« ザ・ホワイトハウス 4-21「スキャンダル」 | トップページ | 春日局 »

2006/03/02

デスパレートな妻たち 第23話「終わりの始まり」

 これで終わるの?(^_^;

 レックスが亡くなってしまいました(T_T)もう人死にはいやなのに。それもブリーに疑いがかかりそう(^_^;でも、投薬の効果がでてないってときに、ジョージ=薬剤師って思わないのかな。口から入るものっていったら、食べ物と薬でしょうが。あと、高カリウム血症ってすぐわかりそうな気がするけど。もうちょっと治療のしようがあったと思う。

 レックスはすごくやなやつだったときもあったけど、最近はブリーにもやさしくなったし。何よりブリーが愛している人だから、死んでほしくはなかったです。声がロマノだし(^_^;

 ブリーが自分を殺そうとして、でもそれは当然のことだし、自分はそんなブリーを許す。って最後に究極の愛を示したレックスだけど、大きな勘違いをしたまま逝ってしまいました。ああ、やっぱりレックスはブリーをわかってないなあと。なにがunderstandだ。一番大切なこと(ブリーがすごくレックスを愛してる)をわかってないじゃんか。

 死の知らせを受けたとき、銀食器を磨いていたブリー。電話のあとも磨き続けて、きちんとしまって、テーブルクロスをなおして、号泣……。とてもブリーらしくて、そして、とても悲しい。

 シーズン1はメアリー・アリスがナレーションだったけど、次はレックスかしらん(^_^;

 メアリー・アリスの秘密(だけ)は明かされましたね~。ザックはやっぱりマイクの息子なのかな。マイクがポールを殺さなかったのはほっとしましたけど、これからいろいろややこしそう。

 しかし、ボンゴ、なにやってんだ(^_^;

 リネットはどうやら職場復帰。真実を知ったトムから、『別れよう』の言葉が出なかったのはすごい。オトボケ君なかなかやるなあ。リネットがきっちりあやまったのもよかった。でも、復帰によってリネットが失うものは大きそう(^_^;

 ガブリエルんちも大変だなあ。ジョンくんの爆弾発言。若い子と浮気なんてするもんじゃありません(笑)

 毎週見るのが楽しみだったこのドラマ。終わってしまって寂しいです。次シーズン放送してくれますよねえ(NHKの公式サイトで、クリフハンガーの説明してたのがおもしろかったです)。でないと私、暴れちゃいます(笑)

|
|

« ザ・ホワイトハウス 4-21「スキャンダル」 | トップページ | 春日局 »

コメント

終わりましたねー。
久々にクリフハンガーらしいクリフハンガーを味わったような・・・あぁでも、銃声で終わらなかっただけまだあざとくないかな~。
レックスの勘違いは悲しかったですね。最後の最後で妻を信じきれなかったのが愛だったというあたりが。ほんとに不器用なすれ違い夫婦で、なのにあそこに出てくる四組の中では、お互いに一番欲しあってたようなところがあったのに。
しかしこれで何人亡くなりましたっけ(^_^;)
さすがにポールとフェリシアは無事なようだけど・・・

オトボケトムは、なんだかんだいって夫婦の局面を決めてるところがありますよね。
リネットはそういうところに弱いのかな。

ザックは・・・マイクの息子だったらどうなるかなーって考えたら、スーザンが悩むだけのような気がするので、どーでもいいやみたいな気がしてきました(えええ?)
しかし、意外にはまって楽しんでしまいました。これからドラマの食わず嫌いはしないようにしたいと思います。

投稿: くまぷー | 2006/03/04 02:29

 TBありがとうございますm(_ _)m

 とうとう終っちゃいましたね~。しっかりクリフハンガーでしたが(^_^;見終わったその足で、あっちのサイトであらすじを1話だけ読みました。全話読んでしまうのも時間の問題の気が(笑)

