« NIP/TUCK マイアミ整形外科医 第5話「カート・デンプシー」 | トップページ | 夏仕様 »

2005/06/09

FBI失踪者を追え! 第11話「思い出ビデオ」

 だんだんおもしろくなるこのドラマ。

 第2シーズンも放送してください。NHKさまお願いしますm(_ _)m

 以下ネタバレです。

 失踪者が殺害されて発見されたのに犯人が捕まってない。しかも、もうひとり失踪者が(^_^;

 失踪者が亡くなるっていう結末は、やりきれないですね。しかも今回は13歳の女の子だし。

 ミゲルのロッカーからアニーのブレスレットとスニーカーが片ッぽ見つかったときに、ミゲルは犯人じゃないと思いました。会社のロッカーにあんな証拠品を隠すはずがない。

 ってことは犯人が入れた。ってことは、犯人はミゲルのロッカーにブツを入れることができるヤツ。そしてミゲルに前科があるってFBIに教えたヤツ。でも、ビビアンと話してたときは、メガネしてなかったんだよね。芸が細かい(笑)

 シボーンが興奮しながら森へ入っていくのを見た。って10歳の子が証言したって言ってましたが、森の中で犯人に連れ去られたのかな。

 犯人は射殺されたけど、ほんとに危機一髪。あぶないところでした。日本だとああいうとき、犯人は銃を持ってないから、被害者が一瞬で殺されることはなさそう。

 めちゃめちゃあやしかったデレク。アニーのママと親友だけど恋人じゃないって言ってたから、ちょっと違和感がありました。じゃあ女の子好きなのかなって思ったんですが、ゲイだったんですね。そりゃーママとは恋人にはならないはずだ。でもひとり暮らしの男の人のところへ、13歳の女の子を泊まりにやるかなあ、普通。ママはデレクがゲイだってことを知ってたのかな。でも下着見て動揺してたし、知らなかったってことでしょう。

 町長もあやしいとか思っていたら(このあたり、しっかり誘導されるとおりにドラマを見てます。製作者側の思うつぼってやつですね)、あやしいカップルだったという(^_^;しかし町長、ひきょうなり~。こいつデレクを見捨てたぞ。

 オープニング、失踪直前にアニーが編集してた映像。町の紹介をして、みんな顔見知り、事件なんてな~んにもおこらない町って言ってたのがなんとも……。ラストシーン、ママのことをとっても愛してるって言うアニーの映像。お約束ですが、じーんときました。

 今回のダニーは、「デレクが犯人やったら、君も共犯や」ってこわい顔してばっと立ち上がったところがかっこよかったです。正義の人(^^)

 ずんずんおもしろくなる。ヤバイっす(笑)

|
|

« NIP/TUCK マイアミ整形外科医 第5話「カート・デンプシー」 | トップページ | 夏仕様 »

コメント

10回共々TBさせていただきましたー。
かなり周回遅れ状態(涙)

ママが「父親代わり」「親友」って言ってた割に、信用が下着一枚であっさり崩れましたね。
「わかってて」友達として付き合ってなかったのかな~?と、私も疑問に思いました。
ただ、あれかなー。町長も家庭を持ってるくらいだし、ママとしては親友の嗜好を知ってた上でつきあってたけど、自分が対象外になってるもんだから、両方アリっていう可能性を脳内から除外してた、みたいな。
それを「娘は対象になる可能性ありなんだ」って下着を見るまで考え付かなかったもんで、ショックだったとか、かな?

このドラマ、台詞で語らず想像させることが多いので、色んな解釈できますよね。
行間広すぎ。でもそこがいい、みたいな(はまってるはまってる)

投稿: くまぷー | 2005/06/17 09:48

 TBありがとうございますm(_ _)m

 ほんとこのドラマって、いろんな解釈ができて、そういうことけっこう好きなので、気に入ってます(^^)
 他の方の解釈を拝見するのも楽しいし(^^)
 ってことで、私もはまってます(笑)

 こちらからもTBさせていただきましたm(_ _)m

投稿: ふみさと | 2005/06/17 21:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/4477537

この記事へのトラックバック一覧です: FBI失踪者を追え! 第11話「思い出ビデオ」:

» FBI〜失踪者を追え! 第11話「思い出ビデオ」 [くまぷーの海外ドラマblog]
【 失踪者 : アニー・ミラー 】 通報者:母キャロル 中学二年生のアニー・ミラー(13歳)が、朝スクールバスを乗り損ねて、そのまま行方を絶った。 彼女は母キャロルと二人暮らし、同級生の親友シボーンと「アニー&シボーンショー」というビデオ作品を作るのが好きで、学校ではちょっと浮いていたが特に問題がある子供ではなかった。 町長のバリー・ミッチェルは協力的ではあるが、「この町ではみんな家に鍵をかけないのだ」�... [続きを読む]

受信: 2005/06/17 09:36

« NIP/TUCK マイアミ整形外科医 第5話「カート・デンプシー」 | トップページ | 夏仕様 »