« ER緊急救命室 10-2「失われた友を求めて」 | トップページ | FBI失踪者を追え! 第2話「少年の秘密」 »

2005/04/06

救命病棟24時のFic(二次創作)

 救命病棟24時のFic(二次創作)を書いてみました。小説とはいえない、とっても短いお話です。

 主人公は、もちろん大好きな日比谷先生(^^)

 題名は『空のむこうがわ』

 もしよろしかったら読んでやってくださいませm(_ _)m

 ……空のむこうがわ……
 河野和也はおにぎりをほおばっていた。時刻は午前1時。今日は夜勤である。
「今ごろ晩飯食ってるのか」
日比谷が部屋に入ってきた。
「いいえ、腹が減っちゃって」
「具はなんだ?」
「イクラとたらこマヨネーズ」
日比谷が顔をしかめる。その時、電話が鳴った。
「はい、東都中央病院高度救命救急センター」

 「おい、研修医。40度の発熱で意識混濁の5歳児が来るぞ!」
「はい!」

 「ひどい脱水だな……ラインとるのは無理か……よし、静脈切開しよう」

 治療を終えたふたりが部屋に戻ろうと廊下を歩いていると、佐倉が走ってきた。
「バイク事故の17歳の男性が来ます!」
「行くぞ!研修医!」
「はいっ!」

 日比谷は素早く挿管した。
「研修医、バッグしろ」
「はい」
「心停止!」
「開胸セット!」

 懸命の治療のかいもなく、少年は息を引き取った。日比谷がガウンを脱ぎながら佐倉にたずねた。
「家族は?」
「連絡したんですが、まだ来てません。友達だって子が一緒に救急車に乗って来てましたけど」

 「おい」
ひとめで暴走族とわかるその少年は、頭を抱えてベンチに座っていたが、はじかれたように立ち上がった。
「アツシは?」
日比谷がゆっくりとかぶりをふる。
「残念だけど、助からなかった」
少年はひざをつき、こぶしで床をなぐりつけた。
「うそだろっ!アツシが死ぬなんて、そんな馬鹿なことあるかよっ!」
 
 「名前は」
「ユウタ」
「歳は」
「17」
「アツシはダチか」
ユウタがうなずいた。
「雨が降ってきて……スリップして電柱に……俺、並んで走ってたんだけど……ドジ踏んだってあいつ笑って……まさか……まさかアツシが死ぬなんて……アツシ!」

 日比谷は、泣きじゃくるユウタのそばにしゃがみこんだ。
「俺のダチも、バイクで事故って死んだ」
ユウタは驚いて顔をあげたが、日比谷の目は、ユウタの頭上を通りこして、窓の外の暗い空に向けられていた。
「アツシと同じだ。雨でスリップして、電柱に激突……救急車が来たとき、もうあいつは死んでた……俺の腕の中で息を引き取ったんだ……『俺死ぬのかな』って言って目を閉じたら涙がつーっと流れて……それが最後だった……なにもしてやれなかった……」
「だから医者になったのか?」
「……まあな……アツシに会ってやれ」
「うん」
ユウタは立ち上がり、そでで顔をぐいっとぬぐった。
「族でも医者になれる?」
「俺はなれた」
「日比谷先生!」
和也が廊下を駆けてくる。
「あれも似たようなもんだ」
日比谷はにやりと笑った。               ……(END)


 お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m
 日比谷はけっこう和也をかわいがってましたよね。もしかしたら、彼に昔の自分を見てるのかなって思いました。和也は族(暴走族)じゃありませんけど(^_^;)
 日比谷先生ネタのお話。また思いついたら書きたいです(^^)

|
|

« ER緊急救命室 10-2「失われた友を求めて」 | トップページ | FBI失踪者を追え! 第2話「少年の秘密」 »

コメント

早速拝見しました。日比野先生ゾクだったのかぁ、ふむふむ。あのクールさはそこからきてたのねん♪と妙に納得です。
なんだか本当にありそうな話で面白かったです。
私も(ゾクではないけど)バイク乗りの知り合いをバイク事故で亡くしてるのでちょっとウルっとしてしまいました。
今では彼も空の向こうで若いまま笑っているでしょう。
そんな昔のことを思い出しました。

ふみさとさん、ありがと!

投稿: Niko | 2005/04/06 21:21

 お読みいただき、ご感想までちょうだいいたし、ありがとうございますm(_ _)m

 日比谷先生が高校に入りなおして猛勉強して医学部に入ったときは、みんなより年上で、誰とも群れない学生だったのではなどと想像しています。研修医時代も全然かわいくなくて……。

 ああ、妄想はどこまでも(笑)

投稿: ふみさと | 2005/04/07 03:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/3584813

この記事へのトラックバック一覧です: 救命病棟24時のFic(二次創作):

« ER緊急救命室 10-2「失われた友を求めて」 | トップページ | FBI失踪者を追え! 第2話「少年の秘密」 »