« 3万ヒット御礼 | トップページ | 義経 第26話「修羅の道へ」 »

2005/07/03

女王の教室

 『女王の教室』(日本テレビ)がはじまったので、見てみました。

 以下、ネタバレです。

 『この物語は
 悪魔のような鬼教師に
 小学6年生の子供たちが戦いを挑んだ
 一年間の記録』

 これは番組冒頭に出されたクレジット。

 6年3組を担任する阿久津真矢(あくつまや……ほんと『あくま』ですな。天海祐希)は、新しく赴任してきた教師。いきなりテストをして、最下位2名にクラスの雑用(掃除とか、給食当番など)をやらせます。上位者には、ロッカーを使わせるなどの特権を与える。

 あっけにとられる子どもたちに、阿久津は言い放つ。

 「おろか者や怠け者は差別と不公平に苦しみ、賢い者や努力した者は色々な特権を得て、豊かな人生を送ることができる。それが社会と言うものである」

 「日本の特権階級は6%」etc.

 公式サイトの掲示板は、賛否両論書き込みがいっぱい。製作サイドの思うつぼだろうなー(^_^;

 主人公和美はどじなところがあるんだけど、鉛筆が全部折れてて、初回のテストは0点で、雑用係。次のテスト(毎週月曜日にある)のときは、トイレに行きたくて(授業中にトイレに行くことは絶対に禁止)、廊下でもらしちゃう(このシーンとか、どっかからクレームがついたりして(^_^;)。和美をかばった優等生のひかる(救命病棟24時の寺泉の娘役でしたね)が、先生にさからった罰として、雑用係に。

 ひかるを雑用係にしたところは、批判する人が多いだろうなあ。でも、『頭でっかちの官僚みたいじゃないですか』っていうひかるのせりふは、目上の人に対して言う言葉じゃない気がします。批判じゃなくて、悪口。

 それと正論(と自分が思うこと)とか批判を、いつでもどこでも誰にでも言ってもいいというのは、間違いですよね。

 でも、阿久津は『私にさからったから』って言ってましたけど。

 和美にしても、テストの前にきちんと、鉛筆折れてないか確認してたし。成長したといえば、いえるかも。

 初回を見ただけではまだなんとも言えないけれど、阿久津の空白の2年間のなぞとか、最後卒業式はどうなるんだろうとか、興味あります。「先生ありがとうございました」なのか「ばかやろー!死んじまえ!」なのか。

 ひとつ言えることは、すごくインパクトがあったってことです。

 あと、実際に学校の先生をされてる方は、どういうふうに思われたでしょうね。

 来週は、子どもの訴えを聞いて学校にどなりこんできた父兄を、てなづけちゃうみたい(^^)

 エンディングの天海祐希のダンスが、すごくかっこいいです。さすが!

|
|

« 3万ヒット御礼 | トップページ | 義経 第26話「修羅の道へ」 »

コメント

な、なんかすごいドラマですね・・・。
おなじ6年で、女の先生が担任で学級崩壊したクラスを知っているので(わが子のクラスではなかったのですが)、ドラマとはいえ落差にビックリです。
あまりに身近で切実すぎる設定なので、恐くて実際には見られないなあ・・・。

投稿: ドゲモ二記者A | 2005/07/03 13:49

ふみさとさんこんにちわ(^^)

番宣でEDの天海祐希のダンスを紹介していて、おお~張り切ってるなあ~と。
さすが元宝塚トップスター、ダンスもノリノリで思わず初回から観てしまいました(笑)

終始ホラーテイストですね・・・(^^;
というか、もらしちゃった女の子・・・うわあぁすげー可哀想...と。水たまりから目をそらせてしまいました(><;

いやあとにかくドライでシビアで独裁的で強烈な教師っていうか、ものすごいインパクトでした・・・
ある意味、天海祐希もよく引き受けたというか・・・ほら、ドラマのイメージのまま世間に見られるリスクもありますし・・・さすが女優魂ですね。
あんなドライな現実的社会観を生徒に教える問答無用の教育のやり方で、ホント、卒業式とかどうなるんですかね(^^;何か目が離せなくなりました(笑)

投稿: 睦月兵馬 | 2005/07/03 14:48

>A様

 すごいドラマでしたよ(^_^;フィクションならではの設定ですね。
 『学級崩壊』……個人的な意見としては、先生の責任かなと思います。もちろん、違うケースもあるでしょうけれど。
 お子さんと一緒に見てくださいって番宣で天海祐希が言ってたみたいなんですが、見られませんよね(^_^;


>兵馬様

 あのダンス、すごくかっこよかったですよね。さすがだな~と思いました。
 水たまり……あそこまでしなくてもいい気がします(^_^;
 天海祐希はベストキャスティングだと思いますが、ほんとよく引き受けましたよね。小学生に道であったら、ギャーって逃げられるか、石投げられるかも(笑)

 これからどういうふうになっていくのか、すごく楽しみです。でも展開しだいではリタイアする可能性もありです(^_^;
 
 

投稿: ふみさと | 2005/07/04 03:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/4806234

この記事へのトラックバック一覧です: 女王の教室:

» 女王の教室 [nagaiでした。]
女王の教室公式サイト http://www.ntv.co.jp/jyoou/ SOFT ON DEMAND「女性のためのAV研究」女だらけの王様ゲーム改め女王様ゲームby G-Tools あらすじの詳しいサイト どらま・のーと 女王の教室 第1話 http://dramanote.seesaa.net/article/4794413.html どらま・のー..... [続きを読む]

受信: 2005/07/22 15:45

« 3万ヒット御礼 | トップページ | 義経 第26話「修羅の道へ」 »