« 義経 第48話「北の王者の死」 | トップページ | ザ・ホワイトハウス 4-10「感謝祭の前に」 »

2005/12/06

エミューのとーちゃん

 テレビで見たのですが、

 エミュー(ダチョウみたいな感じのオーストラリアの鳥)は、オスが2ヵ月近くも卵をあたため、雛も育てるそうです。

 あるオスが6個の卵をあたためていましたが、ちょっと外出したすきに、他のエミューに3個食べられてしまいました(^_^;

 でも3個はちゃんとかえって、かわいい雛に。エミューは砂漠をあちこち移動しながら生活するので足がすごく発達していて、生まれてすぐ、立って歩いてました。

 で、ちょっと大きくなると旅の生活に戻るのですが、3羽の雛のうち1羽が迷子に。

 雛はとーちゃんを捜しまわったけれど、見つけることができません。どうなるんだろうと思っていたら、別のエミューとーちゃん&5羽の雛ファミリーが通りかかりました。

 迷子雛はとーちゃんに向かって鳴きました。でもとーちゃんは知らん顔。そりゃそうだよね。よその子だもん。

 すると、迷子雛がするっとファミリーの中へ。みんないっしょぐらいの大きさなので、一瞬のうちにどれが迷子雛かわからなくなってしまいました。

 とーちゃんは別にとがめもせず、みんなを引き連れてどこかへ去っていきました。

 子育て中のエミューの父ちゃんは、こうやってよく迷子雛を引き受けるらしいです。たいていの場合、受け入れてもらえるとか。

 50羽もの雛を引き連れているとーちゃんもいるそうな(爆)

 1羽、2羽なら増えてもわかんないだろうけど、50羽となると、さすがに増えたのは鳥さんでもわかるのではないでしょうか?それとも、一度にじゃなくて、徐々に増えるからわかんないのかなあ。

 「うちの子、こんなにいっぱいいたっけ?……ま、いっか~~(^^)」って思ってるとか?(笑)

|
|

« 義経 第48話「北の王者の死」 | トップページ | ザ・ホワイトハウス 4-10「感謝祭の前に」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/7488153

この記事へのトラックバック一覧です: エミューのとーちゃん:

« 義経 第48話「北の王者の死」 | トップページ | ザ・ホワイトハウス 4-10「感謝祭の前に」 »