« FBI失踪者を追え! 第6話「二重生活」 | トップページ | もなか »

2005/05/12

FBI失踪者を追え! 第7話「暴走する母性」

 今回は3歳の女の子、アビー・バックマンが誘拐されました。

 パパのマシューはロースクールの教授、ママのアンジェラは地方検事補。ママを恨んでる人は山ほどいます。

 以下ネタバレです。

 今回考えられる犯人は、ベビーシッターのローザ、マシューが不倫してたクラリッサ、それからママのアンジェラを恨んでるたくさんの人。

 新鮮だったのは、マスコミ(テレビ)がけっこう連動してたこと。情報の提供(写真)もマスコミからあったし。FBIもマスコミを利用してる面もあって、ある程度持ちつ持たれつなのかなって思いました。でも、サマンサはマスコミに恨み骨髄みたいでしたけど(^_^;

 そのマスコミがいっせいにアンジェラが母親失格だみたいに報道してるってのは、少し以外でした。働くママって、アメリカでは日本よりずっとあたりまえじゃないの?

 ビビアンの素顔がちょっとのぞけたかな。12歳の男の子のママなんだ。彼女は犯人の説得にも大活躍。

 クラリッサはちょっとアブナイ感じの女の子。不倫するときは相手を選ばなきゃ(^_^;しかし、マシューは告白損でしたね(笑)アンジェラは「子どもが戻ってくればどうでもいい」って言ってたけど、解決して落ち着いたら、気持が変わるかも(^_^;マシューが叫んでるかな「FBIのバカヤロー!」(笑)

 不倫と言えば、ジャックが「既婚者と付き合ってるからといって、犯罪者とは限らない」って言って、マーティンが、「姦通罪は?」って言ったら、サマンサがにらんでました。マーティン君、どうやら君は地雷を踏んでしまったようですね。やっぱりこのふたり、そうなんだ~。

 ダニーの『セルピコ』かっこよかったです(^^)あー、それに比べて身代金取ろうとした男の、何て間抜けなこと(笑)

 今日の転換点は『取り違えた?』で、一気に代理母に到達。

 結局犯人は自殺しちゃいましたが、ノイローゼ気味だったみたいだし、そんなに罪は重くならなかったんじゃないかな。死ななくてもよかったのに。素朴な疑問なんですが、自殺ってキリスト教では大罪じゃなかったでしたっけ?信心深いってことと、ここらへんとはどうなんでしょう。

 来週はダニーが大活躍かな?だったらうれしい(^^)

|
|

« FBI失踪者を追え! 第6話「二重生活」 | トップページ | もなか »

コメント

さきほどTBしました。
私もダニー好きです!!  いろんなところで、不評コメントを聞きますが、俳優としてはブラックホークダウンに出ているなど、これから面白くなる存在ですよ!
 ついでに、これから日本で公開されるデンジャラス・ビューティ−2に、エンリケ出ていますよ〜! 楽しみです(^^)

投稿: 灯華 | 2005/05/12 23:55

 TBありがとうございますm(_ _)m

 ダニーファンでいらっしゃいますか!うれしいです(^^)

 いろいろ活躍してる俳優さんなんですね。私は海外ドラマ初心者で、洋画もぜんぜん詳しくないので、またいろいろ教えてくださいませm(_ _)m

 こちらからもTBさせていただきましたm(_ _)m

投稿: ふみさと | 2005/05/13 04:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/4090373

この記事へのトラックバック一覧です: FBI失踪者を追え! 第7話「暴走する母性」:

» FBI失踪者を追え! 第7話「暴走する母性」 [Ouji News]
FBI失踪者を追え! 第7話 [続きを読む]

受信: 2005/05/12 23:49

« FBI失踪者を追え! 第6話「二重生活」 | トップページ | もなか »