« 女王の教室 第9話 | トップページ | 台風がやってくる »

2005/09/05

義経 第35話「決戦・ 壇ノ浦」

 知盛さま~~~っ!(T_T)

 今回はいよいよ壇ノ浦。

 義経の『八艘飛び』……あれ?教経は?敦盛に続いて教経も出てきませんでした(^_^;

 あの金粉は砂金。どうして砂金が置いてあるのかよくわかりませんが、喜三太が義経を救おうと知盛に投げつけた砂金の袋が切り裂かれて、中身が舞い散ったということでした。

 絶対出てくると期待していた子どものころの回想シーン。知盛も義経も万感の思いだったでしょう。

 肝心の殺陣ですが、知盛役の阿部寛は殺陣がとってもうまい俳優さんです。タイプで言えば滝田栄系列の『刀って重いのよ』ということがよくわかる、ズバンと斬る殺陣。対するタッキー義経は、東映時代劇の流れをひく舞踊系の殺陣(だってジャニーズだもん)。身上は身の軽さ。

 両者長刀をふりまわしております。おおっと!義経足が滑った!すかさず襲いかかる知盛。必死に受ける義経。長刀の柄が斬られた。義経ピンチ!喜三太、砂金の袋を投げました!……砂金が、砂金が舞い散っております。なんというもったいないことでしょう。ここで両者、得物を刀に変えての対戦です。激しく斬りあっております。

 出たあ!義経!八艘飛びだあ!知盛及び郎党一同あっけにとられているぞ。

 で、知盛が義経が飛び移った船に渡ってくるんですが、どうやって渡ったの?一歩踏み出したら船の上だったよー(^_^;

 少し斬り合った後、ひたすら義経は飛んだり回ったり。知盛は兜を脱ぎ、目を見開いて見ていたけど、砂金を舞い散らせながら飛ぶ義経に、自らの敗北を悟ったものか……。

 女性たちの入水シーンは胸が痛かった。義経の絶叫。心の優しい彼は、気が狂いそうだっただろうな。でも、これが戦いってものなんですね。

 時子が義経に向かって見せた微笑は美しくて壮絶で、知盛の最期とともに、心に残りました。しかしあの笑顔、平家の血はちゃんと残る(本物の安徳帝)って気持も含まれてるのかな。確かに一番安全なところに血筋を残しましたよね(守貞親王がかわいそう(T_T))。来週このあたり(とりかえっこ)がどう描かれるのか。

 見苦しい人が約2名(^_^;家来に押されて入水した宗盛ってば、やっぱり宗盛。あとで命乞いまでしてくれちゃいます。

 知盛の最期は本当にかっこよかったです。碇をかかげてってのは歌舞伎の『碇知盛』みたい(あの仰向けダイブもすごい)で、え?と思いました。私が知っているのは鎧を2枚重ねて着て、乳兄弟と手を取り合ってっていうのだったんですが、碇と2説あるんですってね。あの有名な「見るべきものは見つ」の言葉とともに、さすが知盛でした。

 しかし、弁慶の石といい、知盛の碇といい、ひとめではりぼてってわかるのはどうざんしょ(^_^;役者さんが熱演してただけに惜しまれます。弁慶の投げた石は舟の中ではずんでたし、碇は入水した瞬間おでこにゴンってあたってたです(^_^;

 今回の大河、キャスティングにいつも感心しているのですが、中でも知盛は本当にぴったり。滅びゆく平家のすべてを一身に背負って散っていった阿部知盛は見事でした。

 壇ノ浦の戦いは終わり、平家はついに滅びましたが、戦いに勝った義経の心の中には浮き立つものはなく、ただむなしさだけが広がっているようでした。義経が平家の子どもたちと親しく交わり、清盛を父のように慕っていたという設定が、ここでもまた生かされてます。

 これからの義経の運命を思うと、とてもせつない……。

|
|

« 女王の教室 第9話 | トップページ | 台風がやってくる »

コメント

確かに知盛さまの殺陣、かっこよかったですね。
平家の武将の中でも一番、武士らしい人物が知盛だと思いました。
時子の微笑みも印象的でしたね。

金粉、義経が飛ぶたびにキラキラキラキラ光ってましたね(汗)

TBさせていただきました。

投稿: 進さん | 2005/09/05 15:43

 TBありがとうございますm(_ _)m

 知盛かっこよかったです(^^)
 なんかせつなかったですね。滅び行く平家……。

 金粉(^_^;

 こちらからもTBさせていただきましたm(_ _)m

投稿: ふみさと | 2005/09/05 23:52

ふみさとさん こんばんわ。危うく2週ぶりになる所でした(^^;

知盛は最後まで武士でしたね。
平家随一の猛将、教経は最後も出ませんでしたね・・・。まあおかげで知盛の出番が多かったので結果オーライと(笑)

滅びの平家・・・その悲壮感にふっと堪えるものがあり、胸が痛くなりました(T_T)

先週話合わせてTBさせて頂きましたm(__)m

投稿: 睦月兵馬 | 2005/09/06 19:45

 こんばんは(^^)TBありがとうございますm(_ _)m

 知盛が亡くなって、寂しくなりました(T_T)
 女性たちの入水シーンもまた……(T_T)

 こちらからも前話といっしょにTBさせていただきましたm(_ _)m

投稿: ふみさと | 2005/09/07 03:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/5791976

この記事へのトラックバック一覧です: 義経 第35話「決戦・ 壇ノ浦」:

» 決戦・壇ノ浦 [徒然なる日記]
大河「義経」、とうとう壇ノ浦の戦いです。 ただただ阿部寛が演じる平知盛が素敵でした 平家の武将の中で一番、武士らしい人だったと思います。 義経との一騎打ち、そして最後のセリフ「見るべきほどのものは、すべて見た」、このセリフは平家の栄枯盛衰の全てを見...... [続きを読む]

受信: 2005/09/05 15:39

» 義経 第35回 「決戦・ 壇ノ浦」 [斬心剣 Zanshin-Ken]
壇ノ浦の決戦。 ゲジ原ゲジ時は己が戦功を上げたいばかりから戦陣を賜りたいと願い出 [続きを読む]

受信: 2005/09/06 19:42

» みもすそ川 <壇ノ浦の戦い編> [日子のさらさら日記]
 今話題の「武蔵」「義経」の相乗効果で、壇ノ浦もきれいに整備されました。    このあたりを地元の人は「みもすそ川」と呼んでいます。               関門海峡のこのあたりで壇ノ浦の戦いが繰り広げられたんですね{/roket/}    石碑にはなぜか、市長の名前も入っています{/hiyo_shock2/}                 安徳天皇が... [続きを読む]

受信: 2005/09/21 02:45

« 女王の教室 第9話 | トップページ | 台風がやってくる »