« 新商品 | トップページ | 女王の教室 第10話 »

2005/09/10

秘太刀馬の骨 第3話「拳割り」

 今日のテーマは『母と子』でしょうか。

 以下ネタバレです。

 楽しみにしていた内藤半左衛門との立ち回り。のこぎりぎりぎりと早回しその他、なんだかマンガチック(^_^;せっかくのちゃんばら時代劇なのに(^_^;ちゃんとリアルな殺陣を見せてほしいなあ。マンガチックがいけないとはいわないけど、藤沢時代劇なんだぜ(--〆)

 「ちゃんと受けているのだが、クソ力で叩きつけてくるから木剣の先があたる」
って銀次郎が言ってましたが、全然あたってない、あたってない(爆)

 でも、半左衛門(本田博太郎)の殺陣が見られたのはウレシイ。嫁と孫と亡き息子のためにふるった豪剣は、とてもらしかったです(^^)

 あと、袴の股立ちは取ったほうがいいと思う……。

 次は胃弱なのに、なぜかぽっちゃりしている(笑)長坂権平との立合い。

 逃げ回る権平はおもしろかった。再度の立合いのとき、開始早々拳割りで勝負がついちゃいましたけど、もうちょっと死闘を繰り広げたほうがよかったのに(^_^;

 『拳割り』っていうより『拳斬り』って感じでしたが、やられたほうはぎゃ~~~~~(絶叫)っ!だろうな。

 まあ、登実も帰ってきたし。銀次郎はそのためにわざと再試合をしたってことで、一挙にいい人。

 しかし、伯父上を脅すとは、おぬしもなかなかよのう銀次郎。ここですっかり秘太刀オタクだってことがばれちゃってます(笑)

 伯父上は、銀次郎と多喜がひそかにお互いを思っているってことを知ってる雰囲気。悪い人ねえ。今日の甘いものは金平糖。甘いものの好きな悪党って自分的にはツボです。

 最初にも書きましたが、今回のテーマは『母と子』かな?何組もの母子のエピソードが登場。あ~あ~、やっぱり銀次郎ってば、マザコン(^_^;

|
|

« 新商品 | トップページ | 女王の教室 第10話 »

コメント

ふみさとさん こんにちわ。TBさせて頂きましたm(__)m

長坂権平のリマッチはもう少し打ち合っても良かったですよね。

半左衛門のノコ斬りギリギリには参りました・・・(笑)

投稿: 睦月兵馬 | 2005/09/10 12:18

どうも三味線屋です。TBしにまいりました。
どうやら、毎回なにかのテーマに沿ってお話が進んでいくみたいですね。
そのテーマを探すのも楽しみですね。

投稿: 三味線屋 | 2005/09/10 20:28

 TBありがとうございますm(_ _)m

>睦月さん
 リマッチのあっけなさにはちょっとびっくり。半左衛門のノコギリと早回しなどには、そこへなおれ斬ってくれるとか一瞬ですが思いました(笑)

>三味線屋さん
 第2回は『武士にあるまじき者』だったみたいで、ほんとテーマ探しもおもしろいです(^^)

 こちらからもTBさせていただきましたm(_ _)m

投稿: ふみさと | 2005/09/11 04:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/5867613

この記事へのトラックバック一覧です: 秘太刀馬の骨 第3話「拳割り」:

» 秘太刀馬の骨 第3回「拳割り」 [斬心剣 Zanshin-Ken]
先週話で中途まで半左衛門編を進めておいたので3人目の長坂権平まで今話は2人の立合 [続きを読む]

受信: 2005/09/10 12:14

» 秘太刀馬の骨 第三回『拳割り』 時代劇鑑賞録其ノ三十一 [三味線屋始末帳]
~あらすじ~ 銀次郎は、内藤半左衛門を立ち合わせるため、亡き息子の嫁との間に不義があったとする偽の証人を仕組む。試合で、内藤は銀次郎を殺しかねない剛剣を振るう。次の相手、長坂権平(尾美としのり)は生来の気弱さから、御前試合に負け、家禄が減らされ、妻・登美(中原果南)が実家に戻っていた。男らしく闘えば登美は帰ると口説いて、試合となる…。                                    公式HPより抜粋... [続きを読む]

受信: 2005/09/10 20:15

« 新商品 | トップページ | 女王の教室 第10話 »