います。

 久世演出のも見てみたかった……。

|
|

« コーラス | トップページ | 功名が辻 第46話「土佐二十万石」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/12748723

この記事へのトラックバック一覧です: 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン:

« コーラス | トップページ | 功名が辻 第46話「土佐二十万石」 »