« ER緊急救命室 11-2「傷ついた者」 | トップページ | ぱんぱん »

2006/04/12

FBI失踪者を追え! 2-2「「聖職への道」」

 やっぱりダニーは関西弁じゃなくなってる(T_T)

 まったくぜんぜん関西弁のかけらもないダニー。イントネーションすべてが完璧な標準語。せっかくあの関西弁がよかったのに~。違和感ありまくりです。

 今からでも遅くない。関西弁に変えてください!

 でも、スケジュール的に考えて、もう吹き替えは録り終えてるんでしょうか?だとしたら、いくら言ってもダメですよね(^_^;

 今回のようにキリスト教がからむと、素養がないものでよくわからないところが(^_^;それとあと、気持的にわからないというか、想像がつかないところがあるです。なんか残念だなあ。

 結局自分で姿を消したスティーブンス。

 「心が穢れたままでは死ねない」

 この言葉は重かった。神を信じていないジャックは、過去にそうなる出来事があったっぽい。それはいつか明らかになるんでしょうか。そのジャックも、ラストの神父の言葉には心を動かされたんでしょうね。

 万引きして教会のバスケチームに入れられ、そこでしごかれて立ち直ったダニー。意外と信心深い。

 サマンサは、前回のことで現場をはずされデスクワークにぶうぶう。でも、結局彼女のお手柄で事件は解決へ。

 くさるサマンサを、「あせってるうちはダメ」のひとことで降参させたビビアンは、やっぱりすごい(^^)

 サマンサにカウンセリングをすすめるジャックだけど、手を握ろうとして握れなくて(^_^;家庭に戻ったからなんだろうけど、な~んか中途半端。こういう態度はサマンサを傷つけるだけだと思うけど。しっかりし~や~と言ってあげたくなる。ジャックの結婚指輪をすりすりするサマンサが、痛々しかった(T_T)

 ということで(なんなんだ突然(^_^;)今日の一等賞は

 「お前おつとめしたことあるのか?なら、俺の態度もがらっとかわっちゃうね」

 に決定(^^)

|
|

« ER緊急救命室 11-2「傷ついた者」 | トップページ | ぱんぱん »

コメント

そう、たとえ今から関西弁を叫んでも、
かなり先まで録りおえてるでしょうし
先の先で、また関西弁に戻っても
それはそれで違和感でしょうから
慣れることにしました( ̄▽ ̄メ)

おつとめ発言笑いましたよね~
マーティンがおつとめしたことはないことわかって言ってるんでしょうから
逆にとれば「オレの方が上や!」と思ってるってことですよね(^^;

投稿: まめ | 2006/04/15 12:38

 私もあきらめます。関西弁の件(T_T)

 「うん、ちょっと2年ほどね」
とかマーティンが言ったら、
「兄貴と呼ばせて」
になったんでしょうか?でもダニーのことだから、
「たったの2年ぽっちじゃ、何の自慢にもならへん」って言うかな(笑)

投稿: ふみさと | 2006/04/15 20:35

「兄貴と呼ばせて」とは絶対ならなそうだけど
言わせてみたい!(笑)

もしもダニーが逆にこんな台詞言われたら
ダ「どう変わるんじゃ、言ってみぃ~(うりうり)」
マ「(><)ごめんなさい~もうしません~o(>< )( ><)o」
ってなったかな
なんて、アホな妄想まで及んでしまいました(笑)

投稿: まめ | 2006/04/16 01:14

 わ~い、いじめっこダニーだ(^^)パチパチ(拍手)

 いろんな妄想を想像しながら見るのが、とても楽しいですよね!(^^)

投稿: ふみさと | 2006/04/18 02:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/9556189

この記事へのトラックバック一覧です: FBI失踪者を追え! 2-2「「聖職への道」」:

» FBI失踪者を追え!2-#2.聖職への道 [So Close*エリック・クロース]
WIHTOUT A TRACE S1-#2.Revelations ------... [続きを読む]

受信: 2006/04/15 20:57

« ER緊急救命室 11-2「傷ついた者」 | トップページ | ぱんぱん »