« 救命病棟24時 第11話「命と希望が蘇る街へ!」 | トップページ | ER緊急救命室 10-1「混乱と悲しみと」 »

2005/03/28

義経 第12話「驕る平家」

 し、重盛様がお亡くなりに(T_T)ファンだったので、悲しいです。「すまぬ」「なんの」清盛とのシーンはとってもよかったです。父をよく知り、支え、一門のことを考えてきた賢いお兄様に比べて、宗盛のお馬鹿さんっぷりには、感動すら覚えてしまいます。あ~あ~重盛さえ生きていれば……。

 夜叉と化した清盛。法皇の使者に目をカッと見開いた清盛さんのお姿は、大迫力でありました。孫を抱いてる時とのギャップが激しい。孫と言えば、ちゃんと男の子だったのですね。時子があんなこと言ってたのは伏線かなと思ってたのに。ひょっとして、夫婦のあの会話のためだったんでしょうか?思わせぶりなことはしないでねっ(笑)

 五足が再登場!しかも清盛の耳役。とってもうれしいけど、で、でも、あの髪型は何?ERのタカタといい勝負です。

 従兄だっていうので、すっ飛んでった義経。血のつながりには即感激しちゃうんだから。俺は嫡流だぞ。血縁なんてくそくらえ。己の栄達のためにさんざん利用してやるのじゃって思ってる頼朝には、ここでもう勝てっこないよ(^_^;

 三郎が歌ってた歌詞、何気にこわかったです。あのとおりになるんだもん(T_T)

 宴の席で『平家にあらずんば人にあらず』って言ってたときに、源頼政が微妙な顔してたのが印象的だったのですが、来週そうなのね……。

|
|

« 救命病棟24時 第11話「命と希望が蘇る街へ!」 | トップページ | ER緊急救命室 10-1「混乱と悲しみと」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/3468476

この記事へのトラックバック一覧です: 義経 第12話「驕る平家」:

» 【ドラマ雑感】 義経 (12/50?) 「驕る平家」 [気ままなNotes...]
 この「義経」のレビューは、長丁場だし毎回大きく動くこともないからマイペースに淡々と書き連ねていこうと思う。今回は「恐怖政治」を行う平家、義経と木曽義仲との出会... [続きを読む]

受信: 2005/03/28 23:58

« 救命病棟24時 第11話「命と希望が蘇る街へ!」 | トップページ | ER緊急救命室 10-1「混乱と悲しみと」 »