« クローゼ | トップページ | ER緊急救命室 11-14「これが私」 »

2006/07/04

功名が辻 第26話「功名の旗」

 吉兵衛(T_T)

 予想通りの展開。たきとの恋は実を結ばないまま吉兵衛は亡くなってしまいました。

 わかっていたこととはいえ……(T_T)

 本能寺のときは一種の爽快感があったけど、今回はじっくりたっぷり主従愛(ちゅ~か父子愛なんだろうな)を歌い上げてくれたせいで、じわーっときました。

 亡くなるまでの立ち回りが、また長いんだもの。

 一豊は号泣してぐちゃぐちゃになってしたが、あれはほんとの涙なんでしょうね。

 とどめはたきへの手紙。あれにはやられた(ばったり)。

 感動だったけど、自分的にはもうちょっとあっさり逝くのが好みかな。

 ぶん投げた槍。ひるがえる旗。あのシーンと、「ここが功名が辻じゃ~っ!」が、とてもかっこよかった(^^)

|
|

« クローゼ | トップページ | ER緊急救命室 11-14「これが私」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/10780352

この記事へのトラックバック一覧です: 功名が辻 第26話「功名の旗」:

» 第26回「功名の旗」/功名が辻 [「人生のテーマソング」]
秀吉(柄本明)率いる軍勢に新たな戦が迫っていた。かつては織田家中で功を競い合った滝川一益攻めである。一豊(上川隆也)をはじめとする山内家や堀尾(生瀬勝久)家、中村(田村淳)家でも『大名になれるかの正念場』と準備に余念がない。そうした中、吉兵衛(武田鉄矢)ひとり元気がない。たき(細川ふみえ)が里に帰ったからだ。これは千代(仲間由紀恵)の知恵によるもので、主・一豊への強すぎる思いから、ひそかに芽生えた恋慕を押し殺している吉兵衛の背中を押すためだった。意を決し、たきを訪れた吉兵衛は『戦から戻ったら迎えに... [続きを読む]

受信: 2006/07/04 04:48

» 「功名が辻」第二十六回 [カクテルライト(Cocktail-light)]
前の週で吉兵衛のコイバナをスルーしたワタシでしたが、今週はしっかり書きます。吉兵衛、ラストでしたね。槍で突かれ亡くなったのですが、吉兵衛はこの戦で自らの最期を予期していたかのようですね(涙)たきに「待っていて欲しい。戦が終われば迎えに来るで」と言いに...... [続きを読む]

受信: 2006/07/04 08:49

» 第26回 「功名の旗」 [徒然なる日記]
密かに芽生えた恋心を一生懸命隠す吉兵衛 なんだか可愛らしかったです やっぱり歳をとっても(失礼!)恋をすると関係ないんですね 千代だけでなく新右衛門にも背中を押されてとうとう吉兵衛もたきに会いに行く決心をしましたね やはり持つべき者は、友人(?)ですね...... [続きを読む]

受信: 2006/07/04 20:58

» 元格闘家の高田延彦がNHK大河レギュラー出演! [芸能マガジン]
徳川家康の家臣、本多忠勝役で大河“初陣”は、8月13日放送の第32回「家康の花嫁 [続きを読む]

受信: 2006/07/04 22:32

» 功名が辻 第26回 [ななさんにトラックバック(仮)]
{/shootingstar/}オープニング 先週秀吉勢は近江(柴田勝豊)、美濃(織田信孝)を攻略。 柴田勝家を孤立させるために今週は伊勢の滝川一益を攻めます。 元所領の長浜を勝家に譲ったのも勝家攻略の策だったのか。 勝家は毛利、長宗我部と組んで秀吉を挟み込まなかったのかな?。 {/shootingstar/}本編 1583年。 千代曰く、吉兵衛はたきの事で意地を張って引き篭もってしまったそうです{/hiyo_shock1/}。 ... [続きを読む]

受信: 2006/07/05 08:19

« クローゼ | トップページ | ER緊急救命室 11-14「これが私」 »