« 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン | トップページ | のだめカンタービレ 第6話 »

2006/11/23

功名が辻 第46話「土佐二十万石」

 撃たれたけど、来週の予告では元気だった千代。

 「あわてものじゃな、千代は」

 だったら許さん(笑)

 今回一番面白かったのは寧々と千代のやりとり。『偉くなると、どこかから男はおかしくなる』とか、千代が一豊は信長や秀吉ほど器が大きくないと言うと、『器の大小ではないのじゃ』って、一豊さん、けなされてますよ(笑)

 寧々が秀吉のことを『うちの人』って言うのが大好き(^^)

 『うちの人』にちゃんと話せるように、しっかり見届けると言ってたの、じーんとしました。

 来週、『種崎浜』の話をどう描くのかとても興味があるのですが、六平太がからむみたいですね。もう今週から死ぬ気ありありだもんなあ(T_T)

|
|

« 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン | トップページ | のだめカンタービレ 第6話 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/12799135

この記事へのトラックバック一覧です: 功名が辻 第46話「土佐二十万石」:

» 「功名が辻」第四十六回 [cocktail-light]
すいません・・日曜日はhi-visionの18時から見たんですが本放送、BS-2ともフィギュアスケートの地上波放送とBS朝日を梯子していたので、当日、記事を上げられませんでした(汗)月曜日に録画見直して下書きはしていたんですけど野球好きですんでドラフトネタ記事を書い...... [続きを読む]

受信: 2006/11/24 21:28

« 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン | トップページ | のだめカンタービレ 第6話 »