« デスパレートな妻たち2 第8話「赤い風船」 | トップページ | のだめカンタービレ 第7話 »

2006/11/27

功名が辻 第47話「種崎浜の悲劇」

 千代が好きだ……(T_T)

 種崎浜の悲劇も(とどめを刺しながら歩くのは見てられなかったけど、あれは新一郎の死の伏線になってるのでしょう)、新一郎の死も(やさしくて、ちょっと未熟というのか甘いところのある……それがまた魅力だった……新一郎らしい亡くなり方でした。新右衛門の言葉がまた泣ける)すごくショックだったけど、今日は六平太の『愛と死』について考えてみたいと思います。

 だって六平太好きだったんだもん(T_T)

 千代のために生き、そして死んでいった六平太。

 でも、それをずっと表に出さなかった。

 一豊は六平太にとっては恋敵というか憎たらしい相手なんだけど、一豊の幸せ=千代の幸せだからなあ。すご~く複雑な気持ちだっただろう。

 山内家に仕官したのも、己の身を犠牲にして家の安泰をはかる。つまりは千代の幸せを完全なものにするため。

 ため息が出るくらい深い愛ですが。

 千代も一豊もそれに気付いてなかったってのがなんとも。

 普通わかるだろ(-_-メ)

 でも、千代の前で自害したのは予想外だった。しかもあのアイテムを使ってですよ。

 「千代が好きだ」……パクッだもん。

 「死ぬときは千代の腕の中でと決めていた」だって。

 このふたつのせりふは非常にインパクトがありました。やられた、ばったりって感じです。

 このせりふを言うために、そして千代の腕の中で死ぬために、今まで生きてきた六平太。

 すげ~感動したんだけど、ちょっと時間がたったら思った。

 千代の心に傷を残すような死に方をするだろうか?

 自分の思いを告白したのは気分的には拍手だけど、『六平太』なら、黙って死んでいくんじゃないかな。

 ああ、あと2回……。

|
|

« デスパレートな妻たち2 第8話「赤い風船」 | トップページ | のだめカンタービレ 第7話 »

コメント

こんばんは。
cocktail-lightのbluestar1719です。
いつもありがとうございます。

>とどめを刺しながら歩くのは
ワタシもこれはちょっと見てられません
でした。キツイ、シーンでしたね。

それにしてもあのやり方でしか、一掃す
るのは難しかったかな・・

どの武将にも「黒歴史」はあるけど、
昨日は見てて気が重くなりました。

投稿: bluestar1719 | 2006/11/27 17:23

 こちらこそ、いつもありがとうございますm(__)m

 以前からこのエピソード見るのやだなあって思ってたんですが(^_^;)

 律儀で真っ正直な一豊だけに、きつかったです(T_T)

投稿: ふみさと | 2006/11/28 01:35

この回は、見損ねました(涙)。
総集編でみるしか、ないかな~。

投稿: くーみん | 2006/11/28 22:45

 土曜日の午後1時過ぎくらいに、再放送やってると思います(^^)

投稿: ふみさと | 2006/11/29 00:34

今週の週末は出かけてしまうので、見れないんです~。
タイマー、失敗ばかりですし。
でも、失敗覚悟でトライしてみようかな・・。

投稿: くーみん | 2006/11/30 08:47

 そうなんですか(^_^;)それはそれは……。

 でも、がんばってトライしてみてください!(^^)

投稿: ふみさと | 2006/12/01 15:24

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/12845337

この記事へのトラックバック一覧です: 功名が辻 第47話「種崎浜の悲劇」:

» 「功名が辻」第四十七回 [cocktail-light]
今日はBShiで見ました☆いつもだと地上波でも見直すんですが、今週は一豊のというか山内家の「黒歴史」の回。暗澹たる気持ちになったので見直すのやめてここで書いてしまいます。メモ書きをしてたんですが、纏めきれないな・・。意味不明な箇所はお許しくださりませませ。...... [続きを読む]

受信: 2006/11/27 17:20

» 功名が辻 第47話 [くつろぎ日記]
「千代、好きだ・・さらばじゃ・・」 [続きを読む]

受信: 2006/11/27 17:25

» 大河ドラマ『功名が辻』は傑作 [坂野上淳のウェブ日記]
昨年の『義経』が酷すぎたので大河ドラマとは距離を置こうかと思っていたが、今年は思わぬ収穫。特に11/26放送の内容には大いに驚かされた。二重のどんでん返しという感じで、脚本の大石静の意欲と力量に拍手したい。... [続きを読む]

受信: 2006/11/27 18:02

» 功名が辻 [Fere libenter homines id quod volunt credunt]
第四十七回「種崎浜の悲劇」 茫然自失です。 何が悲しくて、ど素人の脚本予想が100%で当たらなければならんのか! 今回は [続きを読む]

受信: 2006/11/29 19:37

« デスパレートな妻たち2 第8話「赤い風船」 | トップページ | のだめカンタービレ 第7話 »