 レックス……(^_^;ため息がでますが。最後の最後まで彼らしかったです。

 気がつくと、重要事項はオトボケ君が掌握してますね(^^)

 実はマイクの子じゃないってことになるんでしょうか、ザック。何が起こるかわからないドラマなので、私も深く考えないことにします(笑)

 ぜひ次シーズンも放送してほしいです。

 こちらからもTBさせていただきましたm(_ _)m

 

投稿: ふみさと | 2006/03/04 16:00

昨日アカデミー賞授賞式がありましたね。
残念ながらリネットことフェリシティ・ハフマンは受賞を逃しましたが・・・。

授賞式放送前に「オスカーカウントダウン」というレッドカーペットへ到着する俳優たちのファッションチェックしたりインタビューしたりする番組があるんです。
そこでフェリシティには、デスパ妻のキャストからのビデオメッセージが届いたんですよ。
(多分その番組がデスパ妻を放送中の局のものだったからかな?)

まずはスーザンとイーディコンビ。
スーザンは妙にハイテンションで、二人とも
「Have fun!」を連発していました。

そしてブリーとガビーコンビ。
「Hi,it's us.」とブリーの落ち着いたあいさつから。あなたがノミネートされて本当にうれしい・・・とかなんとか。

それを見たフェリシティは思わず涙。
「メイクが台無しじゃない~」。

このドラマ、キャスト同士の不仲説が耐えませんが、この涙は演技じゃないと思いたいなあと
しみじみしてしまいました。

投稿: yukky | 2006/03/07 22:00

 フェリシティ・ハフマンは残念でした。

 ビデオメッセージ、そんなことがあったんですね~。
 不仲説はよく耳にしますけど、涙は本物だと、私も思いたいです。
 素敵なエピソードを教えていただいて、ありがとうございましたm(_ _)m

投稿: ふみさと | 2006/03/08 14:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/8908705

この記事へのトラックバック一覧です: デスパレートな妻たち 第23話「終わりの始まり」:

» 米国TVランキング: 2/20(月)〜 2/26(日) [アメリカに暮らす]
2/20(月)〜 2/26(日)のアメリカ合衆国の週間プライムタイムTVランキングをお伝えします。 【参考】 ☆アメリカの2005-2006年TVシーズン番組表:[ネットワーク別] [曜日別] ☆オススメ新番組(2004-2005年シーズン編=Lost、Desperate Housewives他) ※データのある範囲で1000人(または1000世帯)単位まで記してあります。 通常は週2回放送の『American Idol』(FOX系列)が火曜、水曜、... [続きを読む]

受信: 2006/03/03 05:57

» デスパレートな妻たち 第23話「終わりの始まり」 [くまぷーの海外ドラマblog]
【ガブリエル】 ガブリエルはお腹の子供のために、カルロスの裁判で証言する。カルロスはぬか喜びするが、その引換えにガブリエルは子育て全般をカルロスがやること、と宣言する。 浮気を疑わせて愛情を取り戻そうとした、というガブリエルの証言で、差別犯罪ではなさそうだという方向に裁判が傾きかかった時、ジョンが法廷に現れてカルロスの耳元で「あなたは殴る相手を間違えた」と囁き挑発。真相に気づいたカルロスは、�... [続きを読む]

受信: 2006/03/04 02:09

» 「デスパレードの妻たち」シーズン1最終話 [14th month Blog]
ええ〜、ここで終わり〜? てことで、ネタバレ有りの続きを読みたい方はRead more〜をクリックしてくださいvv [続きを読む]

受信: 2006/03/05 00:21

» デスパレートな妻たちのその後 [幸せをくれるテディベア]
3月1日が、第1シーズンの最終回だった話題のドラマ「デスパレートな妻たち」。最終回でありながら、その終わり方が「早く続きを見たい」と思わせる波乱含みの展開で、本当に罪作り!第 [続きを読む]

受信: 2006/03/06 00:25

« ザ・ホワイトハウス 4-21「スキャンダル」 | トップページ | 春日局 »