« 6万ヒット御礼 | トップページ | CSIマイアミ 第3話 「漂流 新月の闇」 »

2005/10/08

白線流し ~夢見る頃を過ぎても~

B00005YWD8白線流し DVD-BOX
長瀬智也 酒井美紀 京野ことみ

ポニーキャニオン 2002-04-17
売り上げランキング : 10,386

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 連ドラのときからずっと見ていた『白線流し』が最終回を迎えました。いろいろと感慨深かったです。

 前回のスペシャルの感想はこちらにあります。

 渉と美里の結婚生活はふたりのキャラもあるのかもだけど、なんか静かっていうか淡々としてます。しぐさや言葉のはしばしに幸せが感じられるんだけどね。

 美里が病気になり、まどかから指摘されて渉は初めて知ります。保険証が別々だってことに。ふたりで書いた婚姻届を、美里は出していなかったのです。

 「やっぱり別れよう」っていつか言われる気がして。園子が渉の心の中にずっといることも美里は知っていました。それは結婚前からわかってたけど、いつか思い出になるんだろうって美里は思ってた。だけど……。渉は言います。「もう過去のことだ」

 同じようなことを渉は園子にも言っていました。渉にとって大切な場所である天文台が閉鎖されるかもっていうことに、しかたないって。「思い出にしちゃってもいいの?」「ああ」まだ星の勉強を続けているのにね。

 美里はスリランカで子どもたちに星の話をしていた渉のことを好きになった。いつまでも星を見続けていてほしい。と言い遺して亡くなります。

 渉が結婚した理由は、家族がほしかったから。『好き』が先でそれから『家族になりたい』だろうってつっこまれますが、家族が先もアリだって。

 美里も告白します。家族がほしかったって。ひとりになるのがいやで、目の前にいた渉にすがってしまった。ごめんなさい。

 この美里の告白と、渉の中に園子がずっといることを理解しながら、園子に天文台のことを託した(これは渉のことを託したのと同義でしょう)こと、そして渉に園子の手紙をわたしたことは、美里亡き後の渉と園子の関係への免罪符になってると思います。

 「夢がかなうと日常になる」園子のこの言葉が、胸にひびきました。

 「高校生の頃の自分が今の自分を見たら、なんて言うだろう」

 最終回も、7人はいろいろ思い悩み、もがいていました。とっても彼ららしいけど。

 優介は園子にまたふられちゃうし(^_^;『人を助けたい、守りたい』って警官になった慎司は、家族を守らなきゃいけないことに気づきます。

 園子の教え子の加奈と豊をおばあちゃんちへ迎えに行って、園子は渉と自分、慎司はまどかと自分の高校時代を思い出していたんでしょうね。慎司はたぶんこれがきっかけで、警官をやめたんだと思う。

 今回みんな白線を流した原点にかえって、自分を見つめなおしたってことになるのかな。そしてこれからまたまっすぐ前を見て、人生を歩んでいく。

 最後に園子の胸で渉が泣きます。やさしく背中をさする園子。

 ラストシーンは笑顔の加奈に見守られた豊の、跳躍のストップモーション。『白線流し』(あるいは白線)は若い世代にもずっと受け継がれているってことかな?『空も飛べるはず』って信じて、若人は夢にむかい飛翔する(^^)

 美しい自然を背景に描かれた7人の物語は、これからも永遠に続いていくのでしょう。

|
|

« 6万ヒット御礼 | トップページ | CSIマイアミ 第3話 「漂流 新月の闇」 »

