« 機種変 | トップページ | オーシャンズ12 »

2006/05/04

FBI失踪者を追え! 2-5「捜査官の人生」

 わああ!こいつが再登場するなんて(^_^;

 ネタバレしてます。

 今シーズン始まってからずっと精彩を欠いていた気がするジャックですが、それはこのエピのためだったのかと思わせるような今回のお話。

 ジャックの過去の傷をえぐるような類似事件の発生。最後の被害者をあと1時間のことで助けられなかった。ジャックの影の部分がひとつ明らかに。

 模倣犯はなんとあのスポールディング。このけったくその悪い男に再会するとは思わなんだ(--〆)

 スポールディングはジャックへの復讐心でこりかたまってる。服役してる間ジャックのことを調べ上げ、一番の弱点であるママの自殺を突いてきた。

 ひょっとしてこいつ、ジャックのことを愛してるんじゃないの?ゆがんだ愛ってやつ。憎しみの裏に愛がある気がしてしかたがない(^_^;

 被害者のことを黙したまま自殺しちゃうだなんて、すごい復讐。背筋が凍りそうにこわかった。

 ドリスが無事に助け出されたのが、ただひとつの救い。

 ジャックの心の傷(のひとつ)はこれだったのか~(T_T)子どもにしたら、最上級の悲劇です。奥さんに告白してたけど、助けられたんじゃないかとか、俺が殺したんだとかずっと自分を責めてきたんだね。神様を信じなくなったのもこのせいなのかな。

 あのCDをダニーが聞いてたら、どうだったかなって思います。彼も同じ気持をずっとかかえて生きてきてるはずだから。

 最後のジャックの涙は、とても胸が痛かった……。

|
|

« 機種変 | トップページ | オーシャンズ12 »

コメント

本当に、子供にとって母親が・・・なんて
これほどの悲劇はありません。
自分に責任が、と思っているのだからなおさら。
おまけにあと1時間で救えなかった事件
スポルディングは、事件を丹念に調べて
そういう部分をついてきたんでしょうね
あぁ、ほんとこの粘着質、こわすぎる(- -;)

ダニーがCDを聞いたら・・・それは考えていませんでした。
二人の考え方が似ているのは
育ってきた過程で、いろいろ似た部分があるんですね。
なんとなくそういうことがわかっていて
ジャックは、ニブチンマーティンを
自分の側に置いていたのかも知れませんね(^^;

投稿: まめ | 2006/05/05 00:55

 TBありがとうございますm(_ _)m

 今日はずっとまめさんとはすれ違っているよう(このコメントをいただいた時間、そちらにお邪魔してましたし、ERのコメントをいただいた時はFBIの記事書いてました)で(笑)こういうこともあるんですね(^^)

 スポルディングはこわすぎです。死んでくれてほっとしました(^_^;
 ニブチンマーティンは、存在自体がジャックの癒しになっているのでしょうね(^^)

 こちらからも(やっと(笑))TBさせていただきましたm(_ _)m

投稿: ふみさと | 2006/05/05 01:44

スポルディング、死んでも尚、
まだまだ出てくるんじゃないかって想像できちゃって
怖いです(^^;
本当に強烈なキャラでした。

TBでは、いろいろお手数をおかけしてすみませんでした
今日は、すれ違いの日だったのですね
でも、遠い場所のどこかで
同じ時間にネットをやってるって
すごく不思議です(*^^*)

投稿: まめ | 2006/05/05 19:00

 実は死んでないとか、生き返るとか、そんな感じのするキャラですよね、スポルディング(^_^;

>TBでは、いろいろお手数をおかけしてすみませんでした
 いえいえとんでもないです。お気になさらずに(^^)

 ほんとネットって不思議で楽しいです(^^)

投稿: ふみさと | 2006/05/05 21:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/9896424

この記事へのトラックバック一覧です: FBI失踪者を追え! 2-5「捜査官の人生」:

» FBI失踪者を追え!S2-#5.捜査官の人生 [So Close*エリック・クロース]
WIHTOUT A TRACE S2-#5.Copycat 英語視聴に追いついち... [続きを読む]

受信: 2006/05/05 01:19

« 機種変 | トップページ | オーシャンズ12 »