« ザ・ホワイトハウス 3-19「誰かが見ている」 | トップページ | 救命病棟24時 第8話「神の手はあきらめない!」 »

2005/03/07

義経 第9話「義経誕生」

 いよいよ奥州へ旅立つ遮那王。覚日との別れはよいシーンでした。覚日好きだったのになあ。もう出ないのかな。

 今日は桃太郎のように家来がふえていきます。けっこうコメディータッチなのは、ちょっと一息ってことなんでしょうか。それにしても、遮那王は人気者。歩いてるだけで家来がどんどんふえていく。

 喜三太が一番目の家来だってことにおおむくれの弁慶はかわいい(笑)家来になったとたんに仕切ってるし、初めて人を斬ってブルーになってる遮那王をなぐさめちゃうし、どんどん遮那王の心の中に入っていっちゃう弁慶に、あせって一生懸命の喜三太もかわいい。

 ブルーになってた遮那王だけど、武士の子、源氏の子として生まれたことがどういうことなのか、そして、都を出奔して奥州に向かってることがどういうことなのか、いまいち把握してないみたいで、ちょっと甘ちゃんかな(^_^;)まだ平家は仇かなんて言ってるし、悩める遮那王は今回の大河の特徴みたいだけど、自覚なさすぎかも(^_^;

 一生お側にの弁慶のせりふにはぐっときました。マツケンの弁慶、やっぱりいいです(^^)

 元服して義経誕生。なかなかりりしいけど、お稚児さん姿がもう見られないのを残念に思ってるファンは多いかもですね。

 頼朝どのはいきなりピ~ンチ。あのまま政子どのにてごめにされてしまうのでしょうか(爆)絶叫する時政パパが目に浮かんでしまいます。

 来週はいよいよ平泉到着。でも秀衡はすんなり義経を受け入れるわけではなさそう。

 な、なんと!うつぼが平泉に!ひゃ~、びっくり。

|
|

« ザ・ホワイトハウス 3-19「誰かが見ている」 | トップページ | 救命病棟24時 第8話「神の手はあきらめない!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/3203143

この記事へのトラックバック一覧です: 義経 第9話「義経誕生」:

« ザ・ホワイトハウス 3-19「誰かが見ている」 | トップページ | 救命病棟24時 第8話「神の手はあきらめない!」 »