« デスパレートな妻たち 第5話「招かれざる客」 | トップページ | CSIマイアミ 第6話「魔の手」 »

2005/10/28

悪魔はささやく

 ひめかさんのblogを拝見して、自分もFic(ファンフィクション 二次創作)についてちょっと考えてみました。

 以下、ERシーズン11までのネタバレです。

 私がERのFicを書き始めたのは2003年10月。

 その年の5月くらいから突然ERにはまり、ゴーマンで毒舌全開、でもやさしくて男らしいロマノが大好きになってしまったんです。彼のややこしい性格はとっても私のツボ(^^)シーズン9の展開を知ったときは、かなり衝撃を受けましたがなんとか立ち直り、9月の本国でのシーズン10の始まりを楽しみにしていました。春にADSLにしたので、海外のサイトもつなぎ放題。ロマノのファンサイトを見つけたし、ER関係のBBSものぞき見したり。

 そんなある日のこと、BBSにネタバレが。『10-9でロマノのお葬式がある』

 信じられない思いであちこちのBBSを駆けずり回りましたが、それは本当でした。

 誇り高い外科医ロマノの腕を切断しただけでは足りず、ヘリコプターの下敷きにして殺してしまうなんて。悲しみと怒りと……ロマノが死ぬなんていやだ。

 でも、ロマノは死んでしまいます。感謝祭の日に。それはどうにもできない事実でした。でも、私はどうしてもいやだったんです。ロマノが死んでしまうのは。

 そのとき、悪魔がささやきました。
 「いつも考えて遊んでる脳内Fic、あれ書いちゃえよ」
 「でもあんな妄想の産物を公の目にさらすの?」
 「サイトにUPしないと、お前のことだ。永遠に書きあがらないだろう」
 「そんなことないもん」
 「うそつけ、いっぱいあるくせに。まず……」
 「あわわ、もういい。わかった」

 10月4日に、ロマノが死なないで幸せになる話『THE GENTLE DRAGON』の第1話を時代劇サイトなのに(笑)UP、最終話の第22話をUPしたのが11月9日。たぶん原稿用紙で350枚を越えてると思います。せりふだけだと、この量をこのスピードで書けるんだあ……(^_^;でもね、直したいところがいっぱいあるんです。勢いにまかせて、書いてはUPしていたもので。

 書き上げてほけっとしていたら、本国での10-8、9の放送が迫ってきて……たまらなくなった私は『SIDE STORY』を書き始めてしまいました。

 決定的シーンを海外サイトで見てしまって、11月末から1月始めまで、10話UPしてます。

 次のラッシュはシーズン9をBS2で放送していたとき。腕をけがしたロマノがいろいろ苦しんで、ファンとしてはとてもつらかったんですが、半年間で20話UP(^_^;

 その次は記憶に新しい今年の春、シーズン10のスタート。5月のロマノの死をはさんで、4月のはじめから8月の半ばまでに14話書きまくり(^_^;

 こうやってみてみると、あらためて、自分がFicを書くのは『現実逃避』と『いやし』のためなんだなってことがよくわかります。

 ロマノの腕のけがと死を乗り越えられたのは、Ficのおかげです。自分の心の中ではFicがパラレルワールドとして存在していて、ロマノは今も元気で活躍してます。よく考えると、ちょっとアブナイかも(笑)

 そういえばTWWのサイモンのときもそうだった(^_^;

 でも、オリジナルキャラが主人公という、もういきなりオキテ破りのせいか、ロマノの経歴も勝手に作ってしまって、知らない人はいっぱいでてくるし、われながらやりたい放題であきれちゃいます(笑)そういえば、ルカとアビーもくっつけちゃったっけ(^_^;

 ルカは好きなキャラです。ロマノがいなければ、きっとルカに転んでいたでしょう。陰のある人は好き(^^)で、そのルカがシーズン9であまりにかわいそうだったので、つい、できごころで(^_^;これはルカ、アビー、カーター、それぞれのファンの方々から袋叩きにあうお叱りを受けるかと思ったのですが、無事に過ごしています(笑)

 Ficを書いていたらオリジナルが書けなくなるとよく言われますが、ほんとそのとおりだなと思います。Ficの場合、舞台と登場人物は読んでくださる方の頭の中にもう設定済みです。ERの受付でのロマノとケリーの言い争いも、せりふを書くだけで、シーンを想像していただける。書くほうとしてはとても楽です。あと、ファンどうしということで、読んでいただいてる方と物語を共有できるのも、とても楽しい(^^)楽しすぎて、オリジナルを書きたくなくなるというのは、よくわかります。

 でも私の場合、Ficはいろいろ実験の場でもあったりするのでした。年は食ってるんですが(笑)創作歴は浅くて、4年くらい。サスペンス風とかラブコメ風とか、主人公苦悩とかいろいろテーマをもうけて書いてることもあるんです(ナイショなんですけど……どこがナイショやねん)。実験が失敗に終わってるのも多々ありますが(^_^;

 そういうこともあり、また上にも書きましたけど、リュウイチはじめオリジナルキャラも多いし、ロマノの過去とかも全部作っちゃってるので、自分的にはFicであってFicでないっていう存在です。

 好き勝手に書いている私ですが、元のERというドラマに対して、後ろめたさと罪悪感はずっと感じています。Ficを書いていく上で、その気持はなくしちゃいけないと思っています。へー、あれで歯止めになっているのかと思われた方、知らんぷりしておいてください。

 これからも、妄想が続く限り書いていきたいと思いますので、またどうぞ読んでやってくださいませm(_ _)m

|
|

« デスパレートな妻たち 第5話「招かれざる客」 | トップページ | CSIマイアミ 第6話「魔の手」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/6709311

この記事へのトラックバック一覧です: 悪魔はささやく:

« デスパレートな妻たち 第5話「招かれざる客」 | トップページ | CSIマイアミ 第6話「魔の手」 »