« NIP/TUCK マイアミ整形外科医 第7話「クリフ・マンテーニャ」 | トップページ | ロケット・ロマノ »

2005/06/23

FBI失踪者を追え! 第13話「親の執念」

 ええ話やった。今までで一番感動したかもしれん……。

 思わず泣いてしもた。

 以下ネタバレです。

 第4話に登場していたチェットのお話。

 息子が6年前にキャンプ場から失踪。チェットはずーっと捜しつづけていました。そのチェットが今度は失踪。写真と結婚指輪を残して(なぜこのふたつを置いて失踪したのかナゾ。絶望はしてなかったのになあ)。

 失業したし、別居中の奥さんは新しい恋人と付き合ってるし、ショーンは相変わらず見つからないしってことで、みんなはドラッグにおぼれたか拳銃買って自殺したんだって言いますが、ジャックはきっぱり否定。

 ずっとチェットの力になっていたジャックは2ヶ月前、彼に引導を渡していたのでした。それで、感情的になってて(チェットの部屋を見て泣いてたジャックにちょっとびっくりしたんだけど、こういうことだったんだ)、捜査に私情はさみこみまくり(^_^;

 ビビアンとジャックのやりとり、よかったな。やっぱ頼りになるよ、ビビアン。で、ジャックがみんなに言ったせりふもかっこよかったです。「それが私だ」って(^^)

 なんだか今回は、ジャックのいろいろな面が見られて興味深かったです。

 チェットはショーンの手がかりを得て、それをさぐりに行っていたのでした。

 で、チェットは逮捕されちゃうんですが、まだ番組は終わらない。一応失踪者が発見されたわけで、解決ってことなんでしょうが、見てるほうはそんなことすっかり忘れちゃってる。ショーンはどこへ行ったんだよ~って。

 ショーンは、養子縁組したがってる夫婦(なぜかカーターって言う名前(^_^;)に売られるために誘拐されたことが判明。でも、犯人の片割れが殺されちゃう。で、もう片割れは6年前にショーンを乗っけたまま交通事故死。ショーンは病院に運ばれたんだけど、その後がわからない。でもふつう警察が調べて、死んだのが小悪党で2歳の子どもを車に乗せてたら、犯罪がらみって思うよね。きちんとした弁護士の書類をもってても、その弁護士がうさんくさいやつだったら、疑ったりしないのかしらん。あと、身元不明で施設に引き取られるにしても、病院のソーシャルワーカーが手続きするんじゃないのかな。カルテとか、書類には残る気がする。でも、まあいいや。無事にショーンが見つかったし(笑)

 悪徳弁護士に白状させた、ジャックのせりふがよかったな。あと、チェットに友だちだからって言ったところも。

 ラストで、チェットはビビアンに「ありがとう」って言いましたけど、ジャックには言わなかったですよね。でも、チェットがお守りをジャックにあげたシーンは、すごく感動しました。抱き合って「ありがとう」って言うよりも……。

 チェット役の俳優さんチャールズ・S・ダットン(Charles S. Dutton)はこのチェット役で、第55回エミー賞のゲスト男優賞を受賞してます。

 ニット帽かぶったダニーがかわいかったっす(^^)

|
|

« NIP/TUCK マイアミ整形外科医 第7話「クリフ・マンテーニャ」 | トップページ | ロケット・ロマノ »

コメント

TBさせていただきました。
完全に一周遅れてますが(^_^;)

「それが私だ」って、けっこうマイブームです。
あんたそれ説明になってないやんとツッコみたい部下たちに「それが私だ」で納得させちゃうジャックの存在感、こ~いつぅとつつきまわしてやりたいオヤジのいじらしさというか。

弁護士がうさんくさいから、施設に引き取られたんじゃないかなーと思います。ショーンが収容されたのがシカゴカウンティだったらと想像してみたら、まぁそれが精一杯だったろうなーみたいな。

投稿: くまぷー | 2005/07/01 08:47

 こんばんは。TBありがとうございますm(_ _)m 

>「それが私だ」
 オヤジのいじらしさですか(笑)私も好きです(^^)
 今回のジャックはいろいろと興味深かったです。

>ショーンが収容されたのが、シカゴカウンティだったら
 これ、私も思いましたー。養子里子関係は、ケリーがうるさそう(笑)

 いいエピでした(^^)

 こちらからもTBさせていただきましたm(_ _)m

投稿: ふみさと | 2005/07/02 03:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/4669317

この記事へのトラックバック一覧です: FBI失踪者を追え! 第13話「親の執念」:

» FBI〜失踪者を追え! 第13話「親の執念」 [くまぷーの海外ドラマblog]
【 失踪者 : チェット・コリンズ 】 通報者:妻ヘレン マローンチームで担当していた失踪者ショーン・コリンズの父チェットが行方不明に。チェットは別居中の娘ケリーと会う約束をしていたが現れず、不審に思った妻へレンが通報したのだ。 チェットの部屋には押し入られた形跡はなく、車がなくなっていた。先週職場をクビになったという。室内には一面に、ショーンの手がかりを捜す写真やデータが張りめぐらされ、い... [続きを読む]

受信: 2005/07/01 08:41

« NIP/TUCK マイアミ整形外科医 第7話「クリフ・マンテーニャ」 | トップページ | ロケット・ロマノ »