« 功名が辻 第21話「開運の馬」 | トップページ | FBI失踪者を追え! 2-9「14歳の手紙」 »

2006/05/31

ER緊急救命室 11-9「その夜のことだった」

 ネタバレしてます。

 さよなら、チェン。

 ただ介護に疲れて、っていうのではなく、父の尊厳を守るため。父の希望をかなえるという形での安楽死。

 でも、違法行為だし、ドクターとして、娘としてどうなんだろうという……難しい問題だけど。

 ルカもスーザンも、勤務を代わってほしいチェンにつれない態度。以前だったらチェンの家にとんでいったであろうカーターくんの代役はプラット。古きよきERは遠くになりにけり?

 今回はさすが降板エピで力が入ってたけど、このところのチェンの扱いはずっと、なんだかな~でした。

 カーターくんとの恋愛感情をはさまない友情関係が、貴重だったのに。でも最近はそれもなかったか(^_^;

 ラストの『声の出演』のところ、

 「ありがとう、いろいろお世話になりました。中国へ帰ります」

 ってのは、日本語版オリジナルですよね(^^)

 あいかわらず、アビーは全能。

 デュベンコはやっぱりヘン。

 レイ、全然反省してないだろ。

 ニーラが不法侵入に窃盗。

 カーターくん、ケムとウェンデルどっちなの。

 サム、ルカはみんなのものです。

 ルカ、最近出番少ない。

 モリス、出て行け。

 そ~いえば、クリスマスエピだったんですね。

|
|

« 功名が辻 第21話「開運の馬」 | トップページ | FBI失踪者を追え! 2-9「14歳の手紙」 »

コメント

あ、やっぱりチェンが行ったのは違法行為なんですね。
とても難しい問題ですよね
でも、何よりも、自分の都合であっさりカバーをことわってしまった彼らに、悲しくなったエピソードでした。
チェンの様子、みてわからんか、という感じです。
カーターくんは、治療シーンはとてもかっこよい。レイを怒鳴りつけたりして、さすが!と思いましたが、女性になると、ちょっと。
もうケムとは心が離れてしまった、という感じでしたね。
ドゥベンコは、相変わらず変なんだけど、
ちょっと最初よりも株があがってきました(笑)
モリスは、まったくもって(- -;)

TBさせていただきました♪

投稿: まめ | 2006/06/01 18:02

 TBありがとうございますm(_ _)m

 私もアメリカの法律はよく知らないので、チェンが薬品をくすねるシーンとか、プラットの様子からの類推なんですが。
 カリウムの投与による殺人になっちゃうんじゃないでしょうか(^_^;

 みんな冷たいし(--〆)

 ほんとカーターくんの女性関係は、ちょっとねえです。せっかく治療シーンがかっこよかったのに(^_^;

 こちらからもTBさせていただきましたm(_ _)m

投稿: ふみさと | 2006/06/04 16:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/10328684

この記事へのトラックバック一覧です: ER緊急救命室 11-9「その夜のことだった」:

» ER11-9話「その夜のことだった」 [豆飛ばして行こう。]
*** ネタバレしてますー *** なんと今日がチェンのラストエピでした。 事前 [続きを読む]

受信: 2006/06/01 17:49

« 功名が辻 第21話「開運の馬」 | トップページ | FBI失踪者を追え! 2-9「14歳の手紙」 »