« Xデーにそなえて | トップページ | 葉っぱ大好き »

2005/04/30

柳生十兵衛七番勝負 第5話「邪の剣光の剣」

 千葉武蔵登場~(^^)

 かっこいい~(^^)

 なんかもうこれだけで満足(笑)

 武蔵とは思ったとおり、勝負はありませんでした。迷っている十兵衛に教えを授ける役目。

 『ただ剣のみに生きよ』『剣客であれ』『剣客であるには、剣のみのことを考えて対峙せよ』これで十兵衛の迷いが消えます。

 岩に腰をかけて瞑想する武蔵。刀を密かに腰に差して、いきなり飛び上がって斬りかかる。殺陣うまい!絶対うまい!村上十兵衛よりうまい(爆)二刀流も見れました(^^)で、十兵衛が思わず抜くと、「抜けたな、十兵衛」も~かっこいい~(^^)やっぱ千葉真一です。『光の剣』千葉真一の立ち回りを見られただけで、シアワセです。

 武蔵と宗矩との意外な確執。不倶戴天の敵だそうで、仕官先をことごとくつぶされた。でもそのおかげで剣のみに生きることができてありがたいと思っている。これだけでも十兵衛はびっくらこいてるのに、宗矩がまつりごとにせいをだしてるのは、十兵衛のため。柳生家の安泰を願ってのことで、「宗矩も人の子よ」と言われて、は~~おら~も~ぶったまげただ~~の十兵衛。

 でもひとつ残念だったのは、千葉真一の身上である、速い太刀さばきがあまり見られなかったこと。若山富三郎直伝の、人が1回斬る間に2回斬ってるあの太刀さばきを思いっきり見たかった。千葉真一主演で、ちゃんばらだらけって時代劇、やってくれないかな。

 『邪の剣』市橋勘左衛門。茂山逸平はさすが所作がうまいです。伝統芸能の力ってやつですね~。抜刀術の達人ってのはうまい設定だなあ。一瞬で勝負が終わるので、抜いて斬って、あとはカメラワーク(笑)いや、でもなかなか殺陣うまいと思います。あと人としてのコワレっぷりが、すごくよかったです。

 抜刀術っていつも思うんですが、なんか曲芸っぽい(^_^;一撃目で失敗したら、刀をしまってもう一度ってのが、ちょっと違和感あるなあ。映画の『浪人街』(1990年 黒木和雄監督)で、石橋蓮司が確か抜刀術の達人で、斬りまくるんだけど、やっぱりいちいち刀をおさめては抜いて斬ってたのが、印象深いです。

 で、十兵衛に一刀目を受けられて、これはあかんよな~と思ってたら、(当然ですが)斬られました。お姉ちゃんに頼まれてたのに、斬っちゃいましたね。まあ救いようがなかったってこと、姉上もよくわかったでしょう。

 忍び3人での『忍びはつらいよ』話。大次郎が「十兵衛様は違う!」って叫んでましたが、単純な子ねえ(^_^;

 来週は最終回。いよいよ勘解由と対決!(^^) 

 それはそうと、十兵衛が勘左衛門に「剣に生きよ」って言ってましたが、武蔵のまねっこやん(爆)

|
|

« Xデーにそなえて | トップページ | 葉っぱ大好き »

コメント

柳生十兵衛「七番勝負」第5話
見ました!
さすが千葉真一。時代劇スターのなかでも
「殺陣」はピカ一です。
あと一回で終了なんて、物足りない感じです。
数年前に京都の「桂」近郊での「柳生新陰流」
の「演武」を見たのを思い出しました。
「柳生延春」先生と門弟の方々の「演武」
は凄い迫力でした。
「三学円」「九箇」の太刀の解説も再現してほしかったなー。
続編?期待しています。

投稿: pinokio | 2005/04/30 09:13

 pinokio様

 こちらにもいらしてくださったのですね(^^)

 千葉真一はほんと殺陣うまいですよね!もっと時代劇に出演してほしいです。
 6回で終わっちゃうのは物足りないです。もっと見たかったんですが。

 柳生新陰流の演武をごらんになったのですか!うらやましいです!
 京都の『桂』って子どものころ住んでたことがあります。なつかしいです(^^)

投稿: ふみさと | 2005/05/01 15:21

どうも三味線屋です。
TBもしましたのでよろしくです。
今回は千葉武蔵にいいところ全部、もっていかれて十兵衛の影がいつもより薄かったですね。

投稿: 三味線屋 | 2005/05/01 16:11

 TBありがとうございますm(_ _)m

 今回は『千葉武蔵』の日でしたね。十兵衛はまだまだってとこでしょうか(笑)
 このふたりはだいぶ歳離れてますけど、壮年期どうしでの勝負を見てみたいです。

 こちらからもTBさせていただきましたm(_ _)m

投稿: ふみさと | 2005/05/01 20:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/3916208

この記事へのトラックバック一覧です: 柳生十兵衛七番勝負 第5話「邪の剣光の剣」:

» 柳生十兵衛七番勝負 [斬心剣 Zanshin-Ken]
「邪の剣光の剣」 千葉真一、文句のつけようがないでしょう。 というか、出ただけで [続きを読む]

受信: 2005/05/01 04:22

» 柳生十兵衛七番勝負 第5回「邪の剣光の剣」 時代劇鑑賞録其ノ十六 [三味線屋始末帳@WebryBlog]
~あらすじ~ 十兵衛一行は四国を出て九州の肥後へ。 肥後は幕府に恨みをもつ旧加藤家の浪人が多数、潜伏しているからである。 竹林で十兵衛一行は若者が抜刀術で伊賀者を斬る現場を目撃する。 若者の名は市橋勘左衛門(茂山逸平)といい元・加藤家の浪人だった。 政に利用される勘左衛門を十兵衛は己に重ね合わせてしまうが・・・。 そんななか、十兵衛は勘左衛門の姉・雪江(中江有里)から 剣聖・宮本武蔵(千葉真一)が肥後にいることを聞く。 十兵衛の武芸者としての血が騒ぎ出す・・・・。... [続きを読む]

受信: 2005/05/01 16:07

« Xデーにそなえて | トップページ | 葉っぱ大好き »