コメント

初めまして、ねこ茶と申します。
ストーリーがとてもわかりやすく書かれてるなと思ったので、トラックバックさせて頂きました。

投稿: ねこ茶 | 2005/10/08 16:46

 こちらこそはじめまして(^^)TBありがとうございますm(_ _)m

 自分的にとても思い入れのあるドラマでした。終わってしまったのは残念です。でも、終わり時も大切だと思うので、しょうがないかなと……。

 こちらからもTBさせていただきましたm(_ _)m

投稿: ふみさと | 2005/10/08 21:28

コメント謝謝!
この曖昧さが、10年続いた秘訣なのかもしれませんね???今回はうまく軌道修正されておりました。

投稿: うぞきあ | 2005/10/09 10:04

 こちらこそコメント&TBありがとうございますm(_ _)m

 『あいまいさ』、けっこう好きだったりします。もどかしい思いをしながら見るのに慣れました(笑)

投稿: ふみさと | 2005/10/09 23:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/6306160

この記事へのトラックバック一覧です: 白線流し ~夢見る頃を過ぎても~:

» 白線流し 〜夢見る頃を過ぎても〜 [うぞきあ の場]
シリーズ放映から、10年が経ちました。 今回が最終章だそうです。 (前作について) 前にも述べたが、時代の流れを反映するかのごとく、 泥沼にはまっていく若者達のように、ストーリーも泥沼化。 スペシャル化が失敗していくかのようなの感が大きかった。 果たして軌道修正できるのか? ここで終わっといた方が良いのではなどとまで考えた。 (今回について) スタッフは、今回のス�... [続きを読む]

受信: 2005/10/08 20:45

» 白線流し~夢見る頃を過ぎても~ [ラテログ]
10/7(金)に放送されたドラマ「白線流し~夢見る頃を過ぎても~」の感想など。  最初に言ってしまえば、前回のスペシャル、「白線流し~二十五歳」の出来があまりにも…だったせいか、なんとか最後に持ち直し... [続きを読む]

受信: 2005/10/08 22:31

» 白線流し [徒然なるままに]
ついにドラマ白線流しが完結してしまいました。 思えば連続ドラマとして見たのが1996年1月なので、もう10年近くになるんですね。 それからスペシャルドラマとして5回。 出演者が現実に成長していくのと同じようにドラマの中の役も年を重ね成長していく。 こういうドラマはなかなか珍しいですよね。他には「北の国から」くらい!? ドラマの出演者とはあまり年が変わらないので、いつも出演者が... [続きを読む]

受信: 2005/10/09 00:10

» 白線流し〜夢見る頃を過ぎても(ネタバレあり) [愚妻ねこ茶のはろはろ雑記]
「白線流し〜夢見る頃を過ぎても」公式サイト とうとう終わりました。 連続ドラマ〜単発ドラマ4本を経て今回、ついに最終章。 大好きでした。 大好きで、すごく思い入れのあるドラマです。 公式サイトの書き込みにもあったけど、私にとってドラマの枠を超えた「何か」だった気がします。 登場人物が自分と同世代だし、舞台は(主に)松本。 自分が生まれた病院まで出てきたらそりゃあオーバーラップしますよ(笑)... [続きを読む]

受信: 2005/10/09 01:25

» 白線流し<最終章> 〜夢見るころを過ぎても〜 [いわぴいのドラマ日記]
 ラストシーン、やっぱり感動してしまいましたね!渉がやっとあの天文台で働いている姿を見ることができました。よく考えたら10年前のすべてに希望を失っていた渉のことを思い出すと信じられないですよね。最後の最後で夢がかなった渉、今は本当に幸せなんでしょう。本...... [続きを読む]

受信: 2005/10/10 16:50

» 『白線流し〜夢見る頃を過ぎても』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
まだ微熱が下がらない。昨日、職場のコたちとの飲み会に参加して、喋りすぎたのが原因か、一旦は収まっていたのに、また喉が痛くなった。だって、久しぶりだったんだもの…。ちょっと無理しちゃった。 頭がすっきりしないので、まだ『空中庭園』と『8月のクリスマス』の感...... [続きを読む]

受信: 2005/10/16 11:55

« 6万ヒット御礼 | トップページ | CSIマイアミ 第3話 「漂流 新月の闇」 »