« ぼくセザール | トップページ | 祝!優勝! »

2006/03/20

功名が辻 第11話「仏法の敵」

 信長様、こわ~い(^_^;

 小りんに命を助けてもらった一豊。それを打ち明けられて、信じると言った千代。側室はいらないという一豊の言葉で、浮気事件も本当に一件落着。

 「生きておると、わしは最後まで信じていた!」と言う秀吉の言葉に、目を白黒させる吉晴と一氏(特に吉晴、目が大きい(笑))。一豊の秀吉観はするどいのか、お人好しなのかどっち?

 秀吉の甥の治平って、後の秀次ですよね。かわいい子なのに~(T_T)

 信長様は、ちょ~っと壊れてきましたか?「雪が降らぬかのう」には家来一同「おい、うちのボス大丈夫かよ」状態でしたが、比叡山焼き討ちには「オー人事、オー人事」でしょう(^_^;

 いけないよなあ、比叡山を攻めるなんて(^_^;

 秀吉が女子どもを逃がしたり、あとで命令どおりにせんでもよい!って怒ったり。ここで信長から秀吉にスイッチだな、一豊。信長にはついていけませんってのの始まりでしょう。

 光秀の加増は、キンカン頭って言っちゃってゴメンネってこと?(笑)

 一豊と一緒に地獄に落ちますって。この夫婦はどんな出来事でも、絆を深める材料にしちゃう(笑)

 半兵衛様の登場がうれしかったです(^^)

|
|

« ぼくセザール | トップページ | 祝!優勝! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/9173679

この記事へのトラックバック一覧です: 功名が辻 第11話「仏法の敵」:

« ぼくセザール | トップページ | 祝!優勝! »