« 6月のスカパー | トップページ | ER緊急救命室 11-9「その夜のことだった」 »

2006/05/30

功名が辻 第21話「開運の馬」

 乗ったまま走り去らないで、信長様。その馬返して(笑)

 さて、いよいよ今回はそれしかないここ一番の見せ場のエピソード。

 でも、馬を買う前に夫婦で大喧嘩。

 小ざかしいとか、情がこわいとか、言いたい放題の一豊どの。

 黄金10枚を妻が隠し持っていたことが、そんなに腹立つかな。千代の賢さに嫉妬したのか、それとも、結局俺は女房の尻にしかれているというかコントロールされてるってことを再認識して八つ当たりか。何か知りませんが、男心はフクザツじゃ。

 大泣きされておろおろとなぐさめにかかるなら、最初っから言わなきゃいいのにね~。

 「千代も妻という役目で、この乱世をともに戦ってまいりとうございます」

 これがお濃の心をうつ。

 しかし、千代はよく偉い人に遭遇する(笑)

 喜び勇んで馬を買いに行った一豊。千代が用立ててくれたのじゃ!と思い切りバラしてましたが。まあこれが彼の美徳かな。

 信長(すごいカッコだ)に指摘されて初めて、千代が黄金10枚で馬ではなく、自分の評判を買ったということに気づいた一豊。

 しっかりし~や~。

 馬は死んだら終わりだけど、評判は一生残る。一生どころか、こうやってドラマにもなったでないの。

 砂金をもらって喜ぶふたりが、とても現実的でほほえましかったです(^^)かっこつけてお馬さんを買ったけど、やっぱりお金がなくなったのはおしかったんだなって。

 立ち直ったお濃。でも、心をかき回された光秀は悪夢のおまけつき(^_^;

 もうすぐ本能寺……。

|
|

« 6月のスカパー | トップページ | ER緊急救命室 11-9「その夜のことだった」 »

コメント

おはようございます。
トラバありがとうございました。

素直に「有難う」って言えば
いいのにあんなにまくしたてて。

でもそのあと千代さんの涙に
あたふたあたふた(苦笑)
その変わりっぷりに笑ってしま
いました。

投稿: bluestar1719 | 2006/05/30 08:02

 こちらこそ、TBありがとうございますm(_ _)m
 コメントがなぜか書き込めなくて、TBだけで失礼しましたm(_ _)m

 一豊のあたふたぶりはほんとおもしろかったです(^^)

 お馬さんのエピに満足です(^^)

投稿: ふみさと | 2006/05/31 00:27

>コメントがなぜか書き込めなくて、

最近やたら英文のコメントスパムが連続して
来るようになってときどき書込み禁止
にしないと20~30くらい入ってくる
んです。
(今朝もかなりあって削除三昧)
ずっと禁止にしてるわけではないので
すがふみさとさんがいらしたときは、
禁止にしてた時だったんだと思います。

投稿: bluestar1719 | 2006/06/01 17:34

 そうだったのですか~。

 スパムっていやですよね(^_^;

 今度は違う時間帯にカキコするようにしますね(^^)
 どうもありがとうございますm(_ _)m

投稿: ふみさと | 2006/06/04 15:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/10302766

この記事へのトラックバック一覧です: 功名が辻 第21話「開運の馬」:

» 「功名が辻」 第二十一回! [カクテルライト(Cocktail-light)]
この回から加藤清正が登場!(ドラマストーリーの配役には三成と正則の配役は出てましたけど、清正は、誰が演じるのかと思ってたんですよ。)中村、堀尾、一豊、清正の4人が揃う絵もなかなかいい。「馬」のお話が来ましたね。亡くなった不破の伯父様が回想シーンで登場し...... [続きを読む]

受信: 2006/05/30 08:00

« 6月のスカパー | トップページ | ER緊急救命室 11-9「その夜のことだった」 »