« 11月のスカパー | トップページ | デスパレートな妻たち 第6話「火花散らして」 »

2005/11/02

火垂るの墓

 実写版『火垂るの墓』が放送されました。

 あの例の『おばさん』が主人公で、松嶋菜々子主演で制作されるっていうのを聞いて、え~っ(^_^;と思ってしまい、見るつもりはなかったのですが、つい録画して見てしまいました。

 きちんと見ていない(早送りで半分くらいにセルフダイジェストしてしまった)ので、ドラマについてあれこれ言う資格はないんですが……。

 実写で映像化されると聞いて、え~っ(^_^;と思ったのは、原作と別物になるだろうなと思ったからです。松嶋菜々子だし、おばさんは美化されるのだろうと。

 『火垂るの墓』のあのいじわるおばさんを主人公にして、おばさんにもいろいろな事情があったのよってことにして、何の得があるのかなと。

 やさしかったおばさんも鬼になる。それが戦争なのっていうのはたしかにわかりやすくて、戦争しちゃいけないって見てる人の心をうつけれど、それはもはや『火垂るの墓』じゃない。やるならどこかほかでやってくれ。

 おばさんはほんとはいい人で、彼女もまた戦争の犠牲者なんだって解釈は、清太と節子の死には似合わない気がします。

 清太と節子の演技がすごく上手だっただけに、ストレートに原作どおりにしてほしかったな……。

 せっかくの感動のドラマに文句をつけてしまって、ごめんなさいです。お読みになって不愉快に思われた方々、おわび申し上げますm(_ _)m

 『火垂るの墓』(原作)は、ちょうど多感な時期に読んで、舞台が神戸だし、思い入れがあるのです。

|
|

« 11月のスカパー | トップページ | デスパレートな妻たち 第6話「火花散らして」 »

コメント

私は途中(節子達が家を出たあたり)からみたのですが、ふみさとさん同様原作どおりにして欲しかったですね。
まぁ、ドラマを作った側にしたら松嶋演じるおばさんも戦争の犠牲者だ、それほど戦争は人の心を鬼に変えたりさせる恐ろしいものだっていうのを伝えたかったんでしょうがね...。
正直、ドラマよりアニメの方が泣けました。
蛍もいかにも合成って感じでしたし(汗)

投稿: 進さん | 2005/11/03 23:04

 制作側の伝えたかったこともよくわかるのですが、やっぱり違和感ありました(^_^;

 おばさんが娘に「死んだら負けよ」っていうシーンがありましたけど、じゃあ清太や節子は負けちゃったのか?いったい何に?って(^_^;
 
 あと、節子のお骨をラストで散骨してましたよね。あれがすごく?でした。

 蛍はとっても合成でしたねえ……(^_^;

投稿: ふみさと | 2005/11/04 01:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/6842279

この記事へのトラックバック一覧です: 火垂るの墓:

« 11月のスカパー | トップページ | デスパレートな妻たち 第6話「火花散らして」 »