« ERのFic(二次創作)UPしました | トップページ | FBI失踪者を追え! 第11話「思い出ビデオ」 »

2005/06/08

NIP/TUCK マイアミ整形外科医 第5話「カート・デンプシー」

 今日は目は回りませんでした(笑)

 いろいろ考えさせられるエピソード。

 以下ネタバレです。

 ショーンは妻のジュリアが妊娠。ショーンは子どもを産んでほしいと願うが、大学に復学したばかりのジュリアは複雑な心境。話し合って産むことにしたものの、結局流産してしまいました。

 これは難しい問題ですよね。妊娠・出産・子育てによって、自分のキャリアが犠牲になるのはいつも女性です。って男性は産めませんけど(笑)子どもとキャリア、どちらを取るかは、夫婦の話し合いで決めることになるんでしょうが……。

 ショーンとジュリアの場合、私はジュリアの肩をもっちゃうなあ。ショーンは、赤ちゃんが生まれることによって、夫婦の関係が変わることを期待してる。動機が不純です。それに医者のくせに高齢出産のリスクとかあまり考えてあげていないような(^_^;やっぱりじこちゅー。ただ、育児休暇を本気で取ろうと思っていたことは偉いと思う。

 ジュリアがリスクを承知で中間テストを受けにいったことを、ショーンは非難してました。流産したことはジュリアもショックなはずで、それなのに責めたてるのはどうかと思う。わざと流産したんだろみたいなことは、絶対に言っちゃいけないと思うけど。ジュリアの身体の具合がどうかということも、気づかってないし(^_^;

 ジュリアはすごく正直です。流産したのは少しほっとしてるって。それはそうだと思う。当事者はジュリアなんだから。ジュリアはマットの言葉も気になってたんだろうな。子どもは言い訳だって。

 このことが尾をひいて、ショーンとジュリアはまたもめそうな気が(^_^;

 ショーンが、マットがおなかの中にいる時うんぬんの話をしたら、クリスチャンの表情が微妙だった。やっぱりマットはクリスチャンの子どもなのかな。

 そのクリスチャンは、SEX依存症だって精神分析医のグレースに診断されちゃいます。で、すすめられたリハビリのための集会で、女性を引っ掛けて帰っちゃう(^_^;その女性をぽいっと捨てちゃうのもいつものパターン。

 クリスチャンって、自己嫌悪におちいったかと思うと、そんな自分が許せない!みたいによけいにひどい行動に走ったり、すごくフクザツ。これはたぶん養父に負わされた心と身体の傷のせいだろうと思うんですが。誰か救ってあげてくれ。

 クリスチャンとグレースは犬猿の仲でしたが、ベッドイン。さっさと服を着て帰っていくグレースの背中のタトゥーに、クリスチャンがはっとする。タトゥー=『愛の証』だから。

 DVと間違われた夫の愛(でも、ほんとにほんとなのかな)。

 愛するカノジョのためにカレシが目を整形したカップルは、ハッピーエンド。

 あれも愛、これも愛ってことなんでしょうか。

|
|

« ERのFic(二次創作)UPしました | トップページ | FBI失踪者を追え! 第11話「思い出ビデオ」 »

コメント

ふみさとさん、こんばんは。
TBありがとうございました!
こちらからも、TBさせていただきました。

>あれも愛、これも愛

思わず、口ずさんでしまいました(笑)

ショーンの育児休暇を取るという決断は、
ジュリアを思っての気持ちもあるだろうけど、
自己満足な部分が見えてしまった気がします。

クリスチャンって、時にすごく残酷になりますよね。
グレースも分析医なら、セックス依存症以外の彼が抱えているものに気づかないものでしょうか。
彼のあの態度では、そんな気も失せるかな?
で、そんな険悪だった2人が…
何だか呆気なくベッドインしてしまった印象があります。

投稿: KEI | 2005/06/18 03:00

 KEIさんこんばんは(^^)
 TBありがとうございますm(_ _)m

>あれも愛、これも愛
 私も書きながら、口ずさみました(笑)

 ショーンは、今度はいいパパになろうと思ってたみたいですけど、それが自分のためっていうのがちょっと(^_^;

 クリスチャンのトラウマってとっても根が深そうですが、残酷な彼はちょっとこわいですよね。グレースとクリスチャンは?です(^_^;

投稿: ふみさと | 2005/06/18 03:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/4463391

この記事へのトラックバック一覧です: NIP/TUCK マイアミ整形外科医 第5話「カート・デンプシー」:

» NIP/TUCK マイアミ整形外科医 1-5 カート・デンプシー [There for you ]
1週遅れてます。 今回も、考えさせられるエピソードでした。 ゲスト出演では、ビバヒルのアンドレア、登場。 この前のエピでは、彼女の夫が登場していたのですよね。 (それには、すぐに気づかなかったわたし。) そして、ボストン・パブリックからも、(名前を忘れてしまった…)女性教師役の人が、 クリスチャンが行った集会で出会う女性として。 以前に登場したクリスチャンの同級生という整形外科医も、教師役。 ナネット・バブコック役の女優さんは、生徒役で。 見たことあるゲスト出演者が... [続きを読む]

受信: 2005/06/18 02:39

« ERのFic(二次創作)UPしました | トップページ | FBI失踪者を追え! 第11話「思い出ビデオ」 »