« 意外なお宝? | トップページ | デスパレートな妻たち 第2話「それぞれの秘め事」 »

2005/10/05

ザ・ホワイトハウス 4-2「アメリカの挑戦(後編)」

 今日は『かっこいい!』がいっぱい(^^) 

 『かっこいい!』その1  決して解雇理由を言わなかったフィダラーさん。

 ただのアルパカおばさんじゃなかった。言わなかったのは、チャーリーのためはもちろんだけど、元雇われ先のためにってこともあるのかな?秘書の守秘義務とか。
 理由を言い当てた大統領にも、走っていった大統領にも感動しました。それに比べて人事部のあいつの情けなさといったら(^_^;
 フィダラーさんが秘書に採用。ランディハムさんのように大統領を包み込んであげるお姉さんみたいなやさしさはないかもだけど、彼女なりのやり方で大統領を支えてくれそうです。


 『かっこいい!』その2  アンソニーをさとしたチャーリー。

 激しい(壁にゴン&乱暴な言葉づかいも含めて)チャーリーって初めて見た気がします。迫力満点だし、説得力あるなあ。それに心がこもってる。チャーリーは自分も経験者(お母さんが殉職してる)から、アンソニーをどうあつかったらいいかがよくわかるんだと思う。CJはどうしてもアンソニーに『ごめんなさい』の気持があるから、強く出られないんじゃないかな。
 CJのフォローもナイスでした(^^)しかし、チャーリーのデスクには写真がひとつもないっていうのが、ここにつながってくるとは。こういうところ、好きだなあ……。


 『かっこいい!』その3  トビーとジョシュを叱りつけたドナ。

 『ふたりの頭をはちあわせたい』やってやって~(笑)ドナの普通の人としての視線っていうか物の見方は、このドラマのスパイスのひとつだと思いますが、いやあ、今日のはすごいパンチ。きいたー。学費がもうちょっと安くなればっていうおじさんの話、ソッコウきいてあげてたもんなあ。そして、ラストのトビーの言葉にもつながったと。ふたりともよ~く反省したんだ。トビーはちょっとかっこよかったかもだけど、浮かび上がるホワイトハウスに負けてた(笑)


 『かっこいい!』その4  自分も罪を背負うと言った大統領。

 ひゃ~、なんだかクマーはこわいなあ。アメリカがやったって知ってて、よその国のせいにするのか(^_^;きっぱりと、自分も同罪だって言った大統領、すごくかっこいい。こんなこと言われたら、絶対あなたについていきますって思っちゃうよね。

 
 自分が本当にやりたいことは他にあるんだってことに、サムは気がつき始めたのかな。裏方より、政治の表舞台に立ちたいみたい。これって伏線?

 乗り込んだ列車は見事に反対方向へ。どうして帰る道がわからないんだって大統領もあきれてましたが、ふたりとも、ドナがいなきゃ帰ってこれなかったぞ。

 上級スタッフの迷子に、ファーストレディーの失言。株の暴落、パイプ爆弾、クマー……と初回からトラブル続出。これからどうなっていくんだろう。

 サムとマロリーのせりふに出てきた『カオス理論』ですが、同時期に放送だったER9-1のタイトルが「Chaos Theory」。ラストでカーターとアビーのせりふに出てくる。たんなる偶然かな?

|
|

« 意外なお宝? | トップページ | デスパレートな妻たち 第2話「それぞれの秘め事」 »

コメント

ふみさとさん、こんにちは。

本当にカッコいいPlotばかりのエピでしたね。
TWWが大好きだと、しみじみ感じます。

TBさせていただきました。

投稿: KEI | 2005/10/05 10:28

こんにちは。TBさせていただきました。

私の言いたいことが全部書いてある~♪という感じです。ほんとにかっこいいエピでした♪

投稿: grace | 2005/10/05 12:55

 TBありがとうございますm(_ _)m
 こちらからもTBさせていただきましたm(_ _)m

>KEIさん
 かっこよかったです!TWWのファンでよかったって思ってしまいました(^^)

>graceさん
 後編でぴっちりまとめてくれましたよね~さすがTWW(^^)

投稿: ふみさと | 2005/10/05 15:24

こんにちわ。TBありがとうございました。ラストシーン、素敵でしたね♪♪
新しい秘書フィダラーさんも、とぼけていながら芯の通った女傑のようで、これから楽しみ。
こちらからもTBさせていただきました。

投稿: ドゲモニ記者A | 2005/10/06 14:36

 こんばんは(^^)TBありがとうございますm(_ _)m

 ラストかっこよかったです。これだからTWWってやめられません(^^)

 フィダラーさん、今までスタッフにいなかったタイプの人だし、楽しみですね!

投稿: ふみさと | 2005/10/07 00:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/6257600

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・ホワイトハウス 4-2「アメリカの挑戦(後編)」:

» ザ・ホワイトハウス S4-2 「アメリカの挑戦(後編)」20 HOURS IN AMERICA ... [Josh & Donna:The West Wing B...]
しみじみと心に沁みるエピソードでした。 とても効果的に使われていた挿入曲は、"I don't like Mondays."by Tori Amos 作曲は、Boomtown Rats 前編でドナが話していた曲ですね。 本国ファンサイトBartlet4Americaから Drama Diary Season4 TOP ザ・ホワイトハウス掲示板大恐慌時代の大統領フーバーと握手した人物と今は握手したくない大統領に もちろんキャンセルするべきですよと助言するチャーリー。 クス... [続きを読む]

受信: 2005/10/05 10:24

» TWW S4-2 20 HOURS IN AMERICA PART II [Grace's "The West Wing"]
いいエピだ、ほんとにいいエピだ。サムがめちゃくちゃかっこいい♪ アンソニーのBig Brotherの件や、デビーの件で見せた彼の優しさ、ブルーノにfreak!と言わせたライターとしての才能、ジョシュの能力に感服する素直さと、I've got to get back in there.と言って見せた野心。でもやっぱり彼は、女性陣にSchmutzy pantsと呼ばれてからかわれかわいがられるキャラなんですよね♪ そこがたまりません。 キャンペーンのことしか頭になくて、大事なことを見失っているトビ... [続きを読む]

受信: 2005/10/05 12:53

» 今日の海外ドラマ 『ザ・ホワイトハウス』S4・アメリカの挑戦(後) [みっかぼうず。]
リアルタイムで一度さらっと見ての感想。 前編の珍道中のオチはこうなったか。さすがドナ。 ドラマを見ていて、スタッフたちの働きに感心しながらも こんな密室で口先八寸的に物事を決めてしまっていいのかとも思っていた。 (もちろん、そうする為に調査は怠りないだろうが) いくつも乗り物に乗って、いろんな人に世話になったけど、 あなたたちを除いてだれも選挙戦の話なんてしなかった。 ウェストウ... [続きを読む]

受信: 2005/10/06 14:30

« 意外なお宝? | トップページ | デスパレートな妻たち 第2話「それぞれの秘め事」 »