« ERのFic(二次創作)UPしました | トップページ | デスパレートな妻たち2 第2話~第5話 »

2006/11/04

功名が辻 第43話「決戦へ」

 一豊大活躍(^^)

 小山評定、一豊初のお手柄かと思いきや、もともとは堀尾の考えだったという(^_^;)

 「俺んちのとーちゃんが最初に考えたんじゃ!」

 と忠氏が怒らなかったのは、一豊の人徳のなせるわざってところかな。一豊も一生懸命忠氏を言え言えってつついてたし、忠氏も自分のふがいなさを納得してたし、後味は悪くなかったのでほっとしました。なにせ、千代なしでの初(じゃないかもだけど)のおりこう行動ですから、一豊(笑)

 雨の中、家来を前にしての演説もかっこよかったです(^^)

 一方の千代は、未開封の書状でしっかり存在をアピール。やはり持つものは賢き妻。

 でも千代がいくら賢くても、それを素直に受け入れなければなにもならず、やはり一豊の人の好さと素直さと度量の大きさと愛があればこそなのかなと。ドラマも終盤を迎えて、こんなふうに思えるようになってきました(笑)

 次回はいよいよ関が原!

|
|

« ERのFic(二次創作)UPしました | トップページ | デスパレートな妻たち2 第2話~第5話 »

コメント

中学生の娘が、一豊のことを
「ただのおっさんじゃん!」というのですが(笑)。
ただのおっさんが、夫婦仲良く手を合わせて、乱世の修羅場を潜り抜けた、と。
よいお話ではございませんか(笑)。

しかし究極のネタバレを、よくここまで緊迫感ある運びにして、見せますね、脚本かも演出も。脱帽です。

投稿: くーみん | 2006/11/06 12:23

 信長、秀吉、家康とうまく主換えをしながら一国一城の主まで登りつめたのですから、すごいですよね(^^)

 今の時代にマッチしてる気がします。

投稿: ふみさと | 2006/11/07 00:47

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/12550431

この記事へのトラックバック一覧です: 功名が辻 第43話「決戦へ」:

» 功名が辻 43回 [賃貸営業よもやまばなし]
上杉討伐のため下野(現栃木県)の小山まで兵を進めた徳川家康。やっと家康に加勢することを決断した一豊が千代の機転の千代の自害をほのめかす書状と石田三成の未開封の書状を家康に渡します。この未開風がミソですね、流石才女の千代と言ったところでしょうか。 そして小....... [続きを読む]

受信: 2006/11/04 23:05

« ERのFic(二次創作)UPしました | トップページ | デスパレートな妻たち2 第2話~第5話 »