« パソコンのおそうじ | トップページ | 5月のスカパー »

2005/04/23

柳生十兵衛七番勝負 第4話「哀切の剣」

 必殺対決~~(^^)

 題名の通り、今回は斬った十兵衛がとってもつらそうでした。

 絶対口外しないってわかってても、斬らなきゃいけない。ああ、時代劇……。

 今日は一度見たあと、殺陣を巻き戻してじっくり鑑賞しました。今までで一番迫力があったと思いますが、正直言っちゃうと、期待してたよりちょびっと残念でした~って感じです。

 左兵衛の刀が長すぎるんだと思います。普通の刀だったらよかったのに。斬る方も、受ける方も、やりにくそうでした。

 茶店こわしちゃダメだと思いますけど。斬り合いはよそでやりましょう。女の子がかわいそうです。

 左兵衛にすぐ声かけられてましたが、隻眼にアイパッチ(刀の鍔)、あの茶筅髷では、「僕、柳生十兵衛で~っす」って言って歩いてるようなものなんでしょうか。

 ご主人様に口答えしたり、批判したりする忍び。世の中も変わったものです。十兵衛のおおらかな人柄をあらわすためなんでしょうが、ありえな~い(^_^;

 お約束どおりのくのいち楓の寝返り。はたして彼女はこれから命を落とすのかどうか。

 左兵衛の娘がマナカナだったのには、驚いてしまいました。いちいちハモらんでもええ気がするけど(笑)しかし、家族とのシーンがあると、『哀切』度が増しますね。

 勘解由の頭が鴨居より大きかったので調べてみたら、身長189センチ。おっきい~!十兵衛が185センチだから、対決シーンは大迫力だろうな(^^)

 政治家宗矩とサムライ十兵衛。この父子はどうなるんでしょう?

 来週はいよいよ千葉武蔵の登場!立ち合いシーンが映ってましたが、太刀さばきがはやい!さっすが千葉真一!楽しみ~(^^)

|
|

« パソコンのおそうじ | トップページ | 5月のスカパー »

コメント

おはようございます。三味線屋と申します。
斬心剣 Zanshin-Ken様から流れてきました。
TBさせていただきましたのでよろしくお願いします。
今回はいままでで一番よかったですね。あと2回で終わりとは勿体無い作品ですね。
来週は千葉さんです。楽しみですね。一応、来週も必殺対決ですね。

投稿: 三味線屋 | 2005/04/27 06:51

はじめまして睦月兵馬と申します。
TBとお気に入りに登録させて頂きました。
海外ドラマファンでもあられるのですね!
今後ともよろしく願います。

投稿: 睦月兵馬 | 2005/04/27 11:59

>三味線屋様

 ふみさとと申します。こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。TBありがとうございました。こちらからもTBさせていただきましたm(_ _)m
 今回よかったですよね。6回で終わってしまうとは残念です。
 千葉武蔵楽しみです(^^)あっ!ほんとだ!必殺対決ですね(^^)そーいえば茂山逸平は『将軍家光の乱心・激突』の竹千代でした。

>睦月兵馬様
 こちらこそはじめまして、ふみさとと申します。TBありがとうございます。こちらからもTBとリンクはらせていただきましたm(_ _)m

 もとSFファンの時代劇オタクなのですが、最近海外ドラマ(ERとTWW)にはまっています(^_^;どうぞよろしくお願いいたします。
 

投稿: ふみさと | 2005/04/27 15:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/3816975

この記事へのトラックバック一覧です: 柳生十兵衛七番勝負 第4話「哀切の剣」:

» 柳生十兵衛七番勝負 [斬心剣 Zanshin-Ken]
「哀切の剣」 伊吹吾郎の忠臣で人格者な讃岐・生駒家国家老、多田左兵衛はかなり良か [続きを読む]

受信: 2005/04/27 03:13

» 柳生十兵衛七番勝負 第4回「哀切の剣」 時代劇鑑賞録其ノ十五 [三味線屋始末帳@WebryBlog]
~あらすじ~ 柳生の庄をでた十兵衛一行は四国に渡る。 勘解由の陰謀が讃岐の生駒家にあるという報せが入ったからである。 領民と役人が年貢で揉めているのを仲裁した武士と知り合う。 武士の名は生駒家の次席家老・多田左兵衛(伊吹吾郎)であった。 左兵衛は幕府に忠誠の姿勢を見せるため、一人、奔走していたが・・・。 一方、主席家老の生駒弾正(中村有志)は勘解由と密約を交わしていた。... [続きを読む]

受信: 2005/04/27 06:45

« パソコンのおそうじ | トップページ | 5月のスカパー »