« 種 | トップページ | デスパレートな妻たち 第22話「別れ道」 »

2006/02/22

ザ・ホワイトハウス 4-20「ホワイトハウス封鎖」

 トビーって甘い物好きなの?

 あまりよくわからなかった(^^;前回のエピに比べて、とてもよくわかった(笑)

 予告でひゅ~ひゅ~だったトビーですが、CJをかばう姿は、やはりとてもかっこよかったです(^o^)これ見られただけでもう満足。意外(失礼)だったのはウィル。おとぼけ&お笑い担当が多かったけれど、いざとなると頼もしい。それに比べて危ないのに頭上げちゃったりして、やはりCJはCJ(笑)

 大統領執務室が、あっという間に厳戒体制になっちゃうのはすごかった。みんなの無事を気にする大統領を見ていて、だからみんな命がけでこの人のために働けるんだよねえと思ってみたり。チャーリーとフィダラーさんがシークレットサービスをふりきって飛び込んできたのも、かっこよかったです。

 かっこいいといえば大統領の電話。いろんな言い訳に納得しないロシア大統領に、びしっと本当のことを言っちゃう。これぞTWWの王道。今回は大統領の柔と剛を見せつけられちゃいました。やっぱり主人公は大統領(^o^)

 大統領の「我々はお互いに信じるべきだ」と、CJの「あたしたちを信じる」これがTWWの大きなテーマのひとつなんでしょう。

 サイモンを失ったCJがどうやって立ち直ったのかなとずっと思っていたのですが、答えはこれだったのですね。

 ジョシュの第六感は、あまりたいしたものではないことが判明(^^;ドナがひかれるハンサム君=共和党員っていうのは先週自分で言ってたばかりなのに(爆)あなたの方がと言いつつジョー(かっこいい(^o^))が素敵と思っているのが見え見えなドナとそれを内心穏やかじゃないジョシュ。それでいて、銃声を聞いたジョシュをすごく気遣うドナ。今日のジョシュ&ドナは最高でした(^o^)

 ゾーイがフランス野郎にひかれる理由が判明。でも、それって自分はおこちゃまですって言ってるようなもので、しょせんはお嬢様のわがままにしか思えないのですが(^^;チャーリー、君の価値をわからないような女の子は放っておきなさい……って言っても無駄だろうな。惚れた弱み~。青春やのう(笑)

 パストラミにこだわるレオ。お金貸しての大統領。フィダラーさんはギャンブラー。風船ガムをふくらませ、棒つきのキャンディーをくわえてるトビー(両方とも全然似合ってない(爆)棒を持たないでなめる人って珍しい気が。いや、でも、トビーが棒を持ったら、すご~く変だけど(^^;)、カードをとばすウィルに対抗するトビー。「ウィル、この指何本に見える」「ウィルって僕ですか」などなど、楽しいシーンがいっぱい(^o^)

 「ネコの反射神経」のCJにみせたトビーのほほえみ。あれはなんなんだ?それ意外にも、トビーのCJへの態度がな~んかイミシンなんだけど、気のせいかなあ(^^;

 卵が立ちました!これって『信じる』の象徴?

|
|

« 種 | トップページ | デスパレートな妻たち 第22話「別れ道」 »

コメント

今回はジョー・クインシーことマシュー・ペリーとウィルにしびれましたw
ウィルのカードさばきといつもとは違うスタイル。
フレンズのときとは違う(あたりまえか)マシュー・ペリーの雰囲気。
今エピソードでは2~3話出演して、シーズン5にも出るらしいですから楽しみ。

今回のエピソードはかなりいい感じでした。特にお気に入りの一話になりそうです。

投稿: yukky | 2006/02/22 22:12

 マシュー・ベリーを見たのは初めてですが、かっこいい~(^o^)準レギュラーみたいな感じなのですかね。うれしいです。
 ウィル、かっこよかったです。違う一面が見られて、得した気分です。

 私もこのエピ、お気に入りになりそうです(^o^)

投稿: ふみさと | 2006/02/23 01:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/8785018

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・ホワイトハウス 4-20「ホワイトハウス封鎖」:

« 種 | トップページ | デスパレートな妻たち 第22話「別れ道」 »