« 春日局 | トップページ | リーグ・オブ・レジェンド »

2006/04/27

FBI失踪者を追え! 2-4「親子の絆」

 マーティンの変装に爆笑(^^)

 ネタバレしてます。

 ナターシャの実のとーちゃんの声がロマノ、マネージャーがトビーでした(^^)

 誰も死んだり傷ついたりすることなくハッピーエンド(^^)

 実の父親がからんだりしたけど(そのおかげでバイオリンが売れた)、結局は反抗期の天才バイオリニストが引き起こした家出騒動ってことなのかな。

 しっかり者のビビアンも、家では13歳の息子レジーの反抗に手を焼くママ。レジーってボクサーの話のときに出てきた子ですよね。あのときはかわいかったのに、『ババア』(笑)

 でもビビアンだからこそ、ママの気持も、ナターシャ自身の気持もよくわかる。ナターシャを優しく抱きしめてるのを見ながらそう思いました。

 ジャックの意外な過去。ロシア語がわかるんだ~。サマンサとは、すこおしぎこちなさがとれたかな。

 今回のマーティンは、もうあの変装につきるでしょう。あ、あやし~(爆)でもかわいかった(^^)

 サマンサはカウンセリングなんてって思ってるのがありあり。でもラストに心境の変化があって電話してました。自分の態度が反抗期の子どもみたいと思ったのか。それとも銃を持って出るときにちょっと躊躇してたから、あのとき、やっぱりちゃんとカウンセリングを受けなきゃって思ったのか。

 ダニーが「了解」って言ったとき、思わず『っす』をつけちゃった(^_^;

 閉じかけたエレベーターのドアを、ナターシャのママが開けてマネージャー父子を招きいれ、シェーンとナターシャが手をつないでた。そしてデスクで写真を見つめるビビアン。こういうエンディング好きです(^^)

|
|

« 春日局 | トップページ | リーグ・オブ・レジェンド »

コメント

やっぱり「了解」には「っす」をつけたくなりますよね(^^;

そして、今日のマーティンはやっぱりあの怪しい変装。
一体何の意味があって・・・( ̄▽ ̄メ)
まぁ、好評だからよしとします(笑)
↑好評なのか?
ほっこりラスよかったですね(*^^*)

す・・・すみません、またやってしまいました( ̄▽ ̄メ)>TB
お手数をおかけします<(_ _)>

投稿: まめ | 2006/04/27 19:19

パーティーグッズの鼻眼鏡みたいな変装、きっと撮影現場はみんな爆笑だったんではないでしょうか。
血みどろグログロに慣れると、「えーもう終わり~?」とか思ってしまったりしますが、たまにはこういうハッピーエンドもいいですよね(^_^;)

今回マネージャーはトビーの印象強かったですねー。ちょっと目を細めてみたりすると、ひげの無いトビー(^_^;)
なんかなつかしくなってしまいました。

投稿: くまぷー | 2006/04/27 22:58

>まめさん
 TBありがとうございますm(_ _)m削除了解っす(^^)お気になさらずに(^^)
 マーティンの変装って必要ないですよね(笑)好評でしょう(爆)
 久々のハッピーエンドでこういうのもありかなと(^^)

>くまぷーさん
 TBありがとうございますm(_ _)m
 現場ののりで変装したのかもですね~(笑)
 ハッピーエンドでほっと一息(^^)
 マネージャーは髪型がトビーでした(爆)
 こちらからもTBさせていただきましたm(_ _)m

投稿: ふみさと | 2006/04/28 00:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/9788021

この記事へのトラックバック一覧です: FBI失踪者を追え! 2-4「親子の絆」:

» FBI失踪者を追え!S2-#4.親子の絆 [So Close*エリック・クロース]
WIHTOUT A TRACE S2-#4.Prodigy ----------... [続きを読む]

受信: 2006/04/27 18:31

» FBI〜失踪者を追え!2 第4話「親子の絆」 [くまぷーの海外ドラマblog]
【 失踪者 : ナターシャ・ツェトコヴィッチ 】 FBI着手:失踪5時間後 天才少女バイオリニストナターシャがリサイタル直前に姿を消した。楽屋は荒れており何者かに連れ去られて激しく抵抗したらしい。現場には偽造のスタッフカードが落ちており、偽造の技術を持つものが関係していると見られた。 一緒に高価なバイオリンもなくなっており、バイオリン目当ての強盗の線も考えられたが、その場合はナターシャの... [続きを読む]

受信: 2006/04/27 22:46

« 春日局 | トップページ | リーグ・オブ・レジェンド »