« Girlie(ガーリー) | トップページ | 「七子と七生」~姉と弟になれる日~ »

2005/08/11

FBI失踪者を追え! 第19話「偉大なボクサー」

 ビビアンのママの顔が見られたエピソード。

 以下ネタバレです。

 12歳の息子がいると言っていたビビアン。その息子のレジーが登場。

 ビビアンって安定感があって、いつも安心して見てられるんですが、彼女の私生活が描かれててうれしかったです。さすがのママぶり。けんかして学校を飛び出してきたレジーに、言わなきゃならないことはびしっと言ってました。でも、ちゃんと愛情に裏打ちされてるもんなあ。ママがFBI捜査官ってかっこいい(^^)パパのお仕事はなんでしょう?

 そのビビアンに、「ひとりっ子はいいわ。愛情を全部そそげるもの。ふたりいると平等に愛そうと思っていても、無理だった」と言ったダンテのママ。ひょっとしてと思っていたら、やっぱり彼女はアンドレを殺してしまっていました。ダンテを助けるために。

 かけがえのない息子を守るために、もうひとりのかけがえのない息子を殺す。悲しすぎる選択ですけど、母親だからこそできたことなのかも。

 こめかみについてた口紅が、ママのキスだったとは……(T_T)

 ビビアンのママぶりとあざやかな対比になって、心に残るエピソードになりました。

 あと、私はきょうだいがいないのですが、きょうだいって不思議だなって思います。ライバルでもあり、自分の分身でもあり。愛が深い分、憎しみも深かったり。

 ダンテがアンドレを見捨てられなかった理由はただひとつ。兄弟だから。絆ってやつでしょうか?

 八百長を仕組んだ人たちはけったくそ悪いので、厳罰に処してくだされ。

 あとはダンテにがんばってほしいな。ボクサーとして大成してほしい。それがママの、そしてアンドレの望みだと思うから。

 ダニーが撃たれた!とびっくりしましたが、無事でよかったです。

 今日はダニーとサマンサが漫才コンビでした。ガードマンの取調べ。

 ダニーの『お散歩』。あうんの呼吸でのるジャック。まんまとひっかかる情けないヤツが約1名。捜査マニュアルに書いてあるとか?(笑)

 マーティンはサマンサにちょっと気があるっぽいけど、おねーちゃんとおとーとにしか見えません(^^)

|
|

« Girlie(ガーリー) | トップページ | 「七子と七生」~姉と弟になれる日~ »

コメント

TBさせていただきましたー。

色々と深かったですねぇ・・・
最後のキュキュキュという巻き戻しのところは、逃がしたいというヴィヴィアンの気持ちの表れだったのか、それとも・・・・
でも逃がしたら彼を卑怯者にしてしまうし、なかなかその辺のゆれをうまく描いた演出でしたね。

投稿: くまぷー | 2005/08/13 12:05

 TBありがとうございますm(_ _)m

 あ、あの巻き戻しのところ、私も思いました。ビビアンが逃がすんじゃないかって。

 深かったです。

 こちらからもTBさせていただきましたm(_ _)m

投稿: ふみさと | 2005/08/13 21:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/5402944

この記事へのトラックバック一覧です: FBI失踪者を追え! 第19話「偉大なボクサー」:

» FBI〜失踪者を追え! 第20話「偉大なボクサー」 [くまぷーの海外ドラマblog]
【 失踪者 : ダンテ・ジョーンズ 】 通報者:ジョンソン捜査官 FBI着手:失踪12時間後 試合前のボクシングの会場の控え室から、ボクサーのダンテ・ジョーンズ(25歳)と、ガードマンがひとり姿を消した。 ヴィヴィアンは息子のレジーと一緒に試合を見にきたところで、ダンテのファンのレジーのためにサインをもらおうと控え室を訪れようとしたところで失踪を聞きつけ、失踪事件として捜索を開始することに。 スタッフはみな、ダンテ�... [続きを読む]

受信: 2005/08/13 12:02

« Girlie(ガーリー) | トップページ | 「七子と七生」~姉と弟になれる日~ »