« のだめカンタービレ 第1話~第4話 | トップページ | デスパレートな妻たち2 第6話「妻として女として」 »

2006/11/08

のだめカンタービレ 16巻

のだめカンタービレ (16)のだめカンタービレ (16)
二ノ宮 知子

講談社 2006-10-13
売り上げランキング : 2

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 ど根性編?

 千秋のイジメとマルレ・オケメンバーの闘いを延々と描いていて、いつもとはちょっと毛色が違うという印象を受けました。おもしろかったですけどね(^^)

 粘着千秋復活。時々入るコンマスの合いの手が楽しい(笑)

 Sオケをほうふつとさせますが、これもオケ復活のためには大切なこと。みんなぶーたれながらもついてきてるのは、これではいけないっていう危機感と、やっぱり音楽が好きだってことなんでしょうね。

 本番で、『もう毎日こわいですから』ってのは爆笑でした。

 団員それぞれの事情も知りつつ……の千秋。かなり成長しました。

 のだめ流の内助の功(笑)もなかなかよかったです。

 黒木くんファンとしては、ターニャとの恋の行方が気になるところです。ターニャがどんどんかわいくなってきましたね(内も外も)。このふたり、お似合いだと思うんですけど(^^)でも、黒木くんがターニャの気持ちに気付くのには、100年くらいかかりそう(^_^;)

 いよいよ千秋パパの登場!ますます楽しみです(^^)

|
|

« のだめカンタービレ 第1話~第4話 | トップページ | デスパレートな妻たち2 第6話「妻として女として」 »

コメント

中学生の娘が、黒木くんのファンなので。
今回キャステイングないので、ヘコんでいました。
もしかしたら、スペシャルできる可能性もあるので、そっちに期待しようと(笑)、励ましています。

ターニャ>
そうですね~、彼女が押し倒すしかないかもね~(爆)。

投稿: くーみん | 2006/11/09 08:49

 黒木くん、変なキャスティングより、いないほうがましという考え方もありかと(笑)

 ターニャに面と向かって「好きだ」と言われても気付かず、「あ、リードつくんなきゃいけないから、さよなら」とかフツーにしてそうです(^_^;)

投稿: ふみさと | 2006/11/10 15:48

横レス失礼します。
くろきん、再来週から、ドラマに登場するようですよ。
福士誠治さんという、『純情きらり』に出演していた役者さんがキャスティングされたそうです。
私はご本人もドラマも知らないのですが、どんな感じでしょう?

『ウィリアム・テル』を聞きながら演奏会の場面を読んだら、管楽器パートのプレッシャーが、いっそうリアルに感じられて面白かったです♪

投稿: | 2006/11/10 23:53

上のコメントに名前を入れ忘れて送信してしまいました。失礼いたしましたm(--)m

投稿: ドゲモ二記者A | 2006/11/10 23:55

情報ありがとうございます。
確か、あのイケメン・・・と思ってサイトを見たら(名前で検索できます)、確かにそうでした。
かっこいい~~~♪
これは真澄ちゃん、強敵ですぞ(笑)。

投稿: くーみん | 2006/11/11 00:04

 Aさま、お教えいただいて、ありがとうございますm(__)m
 黒木くん登場ですか!(^^)

 サイト見てみましたが、おおお!かっこいい!
 黒木くんよかったね~、ヘンな人じゃなくて(笑)(^^)

投稿: ふみさと | 2006/11/11 04:37

>ヘンな人
なにせ、あの人気の「達彦」さんですもの☆
でも、娘の黒木くんではなかったそうで。
黒木君は、影薄くないとダメなんだそうです。
カッコよ過ぎたのかな?

でも、動いているのを見ないと、わかんないですよね。
けっこう期待しています☆

投稿: くーみん | 2006/11/11 08:28

 『純情きらり』は全然見ていなかったんですが、人気のある俳優さんなんですね(^^)

 私も、もう少ししぶい人が好みですが、贅沢は言えません(笑)
 楽しみです(^^)黒木くん。

投稿: ふみさと | 2006/11/12 01:35

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/12605987

この記事へのトラックバック一覧です: のだめカンタービレ 16巻:

« のだめカンタービレ 第1話~第4話 | トップページ | デスパレートな妻たち2 第6話「妻として女として」 »