« のだめカンタービレ キャラクターBook | トップページ | 大好き!海外ドラマ »

2005/11/12

CSIマイアミ 第8話「一家惨殺の怪」

 いつにもましてひどい事件……

 以下ネタバレです。

 父親、母親、16歳の長男、9歳の次男、6週間の三男が撃たれ、父親以外は全員死亡した(17ヶ月の長女は無事)。

 犯人が外部侵入者じゃなかった。

 犯人は父親だった。

 父親は長男に撃たれまいと、赤ちゃんを盾にした。

 父親は妻に罪をなすりつけようとし、それが失敗すると、精神障害を装って罪を逃れようとしている。

 絶対父親を有罪にしてと、思わずコブシを握りしめてしまった今回のエピでした。

 家事を放棄した母親、家庭をかえりみない父親の代わりにきょうだいの面倒をみて、父親からきょうだいを守ろうとした長男のルークと、熱があって学校を休んでるのに弟のミルクの用意をしていた次男のティモシーがかわいそうでなりません。もちろんたった6週間で命を絶たれてしまった赤ちゃんも。

 母親にもかなり問題ありだけど、父親が協力するとかすれば、状況は違っていたんじゃないかな。

 それと根本的問題として、育児がいやなのに、どうして4人も子どもがいるんでしょう?

 今回も犯人をあぶりだした科学捜査は見事だったけど、やりきれなさマックスな事件でした。自分の子どもを殺すなんて信じられません。

 壁にはってあった子どもの絵に"I LOVE DAD"って書いてあって、写真たてにも"I LOVE DAD"って書いた紙を持って笑ってる子どもの写真があったけど、あれはやっぱり伏線だったんだ。

 かなしい……。

|
|

« のだめカンタービレ キャラクターBook | トップページ | 大好き!海外ドラマ »

コメント

ふみさとさん、こんにちは。
TBさせていただきました。

>父親は長男に撃たれまいと、赤ちゃんを盾にした。

こんな卑劣な父親に、厳罰が下ることを願うばかりです。

"I LOVE DAD"が、哀しいですね。
残された娘も不憫で仕方ありません。

投稿: KEI | 2005/11/13 09:43

 TBありがとうございます。

 こういうエピソードは悲しいし、腹が立ちます(^_^;あの女の子もほんと不憫です。

 ドラマの設定上しょうがないですけど、CSIってやりきれない話が多いですね……。

 こちらからもTBさせていただきましたm(_ _)m

投稿: ふみさと | 2005/11/13 15:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/7052910

この記事へのトラックバック一覧です: CSIマイアミ 第8話「一家惨殺の怪」:

» CSI:マイアミ 1-8 「一家惨殺の怪」 [There for you ]
あまりに凄惨な事件でした。 AXN CSI:マイアミまだ小さな女の子以外、彼女の母親、16歳と9歳の兄、そして...まだ6ヶ月の弟まで銃で撃たれ犠牲になる事件が発生。 犯人は、父親。 うつ状態で育児と家事ができない状態の妻と4人の子供を抱えた状況がどんなに厳しくても、その命を奪うなんて。 逮捕されたものの、精神異常を理由に無罪を訴える。 判事が、ホレイショたちのように、彼の嘘を見抜いてくれることを願うばかりです。 あの1人残された女の子が、将来、その真実を知ったらと思うと、こ... [続きを読む]

受信: 2005/11/13 09:36

« のだめカンタービレ キャラクターBook | トップページ | 大好き!海外ドラマ »