« 春のおすすめ・BS海外ドラマ | トップページ | トラベリング・パンツ »

2005/03/24

あおげば尊し

 中学校の卒業式は、感動もへったくれもありませんでした。高校入試が2日後にせまっていたのです。次の日も学校へ行って、入試の諸注意を受けました。

 入試が終わって帰り道、くたびれてあまり会話もはずまなかったのですが、『試験監督の先生は、何の教科の先生か』という話で、一気に盛り上がりました。

 試験監督はふたりで、ひとりは比較的若い男の先生。「かっこよかったよな~(^^)」「絶対体育の先生やわ」ということで意見が一致。

 もうひとりのすこし年配の男の先生は、試験が終わるとき、「ここにいるみなさんと、4月にまたお会いできますように」と言ってくださり、胸がぽわっとあたたかくなったのでした。「やさしい先生や~(^^)」「数学かな、理科かな」「う~ん、わからへん」

 4月になって、若い方の先生はやはり体育の先生であることが判明。2年生になって保健を教わりました。うちの学校は体育がひじょ~に厳しくて、あまりの厳しさに、体育の先生になってこの学校に戻ってきて、生徒をしごいて復讐してやる!と夢見る子がけっこういたみたいです(笑)実行した子はあまりいないと思うけど。なので、かっこよくても体育の先生には、みんなあまりあこがれませんでした(^_^;

 で、もうひとりの先生には、1年生で英語を教えていただきました。最初の授業で先生は英語で自己紹介をされ、
 My hobby is singing. Shall I sing for you?
とかなんとかおっしゃったので、みんながYesと答えると、いきなり

 ♪親~の血を~ひ~く~きょう~だ~い~より~も~

 と歌いだし、あまりの選曲の意外さに、クラス全員がコケました。

 楽しい?高校生活のスタートでした。

|
|

« 春のおすすめ・BS海外ドラマ | トップページ | トラベリング・パンツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56635/3415672

この記事へのトラックバック一覧です: あおげば尊し:

« 春のおすすめ・BS海外ドラマ | トップページ | トラベリング・パンツ »