« ERのFic(二次創作)UPしました | トップページ | 夏の終わり »

2005/08/18

FBI失踪者を追え! 第20話「魂は売らない」

 今日のエピはなんだか外伝っぽい。過去の事件のつけがジャックに回ってきたみたいなお話。

 新趣向でおもしろかったです。

 今日のエピはけっきょくあれですか?アンワー・サミール(第9話「アメリカのアラブ人」)を射殺したことをサウジがよく思ってなくて、それを憂慮したホワイトハウスの意向で、誰かをいけにえにしなきゃならなかった。アンワーをテロリスト扱いしてたマーティンが候補に挙がったんだけど、パパが「うちの息子になにすんだあ」って言ったので、かわりにジャックがとばっちりをくったってことで、ファイナル・アンサー?

 しっかしマーティンってば、ダニーに言われるまで、とーちゃんの行動に気がつかないとは、おぼっちゃまよのう……(^_^;OPRの捜査官ファレルの自分に対する態度で、普通わかると思うけどなあ。

 ダニーはすぐわかってた。言葉は悪かったけど。「ケツふいてくれる親父がおらへん」って(笑)

 まあ、ダニーに言われて、速攻パパに抗議しに行くところがマーティンらしかったけど。

 マーティンパパの力ってすごいのねと改めて実感。今回は、ジャックの証言ぶりを見て、いろいろ思うところもあったみたいですね。息子をよろしくって言ってたし。でも、すぐ折れないでよって思ってしまいましたが。まあ、息子の成長ぶりを目の当たりにして、親ばかってことなんでしょうか。息子には甘いな、パパ(笑)

 ファレルってやなやつ。尋問を受ける4人は、それぞれ性格がよくあらわれてて、おもしろかったです。お坊ちゃまマーティン。最初っからたてついてるダニー。不倫を指摘されてどっきりサマンサ。冷静沈着ビビアン。

 やっぱりサマンサとジャックはそうだったのか……。裁判がおわったあとのふたりのシーンは、なかなかよかったです。ビビアンは、なんか気づいてるっぽい。ダニーも気づいてるんじゃないかな。まあ、マーティンは世界中のみんなが知ってても気づかないっぽいけど(笑)

 ファレルの前で3人で書類をびりびり破ったシーンは、すかっとしました(^^)チームワークもがっちり。

 おいおい、スポールディング(第5話「ゆがんだ愛」)が無罪になっちゃうなんて、そんな馬鹿な。こいつってあいかわらず、けったくそ悪いやつやな(--〆)

 スポールディングの証言どおりの場所にアンディがいたのに、それでも無罪なんだ。無罪になったら、また校長先生にもどるのかな。確かお父さんの後をついだんだから、学校は自分のものですよね。こういう犯罪って、絶対再犯すると思う。獣医時代に殺人を犯してたのも、立証できなかったんですね(^_^;なんか、納得いかないけど、法律ってそういうものなの?

 弁護士のすすめる小細工をふりきって証言したジャックは、かっこよかったな。マーティンに対して筋を通したってこともあるんだと思うけど。何もかも失うことを承知での決断は、ほんとかっこいい。

 ジャックが、部下をいびるな。俺に言え!ってファレルにたんかをきったのも、感動したな。今回は、次シーズンに向けてチームの絆を再確認ってことなんでしょうか。

 来週は前後編もののようで、なんかすごい楽しみ。でも、あと2話かあ(^_^;次のシーズンもぜひ放送してほしいです。

|
|

« ERのFic(二次創作)UPしました | トップページ | 夏の終わり »

コメント

遅くなりまして。
いやーもう終わりなんですね・・・
最初の頃は「えー関西弁?」とか言ってたのに、こんなに面白いドラマになろうとは。
さびしくなります。
絶対次も放送して欲しいですよね!

投稿: くまぷー | 2005/08/25 17:43

 TBありがとうございますm(_ _)m

 ほんと終わりだと思うと、寂しいですよねえ(^_^;水曜日の楽しみが(T_T)

 ぜひ次シーズンも放送してほしいです!

 こちらからもTBさせていただきましたm(_ _)m

投稿: ふみさと | 2005/08/26 03:17

あちこち移動していてすみません(^^ゞ

>マーティンは世界中のみんなが知ってても気づかないっぽいけど(笑)

↑これに大爆笑してしまったもので(笑)
マーティンパパとの激突がみられる
マーティンファンとして、とても好きなエピなのですが
ダニーとの更なる近づきがうれしかったエピでもあります♪
そうよね、思ったらバシっと言うのが本当の友情ですよ
・・・口は悪くても(^^ゞ

>日本ではS2も放送されるかどうかわからないというのに(^_^;

いやいや、もう絶対放映してくれる!
と信じましょう(笑)
でないと生きていけません、私(^^ゞ

男子コンビの活躍、期待してまっす!

投稿: まめ | 2005/10/16 12:48

>あちこち移動していてすみません(^^ゞ
 いえいえ、どうぞお気になさらずに(^^)

>マーティンは世界中のみんなが知ってても気づかないっぽいけど(笑)
 でもこのあと、血相変えて本屋(人質事件)に飛び込むジャックを見て、さすがに気づいたでしょうね~。

 ダニーとマーティンが、本当の意味で相棒になれたエピだったですね(^^)

 放映……してくださいっ!(絶叫)いや、ここで絶叫しても(^_^;

投稿: ふみさと | 2005/10/16 15:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/5522608

この記事へのトラックバック一覧です: FBI失踪者を追え! 第20話「魂は売らない」:

» FBI〜失踪者を追え! 第21話「魂は売らない」 [くまぷーの海外ドラマblog]
アンディ・ディーバー誘拐容疑で逮捕されたスポルディング校長の裁判が行われている。 最大の決め手は被害者アンディの証言だが、スポルディングを前にして被害当時を思い出して追い詰められ、まともに証言できない。それをいいことに、スポルディング側は「弁護士を要求したのに聞いてもらえなかった」と言い出し、捜査と取調べの違法性を主張し始めた。 もともとダニーの不法侵入や、ジャックが上層部の指示を無視しての荒業で解決した事件なので、... [続きを読む]

受信: 2005/08/25 17:40

« ERのFic(二次創作)UPしました | トップページ | 夏の終わり »