« アイ・アム・デビッド | トップページ | ER緊急救命室 11-11「心を通わせる方法」 »

2006/06/12

功名が辻 第23話「本能寺」

 最期まで『らしい』信長様でした。

 今回の本能寺。一番心に残ったのは、信長とお濃が背中合わせで戦ったことでした。

 「殿は地獄、私は極楽」のせりふもナイス。

 大階段のセットとあいまって、かっこよかったです(^^)

 お濃が信長を守って闘うとは思わなかったので、こちらも驚き。小太刀の殺陣、なかなかうまかったのでは。最期はいっぱい撃たれて、壮烈だけど揚羽蝶の内掛けも鮮やかな、美しい死でした。

 痛いとか、わしは死ぬのかとか、ちょっとお濃に甘えていた信長。目の前でお濃が蜂の巣になって亡くなり、思わず帰蝶さまと叫んだ光秀。笑顔で死んでいったお濃は強い。

 信長は想像とは少しずつ違っていて、舘信長らしい最期だったと思います。首がなかったのは、自分で切り落としたってことなんでしょうね。

 光秀はやっぱりうまかった。

 主人公は千代と一豊なのでってのは理解できるけど、もうちょっとじっくり描いてほしかった気がします。せっかくなんだからさあ(^_^;

 信長の死を聞いた秀吉の行動と、一豊の心象風景の中の天への階を上っていく信長の姿も印象的でした。

|
|

« アイ・アム・デビッド | トップページ | ER緊急救命室 11-11「心を通わせる方法」 »

コメント

こんにちわ。いつもお世話になります♪
トラバありがとうございました。

>主人公は千代と一豊なのでって
そうですよね。確かに主役はこの二人
ですがタイトルが「本能寺」なのですから
もう少し濃く描いてもいいですよね。

来週は清洲会議まで行っちゃう様で。
「功名~」も秀吉時代編でしょうか。
三津五郎さん終わりだけどまた新しい
メンツも登場してくるでしょう。楽しみ。

投稿: bluestar1719 | 2006/06/12 15:54

 こちらこそお世話になっております。TBありがとうございますm(_ _)m

 本能寺、せっかくなので、もっと長い時間をさいてほしかったです(^_^;

 清洲会議まで一気とは走りますね~(^_^;新しいキャスト、楽しみです(^^)

投稿: ふみさと | 2006/06/13 00:53

お久しぶりですが、お元気でしたか?

「功名~」、信長が脇で登場する大河ドラマにしては珍しく濃姫がすごく目だってたのが印象的でした。
それが「本能寺」でもよくでてましたね。

逃げずに信長を守るため、バッサバッサと明智兵を倒していく濃姫、すごくかっこよかったです。
というか蝮の道三の娘ですから、こんな風な壮絶な死に方って、かえって濃姫らしく感じちゃいました。

ちなみに私の母は、織田信長が死に際に「人生五十年...」と「敦盛」を舞わなかった事が不満だったみたいですが、私は舘信長らしくてGOODだったんですが...

TBさせて頂きました。

投稿: 進さん | 2006/06/19 22:45

 お久しぶりですね(^^)おかげさまで元気にしております。
 TBありがとうございますm(_ _)m
 
 濃姫はかっこよかったです。キャスティングと今までのキャラとのギャップが新鮮でした。大立ち回りと壮絶な最期。

 私も舘信長らしかったと思います。

 こちらからもTBさせていただきましたm(_ _)m

投稿: ふみさと | 2006/06/22 15:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/10493629

この記事へのトラックバック一覧です: 功名が辻 第23話「本能寺」:

» 「功名が辻」第二十三回 [カクテルライト(Cocktail-light)]
今日はデータ放送で字幕を出しセリフを確認しつつ見ました。来ましたね。"本能寺(の変)"思ったよりあっけなく終わったような気がするのはワタシだけでしょうか。信長が光秀の謀反に気づいた後、しばし格闘、炎の中で自決するまでがなんか一気につっきった感じ。信長は...... [続きを読む]

受信: 2006/06/12 15:51

» 功名が辻第二十三話見ました [岐阜の路面電車再生祈願!名古屋交通コラム]
 キターーーーーーー坂東三津五郎の「敵は本能寺にあり!!」  奥方様、参戦か??   死ぬか・・・・・・。  銃弾に倒れる信長。  「敵は本能寺にあり!」その光秀のかけ声にて本能寺の変が・・・・・・。  刃や銃が交え、信長が撃たれる。  そして、濃も。「帰蝶様!!」光秀の叫び。そして、信長も・・・・・・。  「夢幻のごとくなり」撃たれた傷の重さをふりきっての最後の刃・・・・・・それは自らに向けたものだった。  光秀のそばにいた六平太は、安国寺恵瓊に使いを出した。    長浜城。一戦を交える!甚兵衛... [続きを読む]

受信: 2006/06/12 18:47

» 今年の信長はダンディか? [われら「ノミニティー・プランナーズ」※△!□!!]
今年の大河ドラマは「功名が辻」。 本日はそのクライマックスの第一部。 明智光秀が、あの本能寺においていよいよ信長を討つ話になります。 「時は今 天(あめ)が下(した)しる五月哉(さつきかな)」 明智光秀 ... [続きを読む]

受信: 2006/06/12 21:05

» 第23回 「本能寺」 [徒然なる日記]
期待して割には、えらくアッサリ終わってしまいましたね ウチの母は、信長様が濃の鼓で「人生五十年...」の「敦盛」を舞うのを期待していたみたいで、信長様が炎の中で自刃した場面をも見て少しガッカリしたみたいです それにしても濃姫、すごいです 武将を刀でバ...... [続きを読む]

受信: 2006/06/19 22:46

« アイ・アム・デビッド | トップページ | ER緊急救命室 11-11「心を通わせる方法」 »