« 日航機墜落事故 | トップページ | 義経 第32話「屋島の合戦」 »

2005/08/14

女王の教室 第7話

 なんだか、マヤ=ライオン説が濃厚か?みたいな展開でしたが(^_^;

 再教育センター!

 あと、予告の『ほんとの私』はなんなの?

 続き書きましたm(_ _)m

 やっぱり阿久津先生の個人攻撃により、いちころだった6年3組。前回和美への同情により団結した彼らですが、ちょっとつつかれて(まあ、一番その子が動揺するところをついてきたんでしょうけど)、もろくもくずれさっちゃいました。

 和美たち4人が9月1日に登校して、初めてその事実を知るというのがなんとも(笑)

 中3の2学期の始業式の日、朝大雨警報かなにかが出ていて、生徒手帳を見たら、短縮授業の時は午前7時現在警報が出ていたら休みって書いてあるではないですか。やったー!と学校を休んだら、担任の先生から電話がかかってきて、「今日学校休んだのは〇〇ちゃん(私の本名)だけやったよ」と言われて、どっひゃ~!ってことがあったのを思い出してしまいました(^_^;

 和美の家ではママがお酒を飲んで帰宅。家族にうっぷんをぶつけます。

 和美の家にユウスケ、ひかる、馬場ちゃんが遊びに来ていて、ひょんなことから阿久津先生に反省文を書かされていることが母親にばれる。和美に近づかないでという母親の言葉に、みんなは帰宅。

 いままでの和美なら、自分の気持をちゃんと言えないんだけど、成長しましたね。びしっと言っちゃいます。自分の大切な友だちにどうしてあんなことを言うんだ。酔っぱらわないと、パパやお姉ちゃんに言いたいことも言えないくせに。私立なんて行かない。ママの言うことなんて聞かない。そしてこれはとどめで大変きつかったんだけど、『大きくなってもママみたいには絶対なりたくない』って。これはすごいぞ。親として最大級のショックなんじゃないかな。

 和美のママって、夫の悪口を言いながら、でも結局依存してる。批判はするんだけど、自分の意見がない。わりあい他人に付和雷同しちゃう。はじめのころの和美はママにそっくりだったんだけど、彼女はそれを克服しました。阿久津先生のおかげなんだけどね(笑)これをきっかけにママも変わるといいんだけどな。

 あ、そうそう。反省文なんだけど、ユウスケはともかく。馬場ちゃんの反省文もなかなか(爆)強くなったね、馬場ちゃん(^^)

 エリカがスパイをしてるってことを阿久津先生はわざとみんなに知らせましたね。みんながのぞいてるってことを知ってて、エリカと話をした。

 みんなの反応はまあ、定石通りだけど、和美がエリカを嫌いにならない理由っていうのがよかったな。「アイス半分おごってくれたら許してあげる」今度は和美が迎えに行って、この言葉を言うんだろうなと思ったら、やっぱりそうでした。わかっていても、さわやかな感動(笑)

 『教室燃やしちゃうぞ』シーンは、エリカちゃんあんまり迫力なかったけど(^_^;阿久津先生の胸のすごい傷(刃物によるものでしょうね)と、素手でカッター握ったのは(あたりまえだけど)大迫力でした。

 エリカは何でも他人のせいにする。それはないんじゃないかってみんなが思うような屁理屈をつけて。それはたぶん彼女が育った家庭環境。あの、お母様によるところが大きいと思うんだけど、そこをマヤはついてきました。まあエリカだけじゃなくて他の子にも、そして、天童先生にも聞かせたかったんだろうけど。

 「くやしかったら、自分の人生くらい自分で責任をもちなさい」

 今回のこのお説教。マヤ=ライオン説がいよいよ濃厚になった気がしますが、まだ油断はできないかな(笑)

 2年間の空白の時間、再教育センターに行ってたってのはびっくりしましたが、それより驚いたのは予告の、「ごめんね、これが本当の私なの」ですよ~(^_^;夢オチとか想像オチだったらつまんないけど、楽しみだなあ(笑)

 来週はいよいよマヤの過去が明らかになるのかな?たぶんあの傷にまつわる話もでてくるんでしょうね。

|
|

« 日航機墜落事故 | トップページ | 義経 第32話「屋島の合戦」 »

コメント

こんばんは。

真矢の怖さと類まれなる能力の数々は「再教育センター」の影響かも知れません。
何にしても、真矢も苦労してきたのでしょう。今までの厳しさは経験則でしょうね。

恵理花の財布盗み発覚の件については彼女よりも少しも歩み寄らずに一方的に責めるだけだった級友達のほうが嫌でした。
真矢のスパイの件もそうですが、普段事なかれ主義にもかかわらず、何かあるとここぞとばかりに攻撃するのはどうかと思います。

TB致しました。

投稿: 自選孝 | 2005/08/14 22:03

 TBありがとうございますm(_ _)m

 これから真矢の過去が明らかになっていくのでしょうね。

 再教育センターは意外でしたが、興味深いです。

 こちらからもTBさせていただきましたm(_ _)m

投稿: ふみさと | 2005/08/15 03:10

あの予告にはやられました・・・。
>「ごめんね、これが本当の私なの」

一体全体、マヤよ、どうゆうつもりだと?(^^;
ドテーーっとその場でコケましたよ(笑)

反乱軍(和美筆頭)は徐々に集まり出しましたね(笑)


投稿: 睦月兵馬 | 2005/08/16 00:10

 TBありがとうございますm(_ _)m

 ほんとあの予告はびっくりです。おかげで次回がすごく楽しみ。あれが夢オチとかだったら、私暴れます(笑)

 反乱軍は参謀にひかるが加わって、パワーを増したような(^^)

 こちらからもTBさせていただきますm(_ _)m

投稿: ふみさと | 2005/08/16 03:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/5456742

この記事へのトラックバック一覧です: 女王の教室 第7話:

» 転機 [右も左も]
「女王の教室」第七話。随分印象が変わってきた。 前回の話で由介に加え、ひかると久子が和美に心を開いた。教室の雰囲気は相変わらずで、真矢も机を隠す、無視すると言った陰湿な事をするのだが、四人が団結しているからか、それ程の重苦しさは無かった。 和美は自宅に三人を招待する。母も最初は歓迎したが、四人が真矢に逆らっている事を知ると態度を変え、彼女は由介達三人を侮辱するような発言をする。 彼等の帰宅後、友達を無下�... [続きを読む]

受信: 2005/08/14 22:00

» 女王の教室 #7 [斬心剣 Zanshin-Ken]
何かと話題になり物議を呼んでいる「女王の教室」。 阿久津真矢の指導や教育方針に猛 [続きを読む]

受信: 2005/08/16 00:07

» 女王の教室 〜提供クレジット外されてまで〜 [ドラマ!テレビ!言いたい放題]
一昔前の野島ドラマを彷彿させる、カッター・灯油が登場。 そんな”武器”使う人とは、もう友達になれないけどなぁ〜 とはいっても、クラスは再度団結してしまいました。 その一方、和美の家族が崩壊に向かう。 「あなたたちと付き合うようになってから、おかしくなったよう..... [続きを読む]

受信: 2005/08/19 04:34

« 日航機墜落事故 | トップページ | 義経 第32話「屋島の合戦」 »