« クラシック・ピアノ名曲辞典 | トップページ | ポット »

2005/10/24

義経 第42話「鎌倉の陰謀」

 人はそれを謀反と言う……

 子どもの頃、義経の物語を読んで、頼朝っていじわる、義経かわいそうって思いました。地元に住んでたこともあって平家びいきだったので、義経のファンってことはなかったでしたけど、それでも、おにーちゃんにイジワルされて殺されちゃう義経はかわいそうで、そのあたりのお話はあまり好きじゃなかったです。

 今回大河で、義経と頼朝が袂を分かっていった過程がどういうふうに描かれるのかなと、とても興味があったんですが、ひとことで言うと、よくわかんないです(^_^;

 義経が情を求めているのを知っていながら、それを断ち切るような仕打ちをして、都へ追い払う。そして今度は、法皇様と結託して謀反を起こすんじゃないかと心配。追い払ったのは自分だろ~。

 所領を取り上げたら自分の御家人じゃないし、第一どうやって生きていくんだ。自分からお前とはさよならって言ったってことじゃないの?

 義経が謀反を起こすようにどんどん仕向けてる気がするんだけど、気のせいかなあ?頼朝はあんなに賢いのに、どうしてそういうことするんだろ。

 心の中であかんべえをしながら、頭をちょっとなでなでして、「側におれ」っていって鎌倉においておけば、弟は子犬みたいにどこまでもついてくるだろうに……。

 頼朝の行動がわかりません。

 政子に、こうなることはわかっていたはずみたいに言われてましたが、わかっていてやったのなら、あの『血の涙』はなんなんでショー。

 それと義経。行家に指摘されるまで、『兄上とは別に新しい国を作る』ってことが『謀反』とみなされることに気づいてなかったのは、それはないだろうって思っちゃいました。見慣れた義経のリアクションですが、この期におよんではもうつかえないでしょう(^_^;

 景時が仏具を買いに上洛した件だって、すぐにぴんとこなきゃあ(^_^;弁慶も(^_^;

 今回の大河の郎党は、どうしていつまでたっても『義経と愉快な仲間たち』なんだよ~。

 政子どのの悪女ぶりもランクアップですが、僕が弟とケンカしたのは、みんな妻のせいですって言い訳みたいだ(笑)

|
|

« クラシック・ピアノ名曲辞典 | トップページ | ポット »

コメント

TBさせて頂きました。

本当に今回の「義経」、なぜ兄弟が仲違い(?)したのかその過程が曖昧でよくわかりませんね(汗)
で義経の事になると、政子がしゃしゃりでてくるし...。
頼朝のしている事を見たら、どうみても自分に謀反をおこしてくださいって言ってるようなもんですよね。
大河「義経」の中で一番、不可解な人物は頼朝かもしれません。

投稿: 進さん | 2005/10/24 12:10

 TBありがとうございますm(_ _)m

 なんかよくわかんないです。決裂の原因。政子どのが出てくるともっとあいまいになるというか、ピントがぼけちゃう感じで(^_^;

 こちらからもTBさせていただきましたm(_ _)m

投稿: ふみさと | 2005/10/24 14:47

遅くなりましたがTBさせて頂きましたm(__)m

「私の新しき国を作る」
飛ぶ鳥を落とす勢いで国づくりをしている鎌倉の情勢を鑑みるに、それも分からないで何を言ってるんだね、と。甘ちゃん九郎君は、と...(><;

投稿: 睦月兵馬 | 2005/10/30 17:57

 TBありがとうございますm(_ _)m

 今回の義経は、いつまでも甘ちゃんですね。もうそんなことを言っていられない状況になってると思うんですが(^_^;

 こちらからもTBさせていただきましたm(_ _)m

投稿: ふみさと | 2005/10/31 00:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/6541068

この記事へのトラックバック一覧です: 義経 第42話「鎌倉の陰謀」:

» 第42回 「鎌倉の陰謀」 [徒然なる日記]
鎌倉方に所領を奪われた義経に、都の安寧に尽力した褒美として伊予国を与える後白河法皇。 う~ん、やはり法皇は曲者ですね そして義経が情に飢えてるのを知ってた上で義経を追い詰めた頼朝。 それなのに義経が法皇方と結びつくのを危惧するなんておかしすぎます そ...... [続きを読む]

受信: 2005/10/24 12:07

» 鎌倉の陰謀 [Patra Ichida @ Blog]
いつもながら、あ〜あと思ってしまう。 義経さんのワンパターンのお顔、穿った見方をすれば同じシーン、御簾の前の同じ衣装でのまとめ撮り・・収録を倹約する時に良くつかうやるせない手段ですが、それをどの場面も多様しているのでは・・・ 気持ちも筋書きも役者がシッカ....... [続きを読む]

受信: 2005/10/24 15:56

» 義経(鎌倉の陰謀) [ザクとは違うのよね]
 今日の「義経」。久々に、静、うつぼ、萌の揃い踏み。{/abanzai/}  静は、ちょっと見ないうちに洗練された顔になった気がする。かわいいというより綺麗だった。{/face_heart/}    うつぼは、なんか一人だけ不幸を背負わされているような。ボロボロになったうつぼをお得が担いで義経の館まで連れて来ていたけれど、普通、どこかであんな状態のうつぼを見つけたら、自分の家へ連れ帰って、綺麗にさせ�... [続きを読む]

受信: 2005/10/24 23:33

» 義経 第42回 「鎌倉の陰謀」 [斬心剣 Zanshin-Ken]
頼朝へ弟を殺れ・・・と政子。 私にお任せ下さりませ。 氷の微笑で飄々と・・・。ま [続きを読む]

受信: 2005/10/30 17:58

« クラシック・ピアノ名曲辞典 | トップページ | ポット »