« おなべ | トップページ | エミューのとーちゃん »

2005/12/05

義経 第48話「北の王者の死」

 淡々と……

 淡々淡々淡々淡々淡々淡々淡々淡々淡々淡々淡々淡々……と終わってしまった今日のおはなし。

 やっとたどりついた平泉、せっかく高橋英樹なのに、もっと時間をかけてほしかったなあ。

 なんだか最終回の1回前の駆け足ってカンジ。ここんところせっかく2回ほど力入ってたのに(^_^;

 継信と忠信の死だって、父上に大出俊を出しておきながら、たったあれだけ?もっと盛り上がらんかねえ(^_^;どういうふうにして亡くなったとか、言わないのかなあ。

 吉次の報告のシーンも、なんかいまいち。しかし、弁慶気づけよ(^_^;ばればれじゃん、男の子だったって。でも、ひょっとして、この赤ちゃんって生きてるんじゃないでしょうか?砂浜に埋められちゃったところを、千鳥と杢助が助けてるとか。違うかな(^_^;

 そんな中で、『北の王者』高橋英樹はさすがでした(^^)柔和な笑顔の次の瞬間眼光鋭くなってるし。頼朝と渡り合う姿はとても頼もしい。

 義経くんはあいかわらず、『新しき国』。屏風にもまたお目にかかりました。秀衡にも熱く語っておりましたが、秀衡は「九郎殿も器が大きゅうなられた」……ここだけ目が曇ってる(笑)

 義経が「恩のある御家のために一命を賭して戦いまする」とか言ってましたけど、戦わなきゃいけないのは、あ・な・たのせいです(^_^;

 『北の小心者』渡辺いっけいは、目がきょときょとしてたのが、すごくらしくてよかったです(^^)

 来週はいよいよ最終回。どうか盛り上がりますように。

|
|

« おなべ | トップページ | エミューのとーちゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/7472326

この記事へのトラックバック一覧です: 義経 第48話「北の王者の死」:

» 義経(第48回)「北の王者の死」 [40代の私にとっての最新情報・重要ニュース]
先週の視聴率は15.0%。いまいち盛り上がってこないな。 来週で、いよいよ最終回、師走のおとづれですね。 【視聴後の感想】 歴史にもしは、言ってはならぬことだが、もし藤原秀衡(高橋英樹)がもっと長生きしていたら、もし、泰衡(渡辺いっけい)が秀衡ほどの器量が...... [続きを読む]

受信: 2005/12/05 06:30

» 第48回 「北の王者の死」 [徒然なる日記]
苦労のすえやっと平泉に着いた義経一行。 それを温かく迎える藤原秀衡。 それにしてもいつまでも“清盛の屏風”が出てきますね 平泉でもちゃっかり登場。 そして“理想の国”を未だに夢見る義経。 頼朝に追われている立場なのに、理想の国とか夢を見ている暇じゃな...... [続きを読む]

受信: 2005/12/05 22:28

» 義経「北の王者の死」 [Patra Ichida @ Blog]
藤原秀衡の温情溢れる眼差しに出迎えられた義経主従はさぞ「ホ」とした事だろう。 「何も申されるな・・・何もかも全て飲み込んでお引き受けする」なんという男の余裕と度量。 義経さんの夢の国の話さえ笑みを持って「ここで鎌倉とは違う新しき国を目指してみるか?」 ....... [続きを読む]

受信: 2005/12/06 17:25

» 「奥州 藤原 三代 全3話」 [酔想 『歴史・雑学・お酒・本・パソコン・時事通信・etc』]
突然すみません。「義経」に通じる「奥州 藤原氏」綴ってみました。 のちの奥州「伊達政宗」も、part5まで出来ました。トラバさせてください。 よろしくお願いします。もし重複の節は、お許しください。他の武将のテーマも多数あります。 ご覧いただければ幸いです。... [続きを読む]

受信: 2005/12/11 15:53

« おなべ | トップページ | エミューのとーちゃん »