« 昆布茶 | トップページ | クラシック・ピアノ名曲辞典 »

2005/10/22

CSIマイアミ 第5話「心の十字架」

 なんともやりきれないお話……(T_T)

 以下ネタバレです。

 壁に髪の毛がついてたから、母親が父親に暴力をふるわれたのかなと思ったら、やっぱりそうだった。キャメロンが神父殺しの犯人じゃないとわかってほっとしてたのに、母親を助けるために父親を殺しちゃってたなんて。

 神父さんに告白しなければ、第2の殺人はおこらなかった。前にWATで、精神科医に殺人を告白しても、犯罪を繰り返す恐れがないときは通報の義務がないってことに驚いたのですが、神父さんもそういうのがあればよかったのに。

 母を守ろうとした息子、息子を守ろうとした母による、かなしい殺人事件でした。それに比べて、おなかの中の自分の子どもごと恋人を焼き殺しちゃったあの男、なんて身勝手なんだろう。証拠がなくて、野放しってのが悔しい、許せない(--〆)別のエピソードで、この男がつかまるといいんだけど。

 赤ちゃんの2年後の写真を男に突きつけて、この子の誕生日ごとに訪ねて行ってやる、お前を絶対刑務所にぶちこんでやるっていうホレイショの言葉にじーんとしました。もっと感動したのは、その写真を、教会で聖母子像の足元に置いたことです。あの微笑、素敵だった(^^)回を重ねるごとに、ホレイショに惚れ直してしまいます。

 メーガンもだんだん好感度がUPしてきてます。ただ今回は、嬉々として神父さんがどう撃たれたかって説明するカリーにちょっとひいちゃいました(^_^;

|
|

« 昆布茶 | トップページ | クラシック・ピアノ名曲辞典 »

コメント

ふみさとさん、こんにちは。

何ともやりきれない事件でしたね。
被害者に同情してしまう事件が1番見ていて辛いかもしれません。

母子が被害者となった事件も、ホレイショの執念がいつか実ることを願っています。

事件の大きさを競うスピードル&デルコは、まだ微笑ましかったけれど、
喜々として"串刺し”するカリーは引きますよね(苦笑)

TBさせていただきました。

投稿: KEI | 2005/10/22 11:21

 TBありがとうございましたm(_ _)m

 つらいエピソードでした(T_T)子どもが犯人だなんて……。

 絶対にあの男は逮捕してほしいです!

 「男の子ってどうして負けず嫌いなのかしら」で笑えましたけど、カリーはねえ(^_^;


 こちらからもTBさせていただきましたm(_ _)m

投稿: ふみさと | 2005/10/22 16:23

こんばんは。
先のコメントを訂正させてください。

>被害者に同情してしまう事件が1番見ていて辛いかもしれません。

のところ、被害者じゃなくて容疑者です。
失礼しました。

投稿: KEI | 2005/10/23 02:12

 あ、ぜんぜん気づきませんでした。自分で被害者→容疑者と読み替えてたみたいで(^_^;
 ごていねいに、どうもですm(_ _)m

投稿: ふみさと | 2005/10/23 03:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/6510052

この記事へのトラックバック一覧です: CSIマイアミ 第5話「心の十字架」:

» ANN CSI:マイアミ 1-5 「心の十字架」 [There for you ]
どちらも居た堪れない事件でした。 担当する事件の大きさを争うスピードルとデルコは可愛かったけれど、その悲惨さを思うと…(苦笑)神父が銃殺された。 犯行に使われた弾を手するカリーの嬉しそうな顔。ちょっとゾッとする瞬間。 極めつけは、弾がどこをどう通ったか遺体を串刺し。 目そらしたのに生々しい音が… 容疑者は、少年…教会の侍者を務めている子だった。 しかし、真実は、少年が暴力的な父の母への乱暴を止めようとして父を殺害。 罪の意識から神父に相談すると、神父は警察への出頭を勧め... [続きを読む]

受信: 2005/10/22 11:12

« 昆布茶 | トップページ | クラシック・ピアノ名曲辞典 »